里海隊

遊子漁業協同組合女性部 (宇和島市)

キッチンカー「ゆすの台所」で県内外を走り回るパワフルお母ちゃんたち
遊子漁業協同組合女性部のみなさん
遊子漁業協同組合女性部のみなさん
お客さんに笑顔で応対笑顔の遊子漁協女性部のみなさんキッチンカー「ゆすの台所」で販売たべ鯛バーガー(左上)などの看板商品

携わった里山里海グルメ

たべ鯛
鯛の身がギッシリ詰まった、思わず食べたくなる「鯛焼き」
たべ鯛バーガー
女子短大生が考案したファストフード感覚で食べられるバーガー
照りてり寿司
宇和島市遊子地区で獲れたブリでつくったオリジナル寿司

アクセスマップ

2008年に「遊子の台所プロジェクト」を始動

一言で表すならば、パワフルだ。大きな声が響きわたる。「いらっしゃいませ!」。キッチンカー『ゆすの台所』は美しい景色で知られる『遊子水荷浦の段畑』にもほど近い、遊子(ゆす)漁協女性部が運営。既婚者が中心で、休日になれば、愛媛県内外のイベントに駆けつけ、遊子の名物を販売している。「自分たちが一番楽しくなくっちゃ」と、代表の山内満子さんは元気印全開の笑顔で出迎えてくれた。

遊子漁協女性部の歴史は長い。1955年に結成された婦人部が前身で、2008年の組織改編を機に「遊子の台所プロジェクト」が始動した。鯛やブリといった遊子の海で獲れた魚介類を使って新商品を開発。販売方法として出た案が「キッチンカー」だった。対面販売できるよう、数百万かけて改造した「自分たちの店」を手に入れた。

「たべ鯛」、「照りてり寿司」などヒット商品が誕生

開始当初は風当たりが強く、養殖魚への偏見から「なぜ養殖魚の販売をしているんだ」など、心ない声も。それでもへこたれることなく、さらなる新商品の開発に励んだ。鯛飯をオリジナル鯛焼き器で焼いた『たべ鯛』も「焦げついて失敗したりした」が、焼き方や機器の改良などを経て完成にこぎつけ、今や看板商品のひとつである。他にも玄米パンのバンズに竜田揚げの鯛の切り身を挟んだ『たべ鯛バーガー』など、ヒット商品が続々と誕生。すべては「遊子をもっとPRしたい」との思いがもたらしたものであった。

普段、女性部のメンバーは自ら漁船を操縦し、網で魚を獲っている。休日になれば、舵から車のハンドルに切り替え、県内外をキッチンカー走り回る。山内さんは「いろんな場所で、いろいろな人に出会って、アクティブに動くことに目覚めた」と、うれしそうだ。

地道な地域活性化の活動が認められ、2012年に農林水産大臣賞を受賞。それでも、目指すべき目標はまだまだある。「獲れたての魚を食べてもらいたい。一番おいしい刺身を食べてもらいたい」。遊子のパワフルお母ちゃんたちはエンジン全開で動き回る。

関連リンク
関連ファイル