ご当地グルメ一覧

岬あじ
岬さば岬あじの刺身
潮の流れが速い豊予海峡で育った佐田岬のブランド魚
日本一細長い佐田岬の突端に位置する伊方町三崎地区には『岬(はな)あじ』、『岬(はな)さば』という2種類のブランド魚が生息している。漁場である豊予海峡は佐田岬と大分県の佐賀関(さがのせき)に挟まれており、北の関門海峡、東は瀬戸内海、南は太平洋と、3つの海流が交互に流れ込む世界的にも珍しいポイント。潮の流れが速く、栄養豊富な海域で育っていることから、丸々と身が引き締まり、日本でも有数のアジ・サバが育っ...

マハタラーメン
マハタのアラと大三島産レモン白身といっしょに麺をいただく
里海隊
ご当地グルメ

マハタラーメン (今治市)

幻の高級魚を使ったラーメン
宇和海で獲れた「幻の高級魚」がしまなみ海道で食べられる。そんな情報を聞きつけ、瀬戸内海に浮かぶ今治市・大三島の道の駅『多々羅しまなみ公園』にやってきた。レストランでは、愛媛県内で愛情を込めて生産している魚『愛育フィッシュ』のひとつ、マハタを使った料理を提供。どんぶりものや薄造りなど数あるメニューのなかから『マハタラーメン』を注文した。 ラーメンの上には、あぶったマハタの頭部のアラがのっている...

鉄鍋 海鮮塩ほうろく焼き
ダッチオーブン蒸し焼き状態になるため、鯛の身はホクホク
里海隊
ご当地グルメ

鉄鍋 海鮮塩ほうろく焼き (今治市)

今治の郷土料理をダッチオーブンで
瀬戸内の海の幸を新感覚の料理法で食べられると聞きつけ、しまなみ海道の愛媛県側の玄関口、今治市のカフェレストラン『風のレストラン』を訪れた。大きな窓の向こう側にある来島海峡大橋や瀬戸内海を眺めながらの食事を楽しめることで知られる。地元の食材を使った料理がメニューに並ぶなかから『鉄鍋 海鮮塩ほうろく焼き』を注文した。来島水軍が戦勝の際に食べていたと言われる今治の郷土料理『ほうろく焼き』をダッチオーブン...

レモン懐石
オススメの「とんだレモン」もぎたてのフレッシュレモン
里海隊
郷土料理

レモン懐石 (上島町)

料理上手な「でべそ(でしゃばり)おばちゃん」の家庭料理
「青いレモンの島」1985年より使われている、岩城島のキャッチフレーズだ。島特産のレモンを使った産業振興、観光誘致に取り組み、地元PRにひと役買っている。そのレモンを心ゆくまで堪能できるのが農家レストラン『でべそおばちゃんのお店』。岩城生活研究グループの代表、西村孝子さんの自宅を使い、レストランの他、調理体験、宿泊も可能な人気のお店だ。 『レモン懐石』は、その名の通り全てのメニューにレモンの...

ふぐ定食
食感と旨み考慮した薄さフグはどんな料理にも合う
里海隊
郷土料理

ふぐ定食 (伊予市)

ふぐのおいしさとは「筋肉質なうま味」。かむほどに味が出る
瀬戸内海の南西部に位置する伊予灘は魚の宝庫である。鯛、ヒラメ、メバル、サワラ、スズキ、アジ、サバ、キス、タチウオ、タコ、イカ、ウニ…。数え上げればキリがない。伊予灘に面した国道378号『夕やけこやけライン』沿いには、双海町の上灘漁協、下灘漁協、大洲市の長浜町漁協の3つの漁協があり、それぞれに季節の魚を水揚げしている。双海町にある『季節料理魚吉』2代目の魚見卓司さんが教えてくれた。 「組合が違...

松山鮓
エビやアナゴ、菜の花、錦糸卵などで彩り甘めの酢めしと一緒にいただく
里海隊
郷土料理

松山鮓 (松山市)

子規や漱石が愛した瀬戸内のちらし寿司
松山ゆかりの俳人や作家が愛した寿司だ。路面電車が行き来する大街道商店街入口から徒歩5分、繁華街の一角に『日本料理すし丸』本店がある。瀬戸内の郷土料理を多く提供していることで知られるが、特に目をひいたのが『松山鮓(ずし)』。瀬戸内海で獲れた旬の魚介類や野菜をふんだんに使った、どこか懐かしいイメージがするちらし寿司である。 見た目からして、とても華やかだ。エビやアナゴ、タコ、ホウタレイワシなどの...

中華そば
もちもちした麺がスープと絡み合う木の内装で木札メニューとレトロな雰囲気の
里海隊
ご当地グルメ

中華そば (伊予市)

60余年前から変わらない素朴な味
心がポッと温かくなる素朴な味だ。昭和レトロな街並みが印象的な伊予市商店街から左に細い路地に入ると「うどん そば」と書かれた紺色ののれんが見えてくる。地元の人々の間で人気の『朝日屋食堂』。昔ながらのそばを食べられると聞きつけ、立ち寄ってみた。店内は木の内装で、どこか懐かしさを感じさせる雰囲気。木札に書かれた数多くのメニューのなかから『中華そば』を注文した。 運ばれた器には、かまぼこやちくわ、す...

愛南びやびやかつお
運がよければ解体ショーを見せてくれる船上脱血したきれいな赤身をさばいてくれる
その日に水揚げされ、指定された店でしか食べられない愛南のカツオ
うわさにたがわぬ新鮮さだった。愛南町深浦漁港のすぐそば、愛南漁協深浦本所内にある「市場食堂」で「愛南びやびやかつお」の解体ショーを見学。その日の早朝に水揚げされたばかりのカツオは船上で血抜きされているので変色はなく、鮮やかなピンク色をしている。生魚特有のくさみもなく、見ているだけで、おなかが鳴ってしまう。 さばいてもらったばかりの刺身を甘めのしょうゆでいただく。驚くほどの弾力で、一度では噛み...

焼きサバ
肉厚で脂の乗りも最高仕込み中の風景
里海隊
郷土料理

焼きサバ (内子町)

サバを焼き続けて30年。ベテランのこだわりがおいしさの秘訣
内子町にある『魚市』のご主人・田中さんは、鯖を焼き続けて30年以上の大ベテラン。愛情を込め、時間をかけ、弱めの炭火でじっくり焼き上げていく。 「ガスで焼くと脂がベタベタになってダメ。炭火でも急いで焼くとおいしくない。うちは40分~1時間くらいかけてじっくり焼く。そうすることでアクも抜けておいしく焼ける」 たかがサバ、されどサバ。時間と手間をかけることで、びっくりするほどうまくなる。その...

明浜ちりめん丼
ちりめんが入った汁もついてくるカツオ出汁が入った特製のたれ
里海隊
ご当地グルメ

明浜ちりめん丼 (西予市)

獲れたてをすぐに釜揚げ。特産ちりめんがたっぷり
素朴な家庭の味を楽しむことができる。目の前で宇和海を望むことができる。西予市明浜町、さまざまなレジャー施設が揃う『あけはまシーサイドサンパーク』内にある『民宿故郷(ふるさと)』を訪れた。おなかがとても空いていたので、ボリューム感があり、看板商品でもある『明浜ちりめん丼』を注文してみた。目の前の宇和海で獲れた明浜名産の「ちりめん」をふんだんに使った海の幸のどんぶりだ。 宇和海を眺めながら待って...