里海隊

青いレモンの島豚 レモンポークを食べたい!

2014年3月12日

IMG_1403今治港より快速船に乗り、上島町・岩城島(いわぎじま)へ突入。なんたる快晴でしょう。青い空、青い海、そして「青いレモンの島・いわぎ」の名にふさわしい旅の始まりです。
IMG_1509岩城港のそばにある「いわぎ物産センター」で、レモンポークという商品を発見。グリーンの豚ちゃんのイラストは、おしりがレモンの形をしています。写真を見てて、かわいいとおいしそうが同時に頭に浮かんじゃいました。岩城島のすばらしい環境と恵みが育むレモンポーク。想像しただけでヨダレが……。
IMG_1508ショーケースの中には、部位ごとのお肉のパックやソーセージ、ハンバーグなどの加工品がたくさん並んでいました。岩城島のレモンを食べて、のびのびと育った島豚レモンポークは脂肪が甘くてジューシー。やわらかく、程よいサシが入っています。炭火で焼いてシンプルに食べるのが一番。どの部位も間違いなくおいしいですよ、とお話してくださったセンター長の大本孝則さん。期待に胸がふくらみます。
IMG_1444レモンポークを食べたい、もう絶対に食べたい!いわぎ物産センターの施設内にある「Tea room レモン・ハート」で、さっそく『レモンポーク丼』をオーダーです。
IMG_1480レモンポークのバラ肉がたっぷり。お肉が持つ脂だけで焼きあげています。特製のタレにもレモンの果汁が入っていて、レモンの香りとすっぱさがお肉にベストマッチ。半熟の卵をチョイと割ってまぜると、とてつもなく食欲をそそります。
IMG_1484大きめのひと口でいただきます。口いっぱいに広がるジューシーな脂身、そして甘辛いタレのレモンの香りがたまりません。間に敷かれたキャベツの食感も楽しく、ごはんもボリューム満点。腹ペコサイクリストにとっては必要なパワーをおいしく補えました。
IMG_0790おなかも大満足。この日は風も穏やかでポカポカのサイクリング日和。気持ちよく海岸沿いを走っていると、レモンの散歩道という看板がありました。その案内通りに少し山道に入っていくと、路地栽培されているレモンの木が植えられています。いまの時期は黄色いレモンが実っていて、緑色と黄色のコントラストがとても鮮やかでありました。
レモンが主役になる島。これまで自分が思っていたレモンに対する位置付けや価値観などが、一気に覆りそうな予感がする、そんな旅になりそうです。

■投稿 カベコ

…………………本日の行程…………………

9:40 今治港より、岩城港へ快速船で出発

11:00 いわぎ物産センターで「レモンポーク」を発見

12:00 「Tea room レモン・ハート」で「レモンポーク丼」を堪能

14:00 レモンの散歩道をサイクリング

16:00 「でべそおばちゃんの店」で「レモン懐石」をいただく

18:00 「西山旅館」で宿泊(カベコ)

20:00 「でべそおばちゃんの店」で宿泊(いっしー)

いわぎ物産センター

いわぎ物産センター

Tea room レモン・ハート

Tea room レモン・ハート

レモンの散歩道

レモンの散歩道

でべそおばちゃんの店

でべそおばちゃんの店

西山旅館

西山旅館