里山隊

西条まつり2013

2013年10月22日

愛媛名物まつりの1つでもある西条まつりが行われていると聞き、西条市に行ってきました。
祭りそのものが西条市の指定無形民俗文化財第85号に認定されており、毎年、市をあげて行っているようです。町の人みんなが参加してるからか店はほぼ閉まっており、神輿のないところはゴーストタウンのように静まりかえっていました。しばらく自転車を漕いでいると太鼓、笛の音が聞こえてきて、その音の場所へ向かうとさきほどまでの静けさが嘘のような賑わいをみせていました。

1380460_204023813102883_1810264633_n神輿は白木と言われる木の素材を活かしたものと、塗りと言われる綺麗な装飾のタイプに分かれた数十台が列をつくり町を練り歩いていていました。それぞれの地区ごとに神輿もハッピも様々で「祭りではハッピを脱ぐな」と言われるほど大切ななシンボルであるとのこと。喧嘩があったり、飲み潰れたときに仲間に助けてもらうためにも必要なようです。


祭りにお酒は必須で、ふらふらになりながらも「お酒をのまんとやれんでしょ」とかぎ手の皆さんは口にされ、テンションを上げていました。

1383879_204023839769547_1593129759_n数十台の神輿が並んだ光景は圧巻で、この町のエネルギーを感じることが出来ます。この日の為に気合いの入った子供からお年寄りまで、みんな笑顔で交流しています。荒ぶる対抗心のなかにも、それぞれの地区を思いやる気持ちが垣間見えました。声を掛けても気さくに返してくれる。こんな祭り全体の雰囲気は昔から今も変わっていないようです。


1383518_204023809769550_1809456980_n

 

 

 

 

空気、水が綺麗な町、西条。また訪れて違う表情を見てみたいと思いました。