里海隊

カワハギが怖い!!

2014年5月14日

いままで旅をしてきた中で、愛媛を代表する鯛やブリ、ヒラメやアジなどたくさんの魚を紹介してきましたが。どうしても怖い魚がいます。カワハギです。サイクリング旅2周目の第1日となった愛南町。イベントなどで「千尋丸」の店舗名で出店している平田鮮魚さんを訪れ、出会ってしまいました。平田さんが大量のカワハギを捕まえてきました。
IMG_5375怖い!まず、活きが良すぎる。ピチピチと音の立て方がすごい。しかも、キューキュー鳴いています。

水揚げされたてで新鮮で活きのいいカワハギを、平田さんはすぐにさばいていました。頼もしい!
IMG_5473平田さんは以前から、新しいグルメの開発を研究しています。その中で生まれたイベント用の産品として「カワハギの串揚げ」があります。自家製の仕掛けでカワハギを捕まえてすぐにさばき、プリプリと新鮮な白身を串に刺してカツにするそうです。
IMG_5437透き通るような白身にプリプリの弾力。串に刺すだけでも「ブリンッ!ブリンッ!」と弾力が加工場に響きます。この白身の状態でも新鮮なので、さっそくいただきます。
IMG_5681淡白な味にむちむちとした食感が口の中を襲います。気がついたら全部、食べてしまっていました。
IMG_5670この時期のカワハギは少しやせ始めていて、肝の部分などは旬を逃してしまいましたが、白身は引き締まっています。「カワハギ」の名の通り、切れ目を入れて皮をむくと、プリッというような弾む身がパンパンに詰まっていました。
IMG_5674「僕が一番おいしいって自信持ってるのは唐揚げなんよね」と言いつつ、平田さんは熱した油の中にカワハギをヒレごと豪快にどんどん投入します。カラカラと耳に心地よい音が加工場に響き、黄金色に香ばしく揚がっていくカワハギたち。揚げたてをすぐに…。
IMG_5640がぶり!アツアツのまますぐにかぶりつきました。むっちりとフライドチキンのような身に、平田さんが少しスパイシーに塩コショウを振ったシンプルな唐揚げが本当においしい。食べるのをやめられません。
IMG_5694その身もさることながら、一番の特徴はヒレが付いていること。カリカリサクサクのかじると香ばしいヒレが、それ単品でも十分通用するような香りとほろ苦さを持っています。

唐揚げを食べている間に、平田さんが次のメニューをつくり始めました。
IMG_5700天ぷらです。それも、旬のアオサ海苔を混ぜたもので、海の豊かな香りが周りにたちこめました。
IMG_5715ふわふわのカワハギの白身に、アオサの磯の風味。唐揚げとは食感も味もまったく違いました。
IMG_5621そして、イベントなどでの名物「カワハギの串揚げ」。サクサクの香ばしくフライにした衣に、愛南ゴールドやタルタルソース、とんかつソースなどお好みのソースをつけ、サクッと頬張ります。じゅわじゅわと口に広がるカワハギのうまみと、ぎっしり詰まった肉厚の身。あっという間に全部食べてしまいました。

キューキューと鳴くカワハギを見た時には怖いと思ってしまいましたが、想像を上回る味を堪能し、大好きな魚になりました。でも、こんな愛南の海の幸を食べていると、今度はキンキンに冷えたビールがほしくなってしまいます。自転車の旅なのに。ああ、想像するだけで怖い、怖い…。

 

■投稿 いっしー

 

…………………本日の行程…………………
11:00 ツール・ド・あいなんコースをサイクリング

14:00 宝水産で「鯛醤油」を発見

17:00 平田鮮魚でカワハギを食す

IMG_5250

ツール・ド・あいなん

IMG_5317

宝水産の鯛醤油

IMG_5721

千尋丸(平田鮮魚)