里海隊

戦いは後半戦!神頼みで起死回生を狙え!

2014年3月3日

やばい!!
やばい!やばい!やばい!
ライバル・里山隊との人気に差が出てきた…。ツイッターはあまり変わらないですが、問題はFacebookの「いいね!」の数。里山が2000以上にもかかわらず、里海は1500。あと500人は「いいね!」をもらわなければ里海隊は負けてしまう…。これだけ、おいしい海の幸がそろっているにもかかわらず、負けてしまうなんて…悔しいっ!

しまなみ海道の今治市・大三島には「大山祇神社(おおやまづみじんじゃ)」があり、山海の神・戦いの神として昔から武将・軍人・海上保安庁の幹部などたくさんの人が参拝に訪れていたそうです。源平だけでなく、たくさんの武将が宝具を奉納し、国宝・重要文化財指定の日本の甲冑(かっちゅう)の4割がこの神社に集められているそうです。「里山里海グルメ発見伝」という戦も後半戦。クライマックスで起死回生を狙わなければいけない状況に追い込まれてきました。ここは山海の神にお願いするしかない!
IMG_9379というわけで、やってきました。社内は自転車乗り入れ禁止ですので、ここでいったんお別れ。ゆっくりと境内を散策してきました。
IMG_8880最近、造営された門はかなり立派です。中の武人がジロッとにらんできます。
IMG_8892横には御棧敷殿(おさじきでん)や斎田もあり、祭事に使われています。
IMG_8904斎田のさらに中には武将達を描いた絵画もありました。戦いのにおいがプンプンです。

本殿に向かいます。途中の社内はいたるところに楠が生えており、勇壮な姿と、圧倒的な生命力を見せ付けてきます。
見るだけでエネルギー充填されそうです。
IMG_8926雨乞いの楠は樹齢3000年!歴史を感じます。
IMG_8954乎知命御手植(おちのみことおてうえのくすのき)の楠。祖神・大山積大神(おおおやまづみのおおみかみ)を祭った大楠として知られ、樹齢2600年。御神木として崇められているそうです。それにしたってこの大きさは圧巻です。これはご利益ありそうです。

IMG_9128かなり広い神社です。やっと国の重要文化財に指定されている拝殿の前に着きました。その前に、神門に目が留まりました。
IMG_9122見てください、このしめ縄の太さ。重厚さを感じさせてくれます。しめ縄は古来より「結界」としての役割を持ち、神様の場所と人間の場所との国境のようなものらしいです。

さあ、拝殿へと足を踏み入れます。
IMG_9005平日にもかかわらず、参拝される方は大勢いらっしゃいました。こちらのご夫婦も何かと戦っているのでしょうか?
IMG_9015もちろん、参拝しました。「十分なご縁がありますように」と十五円投入しました。そして…。
IMG_9045「おいしいものを食べられますように!おいしいものを食べられますように!おいしいものを食べられますように!」

IMG_9063参拝後はお守りを見てみました。いろんな種類がありました。ふむふむ、どれにしようかな…。
IMG_9059ちょうど自転車のヘルメットにつけるタイプのお守りもあったので購入しました。
IMG_9398おお、なんだか加護がありそうで、心強くなったような気がします。かわいらしい巫女さんたちが販売されていました。
ついでですので、おみくじもしていきましょう。個人的に宇和島市の和霊神社と多賀神社でおみくじを引いたのですが、両方とも「小吉」でした。果たして、こちらでのおみくじは?
IMG_9082はい!結果は流れで分かったと思いますが、やっぱり「小吉」です。ちなみに内容はこんな感じです。

・奥歯に物が挟まっているような状態、邪魔者は噛み砕け!
・中途半端な妥協や行動を取るより全力を上げて正面から当たれ!
・仕事や交渉は強気で!

好戦的過ぎる結果でした。
IMG_9113もちろん枝に結んでいきます。
IMG_9006しっかり参拝して、お守りも買って、運勢も占ってきました。訪れたからいいのではなく、この参拝を機会に、もう一度自身を見つめ直して旅をリスタートさせるのが目的です。あくまで、「神頼み」は一つの目安のようなもので、あとの運命は自分自身で切り開くよう人事を尽くしていこうと決心しました。

■投稿 いっしー

…………………本日の行程…………………

11:00 「せとうち茶屋 大三島」で「じゃこカツレモンラーメン」を食す

13:00 大山祇神社参拝

14:00 「お食事処 大漁」で「海鮮丼」を食す

18:00 大島の亀老山展望台で夕日を眺める

IMG_8711

じゃこカツレモンラーメン

大山祇神社

大山祇神社

海鮮丼

海鮮丼

亀老山展望台からの夕日

亀老山展望台からの夕日