美味しいの担い手たち

山本さん一家
朝しぼりたての牛乳ミルク園
標高1200メートルで味わえる幸せ
愛媛と高知の県境に位置する『四国カルスト』は日本3大カルストのひとつ。全長25キロ、標高1100〜1400メートルと日本一の規模を誇る。カルストならではの石灰岩が点在するダイナミックな景色が広がり、春になれば牛の放牧が始まる。夏は県内外から観光客が押し寄せる一方で、冬は雪に閉ざされるため、店舗はすべて休業する。 西予市野村町大野ケ原の標高1200メートルにある『ミルク園』の店主を務める山本真...

ブリをバーナーであぶる足立さん
熱アツ!ブリさつま冷えひえ!カツオしぐれ
愛南町のご当地グルメコンテストで3連覇
やさしい笑顔のなかに、王者の風格が見え隠れしていた。『お食事処なにわ』の若女将・足立ゆかりさんは、愛南町の食材を活用した新しいご当地グルメを開発する『愛なんうまいもんコンテスト』で3大会連続優勝を果たした。「愛南町のトップにいかないと、という気持ちがあった。3回とも大変でしたね」。重ねてきた苦労を思い出し、苦笑い。 2012年2月の第1回大会では地元・久良(ひさよし)のブリを使用した『熱アツ...

吉田浩さん
愛南ゴールド愛南ゴールド
新たな収穫方法に取り組み、全国農業コンクールで受賞
『愛南ゴールド』は『河内晩柑(かわちばんかん)』もしくは『美生柑(みしょうかん)』と呼ばれる柑橘で、約250戸の生産者を抱える愛南町は生産量日本一を誇る。吉田浩さんが代表を務める吉田農園では13ヘクタールの園地を利用して『清見オレンジ』や『デコポン』などとともに愛南ゴールドを栽培しており、その生産量は町内屈指である。 愛南ゴールドを栽培するうえでの最大のポイントは立地だ。吉田さんは「木を植え...

大野覚男さん
ぼっちゃん島あわび波状の板にへばりつくぼっちゃん島あわび
日本で指折りのアワビを育てる元大工
豪快な笑いが、いかにも海の男らしい。松山市の沖合に浮かぶ忽那(くつな)諸島にある怒和島。『松山マドンナ会』の代表を務める大野覚男さんは日本でも指折りの高級品質と呼ばれる『ぼっちゃん島あわび』を生産している。故郷の海でアワビを育て始めてから20余年。まるで子どものようにアワビを抱えながら「理想通りの立派なアワビになったら、そりゃうれしい」と、また笑った。 大野さんは高校卒業後、松山市や大阪府内...

井伊友博さん
麦味噌醸造中の木桶
伝統の味を守る老舗味噌店の3代目
宇和島市の老舗、それも3代目同士のコラボが話題を呼んだ『麦みそ飴』を手がけたあめ店『植村製菓』の植村仁さんが「若いのに後を継いでがんばっていると聞いていた」と絶賛するのが、同市を代表する味噌店のひとつ『井伊商店』の井伊友博さん。店の広告塔としてSNSで情報発信したり、遠路はるばる松山市のスーパーマーケットまで出向いてはトレードマークの作務衣姿で『麦味噌』の試食宣伝販売を行っている。 井伊さん...

後藤幸二さん
午後のチーズゴトウ洋菓子店
自由な発想と開拓者精神で「午後のチーズ」を全国区へ
全国的に有名な『午後のチーズ』の製造・販売を手がける『ゴトウ洋菓子店』は、菓子店の長男として生まれた後藤幸二さんが40数年前に自身の店として開店。洋菓子文化の普及にともない売り上げは右肩上がりであったが、創業から10年経った32歳の頃、本格的に洋菓子づくりを学んだことのなかったことから、自分への投資を始める。自費で東京から菓子講師を招き、レシピを学ぶという生活を10年間続けた。午後のチーズが生まれ...

寺内喜志郎さん
温泉水を散水温泉しいたけ
「温泉しいたけ」で湯ノ浦温泉を活性化
今治市の高台に立つ『湯ノ浦温泉』は、ホテルやクアハウス、日帰り温泉が建ち並ぶ温泉郷。光明天皇ゆかりの湯とも言われ、泉質は「単純弱放射能冷鉱泉」で神経痛や筋肉痛などに効能がある。 『 ゆっしーちゃん』の代表を務める寺内喜志郎さんは、日帰り温泉『四季の湯 ビア工房』の支配人でもある。常連客の「しいたけを作ったらどう?」の声がすべての始まり。次に「温泉水でできへんのかなあ」という話になり、原木を取...

三瀬泰介さん
いなほ農園の農園長・井伊敏郎さん媛っこ地鶏
媛っこ地鶏を愛媛県の切り札に
八幡浜市の『三瀬洋商店』はLPガス・器具の販売店、携帯電話の代理店として地元では誰もが知る存在。2代目の三瀬泰介さんは2007年に『いなほ農園』を立ち上げ、『媛っ子地鶏』の飼育・販売、肉の加工販売という異業種に参入した。一番の理由は高齢者の雇用を確保するためで「55、56歳で退職した方が5年、10年と働ける状況がなかった。何かをしないと、という話をしていて、特産品をやらなアカンなということになった...

「太秋柿(たいしゅうがき)」をむく玉井さ
愛宕柿愛宕柿
祖父の時代から受け継がれる愛宕柿を栽培
西条市は釣り鐘状の形をした渋柿『愛宕柿』の生産量が日本一で、周桑地区とも呼ばれる旧丹原町、旧小松町、旧東予市のなだらかな扇状地のほとんどが柿園である。聖武天皇の神亀年間(724~728年)に京都愛宕から伝来したと言われており、大正元年に玉井行雄さんの祖父が柿の木を植えたのを機に周桑地区で広まった。丹原在住の玉井さんは「愛宕柿があったからこそ生きてこれた。ここらの人はだいたいそうやと思いますよ」と言...

山下憲穂さん
段酌海を望む段畑で水荷浦馬鈴薯を生産
サラリーマンから水荷浦馬鈴薯づくりへ。芋焼酎の生産と段畑の維持に尽力
天空へと続く段畑を見上げながら、胸に秘める思いを口にした。「400年近くの歴史がある、この畑を残していきたいという気持ちは強い。荒らすわけにはいかない」。NPO法人『段畑を守ろう会』の理事長・山下憲穂さんは『水荷浦馬鈴薯(みずがうらばれいしょ)』の栽培に取り組み、同時に芋焼酎『段酌(だんしゃく)』の製造・販売も手がけている。 「農協で所長をしていた時にも、段畑をどうにかしなければという話はし...