美味しいの担い手たち

曽根潤さん
かめそばを調理する曽根さんかめそば
伝説の「かめ」のそばを復活させた元警察官
やさしい笑顔の奥に、自信とプライドが見え隠れする。松山市の飲食店街の一角に、赤いのれんが目印の飲食店がある。『かめそば じゅん』。店主の曽根潤さんは店の奥で看板メニューの『かめそば』を慣れた手つきでつくっていた。ソース焼きそばでもない、中華あんかけそばでもないという不思議な食感のそば。日本じゅう探しても、この店でしか味わえない一品だ。曽根さんの味を求めて訪れるお客さんのために、手を休めることはなか...

山崎八生さん
みかんうどん 味噌煮込み仕立てパスタ風にしてもおいしい
みかんうどんを開発し、桜の苗木植樹に貢献
愛するふるさとへの思いが、その笑顔からにじみ出ていた。松山市の沖合にある怱那(くつな)諸島のなかで一番大きな島・中島。NPO法人『大好き中島瀬戸内の再会桜』の代表を務める山崎八生(やよい)さんは、特産のみかん果汁を練り込んだみかんうどん『元祖八生ちゃんのみかんうどん』を2010年から販売。全国へ中島をPRすると同時に、売上を桜の苗木代に充て、島内に植樹する活動を続けている。 みんなとまた桜の...

藤田晴彦さん
ナチュラルチーズカリー店頭ではカレールーの煮込み日数を表示
北条に恋した元ミュージシャンがカレー店を経営
美しい風土への愛情を料理に注いでいる。野生の鹿が住む鹿島を望む松山市北条。JR伊予北条駅から歩いてすぐの場所に、カレー専門店『CURCOVA(カルコバ)』がある。店内に入ってみると、坂本龍馬をほうふつとさせる風ぼうの男性がカレールーを煮込んでいた。元ロックバンド『THE COKES(ザ・コークス)』のボーカリストとして活躍した藤田晴彦さんだ。現在はラジオのパーソナリティなどをしながら、仲間と一緒に...

川端正仁さん
松山長なす松山長なすの畑
何カ月もかけて順々に仕立てていく喜び
『松山長なす』は『庄屋大長(しょうやおおなが)』という品種で、全長40センチを超えることもある松山市の郷土野菜。『松山長なす部会』の部会長を務める川端正仁さんは、周囲に田畑が点在する小坂在住。ナスやトマトなどの果菜類及び米を作っている。長なす栽培歴30年以上の川端さんは「長なすは何カ月もかけて、順々に仕立てていくんですね。その方が自分の身の丈に合うんですよ」と話す。瀬戸内の温暖な気候は長なすの成育...

村上雄一さん
蔵元屋愛媛県の地酒各種
愛媛県の地酒をお手頃な価格でメニュー化
松山市の中心街、路面電車が行き来する一番町。20003年10月1日、日本酒の日に愛媛の地酒のアンテナショップ『蔵元屋』がオープンした。居酒屋でもなく、小売り店でもない新しいスタンスの店。愛媛県産の地酒のみを取り扱うワンコインバーとして、店長の村上雄一さんらが切り盛りしている。 県内25銘柄の150種類の地酒を立ち飲みスタイルで、1杯100円から手軽に味わえる。しかも12時開店、21時閉店と飲...

原田博士さん(左)と農家の森茂喜さん
ライム松山ライムサイダー Plime
農家による農家のための会社
松山市郊外の『のうみん』は2000年に愛媛県内各地の農家が集まってできた会社で『ライム』などの柑橘類を栽培。営業部長の原田博士さんは「安心・安全な作物を使って、それを提供するのが基本なんです」と説明する。会社の株主でもある契約農家が作りたいものを作ることもあれば、会社側から提案して「作りたい人はこれを作ってください」という自由なスタンスを取っている。 2013年はのうみんの契約農家7戸だけで...

大野覚男さん
ぼっちゃん島あわび波状の板にへばりつくぼっちゃん島あわび
日本で指折りのアワビを育てる元大工
豪快な笑いが、いかにも海の男らしい。松山市の沖合に浮かぶ忽那(くつな)諸島にある怒和島。『松山マドンナ会』の代表を務める大野覚男さんは日本でも指折りの高級品質と呼ばれる『ぼっちゃん島あわび』を生産している。故郷の海でアワビを育て始めてから20余年。まるで子どものようにアワビを抱えながら「理想通りの立派なアワビになったら、そりゃうれしい」と、また笑った。 大野さんは高校卒業後、松山市や大阪府内...