里山隊

小さな命が運んでくるゴールドの蜜

2014年3月18日

IMG_9822いよいよ愛媛の最南端の町、愛南町入りしました。
1911742_247950482043549_184644560_n愛南町は養殖が盛んな町として有名でありますが、里山ならでは のものもきっとある!はず…ということで、『ゆらり内海』を訪ねることにしました。
1526820_247950485376882_555739034_nすぐに目に付いたのが、高級感あるパッケージのはちみつ『金の蜜』。
1525695_247950522043545_1524996080_nここでは試食が出来ます。
これまでのはちみつのイメージは「濃厚な甘さに、口の中に残るべっとり感」でしたが、『金の蜜』はあっさりしていて、上品な味わい。何より後味が良いものでした。
1510991_247950518710212_11136188_n1902871_247950438710220_512109978_nこの違いが気になります。お話をうかがってみると、金の蜜は愛南特産柑橘である「河内晩柑」の蜜。その畑にみつばちの巣箱を設置し、そこで採れた純度100%のはちみつだそうです。河内晩柑は近年では「愛南ゴールド」という名前で親しまれております。
1069880_247950412043556_1491229627_nそのゴールドの柑橘の花の蜜を、みつばちが巣箱まで運ぶことで生まれるゴールドの蜜。河内晩柑畑と蜜の生産者を訪ね、その繋がりを少しでも感じてみることにしました。
1939669_247950445376886_278051979_n『吉田農園』では、河内晩柑だけでなく多くの柑橘を栽培されています。河内晩柑がより美味しく出来るために、日照や風向きを計算された方角の、標高100m〜120mの位置にありました。20年以上も経つ河内晩柑の木々の間に蜂の巣箱は置かれるそうです。手間隙掛けてつくられる柑橘は、綺麗な色と、香りを漂わせていました。
1912447_247950498710214_1984987266_n1969187_247950442043553_1352156174_nはちみつを作られている『みつばち屋嵐』にも伺いました。残念ながらはちみつ採取の時期は終わっていたのですが、蜂の巣箱を見せていただいたり、はちみつ作りに対する情熱を聞かせいただきました。
とことん純度に拘ったはちみつはこの想いからスタートしたのだと感じることが出来ました。

ゴールドに輝く果実の花から、小さな命が運びこむことで出来る、ゴールドの蜜。
『金の蜜』は、一切の濁りがない贅沢なゴールドの輝きを放つものでした。

投稿 のり

…………………本日の行程…………………
愛南町

12:30 金の蜜/ゆらり内海

15:00  吉田農園

16:30 みつばち屋嵐

ゆらり内海から須ノ川が見れます。

ゆらり内海から須ノ川が見れます。

 

ゆらり内海の中に桜が

ゆらり内海の中に桜が

 

河内晩柑

河内晩柑

 

はちみつで作られたロウ

はちみつで作られたロウ