里山隊

早朝から夜にかけて人を繋げるツールを感じる

2014年3月17日

宇和島市には、早朝5時から9時という早朝しか営業していない『やまこうどん』といううどん屋さんがあると聞き、眠たい目をこすりながら訪ねてみることにしました。
10015639_246930592145538_1326646974_n1907558_246930565478874_568761586_n住所は調べていったのですが、どこにもお店らしきものが見当たらず、辰野川周辺をウロウロしていると人が出入りする民家を発見。入ってみると、ここが『やまこうどん』。湯気が立ちこめるこじんまりとした店内でした。

12495_246930595478871_352577221_n店を切り盛りされている、島内純代さんの旧姓、『山小』から名付けられたやまこうどんを早速いただいてみることに。
1920099_246930562145541_959493691_n1511089_246930702145527_2132421744_n
始めたころから、原材料も配合も、何から何まで変えずに続けてきているそうで、具材はじゃこ天、エビのかき揚げ、かまぼこ、ネギ。ダシは昆布と花がつお。
1898241_246930658812198_1605140506_n
早朝にかきこむシンプルなうどん。食べ始めると箸が止まらない。

なぜこんなに美味しいのだろうと疑問を抱いてしまうほどの味。秘訣をうかがってみると「特別なことは何もしていない。格好つけることなく、シンプルな優しい味だからかな」とおっしゃっていました。
1621767_246930628812201_535419916_n食べている間にも、毎日来るという常連客が何人も訪ねてきていました。
インターネットで何でも情報が得れる時代になってからは、噂を嗅ぎ付け、県外からも多くのお客さんがやってくるそうです。
看板のない、早朝のうどん屋を探す道のりも楽しみながら。
やまこうどんは、宇和島市の最新の情報が常に集まる場所でもあるそうです。
524532_246993635472567_1814709142_n心地よい日差しが降り注ぐ中、吉田町を散策していると民家の脇から姿を見せる『大楽寺』を発見。
1013861_246993625472568_1822243675_n立派な門に吸い込まれるままに訪ねてみることにしました。
1012090_246993578805906_568634519_n非常に歴史が深いお寺のようで、本堂は築納350年以上という格式ある場所でもあります。
1382835_246993568805907_1743216793_n先代であられる浅野行権さんは、世界で初めてむささびの人工繁殖に成功させた人物であり、境内をむささびが飛び交ったりすることからむささび寺としても有名だそうです。
1619321_246993615472569_1857159564_n524532_246993595472571_1371624246_n本堂の他に、お寺とは思えないものが数々置かれており、自ら作った民俗博物館や、親子2代にわたってコレクションされたカメラ博物館があります。中には、ご自身で発明したものもたくさん展示されているそうです。

都合がつけば、いつでも無料で観覧出来るそうですが、この日は本堂のほうで別のお客さんがいらっしゃっていたので、中を見ることができませんでしたが、また改めて訪ねてみたいと思います。
1554483_246993565472574_1361223186_n境内には、ハクモクレンが咲いており、季節によって四季折々の景観が楽しめるようです。
一般的にイメージするお寺とは、また違った魅力に溢れていました。普段目にすることが出来ない珍しいものを知ることが出来る場所でもあります。
IMG_9544夜は、愛媛コミュニケーション専門学校で開催された『愛あるえひめのリキュール試飲発表会』に参加してきました。
IMG_9491IMG_9493
愛媛酒造組合のリキュールに関わる酒造メーカーさんたちが、愛媛の看板物産である柑橘や果物を使って新たなリキュール開発を行うプロジェクトであり、前回発表されたリキュールと、新たに開発されたリキュールを試飲することが出来る会でした。

今回、新作として発表されたのは、『太陽のJewel/梅美人酒造』『木蝋の灯・ぶどう畑に誘われて/酒六酒造』『キウイ梅酒/栄光酒造』『Ehime Mikan & Ume Sparkling/近藤酒造』でした。
どれも愛媛の特産品の良さを最大限に生かしたもので、味はもちろん、それぞれ違ったアプローチで愛媛を表現したリキュールでした。

IMG_949444

『太陽のJewel』は河内晩柑を100%使った、焼酎ベースのリキュールで、あっさり飲みやすいものに仕上がっています。食前酒や、日本酒の途中休憩などで飲むのに最適ではないかとおっしゃっていました。お客様の声を存分に取り入れ、改良を重ねたそうで、誰もが飲みやすいものになっています。

IMG_9534『木蝋の灯』『ぶどう畑に誘われて』は、内子町で収穫されたぶどうを使用。本格米焼酎をベースに、赤ぶどうと白ぶどうを使用した2種類のリキュールです。赤ぶどうを用いた『木蝋の灯』は、お酒の強い方にお勧め。白ぶどうを用いた『ぶどう畑に誘われて』はお酒の苦手な方でも飲みやすいものになっているそうです。どちらも、ぶどうをピューレ状にすることで、ぶどうが持つ甘みと風味を感じれるものになっています。クラッシュアイスと一緒に飲むのがお勧めだそうです。
IMG_9490『キウイ梅酒』は、満を持して発表された栄光酒造の待望のリキュールで、本格焼酎をベースに西条産のゼスプリゴールドキウイと七折小梅をブレンドしたものです。数年前から構想があり、レシピも5年前には完成していたそうです。梅の甘味とキウイの酸味のバランスからくる、フルーツミックスの新たな梅酒の味わいを楽しむことが出来ます。オンザロックで飲むのがお勧めですが、それぞれの楽しみ方でも味わってほしいそうです。
IMG_9469『Ehime Mikan & Ume Sparkling』は、温州みかんと梅をミックスし、炭酸ガスを加えたもので、さっぱりしたみかんの味に、梅のこっくりとした口当たりの、2種類の酸味と甘みに爽快感が加わったリキュールです。前回の『愛媛キウイde酒』の可愛らしいパッケージと違い、シンプルでお洒落なパッケージにも目がいきます。
IMG_9488IMG_9463この日訪れていた方々も、各酒造の説明を聞きながら、愛媛のフルーツが香るお酒を楽しんでいました。

今回発表されたものは、違うフルーツをブレンドしたものもあり、愛媛の特産品の新たな表現を感じることが出来ました。
お酒というものを通して、参加者の方々がコミニュケーションを取っている光景を見ながら、愛媛のリキュールが、人と人を繋げるツールになるような気がしました。

投稿 のり

…………………本日の行程…………………
宇和島市、松山市

9:00 やまこうどん

11:00 大楽寺

19:30 愛あるえひめのリキュール試飲発表会

やまこうどんの島内純代さん

やまこうどんの島内純代さん

吉田の町で見つけた列車

吉田の町で見つけた列車

大楽寺にあったCabu

大楽寺にあったCabu

梅美人酒造代表の上田英樹さん

梅美人酒造代表の上田英樹さん

栄光酒造、槌谷重成さん

栄光酒造、槌谷重成さん