里山隊

里山の恵みを活かした手づくりスイーツで町おこし

2014年7月25日

IMG_6232西予市野村町に手づくりスイーツのお店があると聞いて『乙亥(おとい)会館』近くの商店街へ。すると老舗呉服店の軒先に『スイーツ工房 絹』の立て看板を発見。

オーナーパティシエの進藤由紀子さんは呉服店の娘さんであり、着付けの先生でもあるのです。ちなみに敷地内にはかつて製糸工場が建てられていて、それもあっての『絹』なのです。

IMG_6237IMG_6202

もともとお菓子づくりが大好きだった進藤さんは2011年にケーキライセンスを取得したのち、2013年9月に自宅の物置を改装して創業。店頭のみならず地元産直市や知人のネットショップでも販売、惣川の『土居家』にも出張するなどのコラボ企画も多く、新鮮な食材と斬新なアプローチも相まってその名は日増しに広がっています。

創業の動機は「お菓子があればうちの呉服店にも入りやすくなるかな」というもので、さらに「どうせなら身近な食材を使うことで、地域おこしをしていきたい。野村にはこんなにいいものがあるんだというのをわかってほしい」と日夜奮闘中です。

IMG_6153

IMG_6167進藤さんのこだわりは「極力、旬のものを作るということ。

今回も地元で採れたブルーベリーをふんだんに使った『ブルーベリーのムースケーキ』をいただきました。甘酸っぱい味、ムースならではのほわんとした食感。口のなかに残る果皮は最後のお楽しみというところでしょうか。もちろん添加物の類いはなるべく使わないようにしており、お客さんからは「食べやすい」とよく言われるそうです。

IMG_6243IMG_6187

スイーツ工房 絹では日替わりでスイーツを販売しており、レパートリーは定番の『パウンドケーキ』や『チーズクリームシュー』など10種類。人気の焼き菓子は注文販売で、少数でも承ってくれます。7月は『梅ゼリー』、『いちごミルク』、『マンゴープリン』などのさわやかなスイーツを用意されていました。

スイーツをつくるうえで大切にしていることを訊いたら、進藤さんは「私も勉強中なので」と前置きしたうえで「基本、自分が食べておいしいと思えばそれでいいんですよ」ときっぱり。今後については「カフェをしたいですね。あと、全国に発信するためにネットショップの運営も」と、ますます意欲的です。

IMG_6258IMG_6247

お昼は『名水百選』にも選定された『観音水』そばの『名水亭』で名物の流しそうめんに舌鼓。濃いめの出汁と薬味のタマネギが意外にも合っていて、おいしかったです。平日にもお昼過ぎにもかかわらずお客さんでいっぱいでした。

IMG_6365西予市の野村ダムから大洲へと抜ける国道441号沿いの『渓筋(たにすじ)』は、深い山の谷間にある渓谷沿いの集落。山からの豊富な湧き水と朝夕の寒暖差を活かした農林水産業が盛んで、かつては宇和島藩の米どころでもあったそうです。同集落の鳥鹿野(とじがの)にある渓筋農林水産物加工所『よりみち』は2003年に設立。

IMG_6294IMG_6298現在は『渓筋農林水産物加工組合』の管理のもとに地元のご婦人60名が、味噌、まんじゅう、お餅、クッキー、せんべい、ロールといった、地域の特産品を活かしたお菓子づくりに取り組んでいます。

IMG_63162年前、自慢の米を作って何か作ろうという話が持ち上がり、ちょうど米こうじブームだったこともあり、地元産の米こうじを使った饅頭の開発が始まりました。

やがて市内宇和町の宇都宮酒造から『花神(かしん)』という赤いお酒を搾る際の赤い酒粕を提供してもらう話がまとまり、酒粕とこうじを使用したピンクと白の『蒸し饅頭』を完成させました。開発に関わった組合の川田照さんらのこだわりでもある、口に入れた際のふわっ、しっとりとした食感で、これは酒粕とこうじの絶妙な配分がもたらしたもの。

IMG_6372ただ、生地を練っている時の手ざわりはピンクがやわらかく、白は男性的だったとか。匂いも含め、白の方がインパクトがあります。もっともピンクは酒粕が大量には入手できないため、数量限定となっています。

サイズにもこだわりがあり、男性ならば2口で食べられるくらいで、川田さんは「だからもう1個食べたくなる」と言います。焼き印は『こめ太くん』という町のゆるキャラで、組合が販売するお菓子にも「うちらがつくったお菓子」という意味で同様のシールが貼られています。

IMG_6333IMG_6305今回は饅頭以外にも、ロールやら芝餅やら、挙げ句の果てには自家製味噌を使った冷や汁までいただきました。ご婦人の一人が「ここに来るときはおなかをすかせて来んといかんよ」とおっしゃるとおりで、渓筋の人たちの手厚い歓迎に故郷に帰ったかのような安らぎを覚えました。
礼を言って部屋を出ると、ご近所のお年寄りが井戸端会議をされていました。料理体験も実施しており、し『よりみち』は地元の方はもちろんのこと、訪れる人たちすべての交流の場なのです。

投稿 おかべぇ
…………………本日の行程…………………
西予市
11:30
スイーツ工房 絹

13:00
名水亭

15:00
渓筋の「よりみち」

IMG_6225

スイーツ工房 絹の進藤由紀子さん

IMG_6354

川田照さん(写真右)をはじめとする渓筋農産加工組合のみなさん