里山隊

体の中から浄化された一日

2014年2月25日

1904022_241859499319314_94616939_n鬼北町には道の駅が2つあります。『森の三角ぼうし』と『日吉夢産地』です。
今回は『日吉夢産地』を訪ねてみることにしました。

こちらは日吉地区産のものが多いですね。ここならではの商品もたくさん並んでいて、わくわくしました。
1924780_241859649319299_681587817_n鬼北町の名産であるゆずを加工した『ゆず寒天』を発見。日吉地区特産の香り高いゆずをふんだんに使用。白豆の品の良い甘さ、ゆずの皮の香りと程よい酸味がマッチして、するっとのどを通ります。
ゆずようかんもおすすめだそう。次回訪れた際はそちらをいただいてみようと思います。

1972459_241859495985981_2114953304_n他には、地元で採れた里芋を使った『媛かぐや』といわれる焼酎がありました。
芋焼酎でありながらも、芋っぽくないフルーティーな香りと味わいを楽しめます。

この日も多くの人が地元の野菜、果物などを買ったり、食事をしに来られていました。観光シーズンには多くの家族連れで賑わうそうです。

1618647_241863902652207_1200605209_n先日、鬼北町では「きじ鍋祭り」が行われ、多くの人で賑わったそうです。
残念ながら里山隊はこのお祭りに参加することが出来なかったので、きじ肉への思いが募り、『成川渓谷休養センター』を探し当てました。

1625568_241863859318878_1158867832_nこちらは渓谷美を楽しみながらの食事のほかに、温泉、宿泊まで出来る施設です。ここでは、きじ肉の料理がいろいろ食べられます。

1618698_241863845985546_1557484335_n迷いましたが、『きじ丼』をチョイス。
きじ肉を白味噌ベースの特製味噌に8時間ほど漬け、オーブンで焼き、そこに少し甘目の特性タレをかけた丼です。タレには焼いたきじの骨入り。
きじはあっさりしていて、癖のない味。こってりしたタレが良く絡みます。
アミノ酸豊富で高タンパク低カロリーなところも嬉しいところです。

1899992_241863882652209_1588766829_n他にもきじ肉を使った、そば、うどんやきじカレーも人気。

1958468_241866635985267_1768685678_nきじ丼でお腹を満たした後、すぐ側にある成川渓谷を見に行きました。成川渓谷は四万十川上流に位置する、およそ3キロほどにわたる渓谷です。澄みきった空気の中に、水の音が響き渡っています。

1794665_241866655985265_957408975_n何万年もの時の流れの中で、山々から流れ落ちてくる水が、岩を削り、この滑らかな表情を作り出したのですね。

1794625_241866639318600_904774273_nこの日は、地元の人が散歩されてるくらい穏やかな天気。静けさの中に自分の足音だけがこだまします。体の中から浄化されそうなスポットでした。

 

投稿 のり

…………………本日の行程…………………

鬼北町

11:30 さといも焼酎、ゆず寒天/日吉夢産地

13:00 きじ丼/成川渓谷休養センター

14:00  成川渓谷

日吉夢産地、支配人の林栄徳さん。

日吉夢産地、支配人の林栄徳さん。

ゆず寒天。

ゆず寒天。

所長兼料理長、毛利憲一さん。

所長兼料理長、毛利憲一さん。

成川渓谷で綺麗な空気を吸い込む。

成川渓谷で綺麗な空気を吸い込む。