里海隊

ブルーな心を晴れにしてくれた愛南のブリさつま

2013年10月23日

宇和海の風景空を見上げれば、雨がポツポツと降り始めました。愛南町からスタートした、えひめ一周サイクリングの旅は4日目ですが、なぜだかお天道様はご機嫌斜めです。なんと、雨は3日目。この日も台風27号がジワリジワリと近づいてきていました。愛南町は最終日だったから、気持ちよく朝を迎えたかったのに…。隣にいた相棒には「今日“も”雨ですねぇ」と愚痴をこぼされました。
そうなんです。雨女なんです…。昔から、バーベキューとか飲み会とか、特別な予定が入っているときに限って、天気は雨ばかり。まわりの友達にも「やっぱりね~」と言われることは少なくありませんでした。
以来、常に空模様を気にするようになって、休日が近づくと週間天気予報をチェックするのが習慣になってしまいました。
気をとりなおして宇和海展望タワーへ行きましたが、雨脚はいっこうに弱まらず、頂上は曇っていました。さらに松軒山公園から望む宇和海にも霧がかかっていて、遠くの方の岬は見えませんでした…。

紫電改

そんな下がりっぱなしだったテンションを高めてくれたのは飛行機でした。紫電改展示館を訪れ、日本で唯一残っているという旧日本海軍局地戦闘機「紫電改」を見ました。
おお!すごい迫力! めったに見る機会もないうえに、戦闘機だなんて!これまで全然、興味もなかったのですが、ちょっぴり興奮しました。
2階からは紫電改全体を見渡せるようになっていました。屋内で楽しめるし、雨も関係なし。ここまでくると元気がだいぶ戻ってきました。

ブリさつま1少し雨に濡れて身体が冷えたので、エネルギー補給しようと、お食事処なにわさんへ。以前から食べたいと思っていた「熱アツ!プリさつま」をいただきました。
昨年2月の「第1回愛なんうまいもんコンテスト」でグランプリを獲得した、新しい郷土料理のひとつ。愛南町でつくられた味噌を使ったアツアツのさつま汁の中に三角のおにぎりが入っていて、その上にバーナーで焼いたブリの切り身が乗っていました。
口に入れると、ブリの香ばしさが広がって、お汁と一緒に食べると・・・う~ん、幸せー!!!身体が温まるし、どこか懐かしさを感じさせてくれる味でした。
「これはお酒のシメにも合いそう~」と言うと、若女将さんは「あっさりしていて食べやすいでしょ?女性のお客さんも多いんですよ」と笑って教えてくれました。
「最近の若い方はさつま汁をほとんど作らなくなったから、もっとたくさんの人に広めて残していきたいんですよ」。若女将さんの思いは高まるばかりです。魚もたくさん入っていて、栄養満点。地元のものを使ったいいことずくめのメニューなので、もっと多くの人に知ってもらえたらなあと思いました。
愛南町は松山から車で2時間半ほど。これはきっとまた訪れてしまう予感!心も体も温まる一品を最後に堪能して、気持ちもパッと晴れて大満足の一日でした。

■投稿 さえぽん

 

11:30 宇和海展望タワー

13:00 紫電改展示館

13:30 松軒山公園

14:00 金光寺老大木柏槙(びゃくしん)

14:30 道の駅・みしょうMICで愛南ゴールドアイスをいただく

15:00 お食事処なにわで「熱アツ!ブリさつま」を堪能

IMG_1039

宇和海展望タワー

IMG_1046

紫電改展示館

IMG_1088

松軒山公園

IMG_1102

金光寺老大木柏槙(びゃくしん)

IMG_1129

愛南ゴールドアイス

IMG_1286

お食事処なにわ