ご当地グルメ一覧

皮ざく
真鯛やマゴチなど瀬戸内海の魚の皮(下から)真鯛、スズキ、ホウボウ
里海隊
ご当地グルメ

皮ざく (伊予市)

「もったいない」という思いが生んだエコ料理
食べられるものは全部食べる。そんな思いからつくられたエコ料理がある。野菜や惣菜など、伊予市の特産物を販売するまちづくり交流市場「町家」に立ち寄り、同施設内にある『岡﨑鮮魚』を訪れた。ちりめんなど地元・伊予灘や瀬戸内海で獲れた魚介類が多く並ぶなかで目を引いたのが『皮ざく』だ。真鯛やスズキなどの皮を細切りにしたもので、同店の人気商品のひとつでもある。 開発した店主の岡﨑さんは「季節によって、皮の...

ハモじゃこ天
地元産の魚のみ使用この店のじゃこ天は厚みも特徴だ
里海隊
郷土料理

ハモじゃこ天 (伊予市)

地元産のハモを使ったじゃこ天
国道378号、双海町と大洲市長浜を結ぶ『夕やけこやけライン』。伊予灘を眺めながら走っていると、小さな赤い燈台のある漁港が見える。愛媛県下有数のハモの水揚げ量を誇る豊田漁港だ。港を擁する双海町下灘では、毎年ハモのシーズンに「下灘ぴちぴち鱧(ハモ)まつり」が開催され、多くの人でにぎわう。 豊田漁港の隣には「しもなだ運動公園」があり、その敷地内の海側に『夕焼けぴちぴち市』がある。地元の海産物を使っ...

どーや丼
特製醤油をかけていただくどーや食堂に隣接するどーや市場
里海隊
ご当地グルメ

どーや丼 (八幡浜市)

新鮮なネタ12種類がのった豪華海鮮丼
たくさんの新鮮な海の幸を一度に食べられるという、ぜいたくなどんぶりが八幡浜市にあると聞き、八幡浜港近くにある道の駅「八幡浜みなっと」を訪れた。八幡浜魚市場で水揚げされた魚介類を販売する『どーや市場』の隣に、同市場の直営店『どーや食堂』が2014年3月にオープン。看板メニューが特製海鮮丼である『どーや丼』。その日に獲れたばかりの新鮮な魚介類を中心に10~12種類が使われており、1日20食の限定メニュ...

かまぼこチップス
店内にはいろいろなかまぼこが並ぶ鯛の身が入った活鯛かまぼこ
里海隊
ご当地グルメ

かまぼこチップス (今治市)

全国で大ブレイク、老舗名店のかまぼこ100%スナック
今治商店街の北端、今治港のすぐ近くにある『中村屋蒲鉾店』。明治末に創業、素材と味にこだわり続け、さまざまな賞を受賞、皇太子殿下(現天皇陛下)献上の栄を誇る今治屈指のかまぼこ店だ。店頭にある重厚な看板がその歴史を物語っている。 そんな老舗が、イベント用のサービス品として考え出したのが『かまぼこチップス』。普段かまぼこを口にしない人に、興味を持ってもらうきっかけになれば、という思いから生まれた商...

太刀魚ちりめん丼
ちりめんや錦糸卵もいっぱい竹の棒から外して食べてもよし
太刀魚巻を豪快に乗せたボリューム感あるどんぶり
豪快に、そしてボリューム感あるどんぶりを食べたいなら『太刀魚ちりめん丼』がオススメと聞いた。JR宇和島駅から歩いて約10分。小さな川沿いにある『郷土料理大衆割烹ほづみ亭』を訪れ、さっそく注文した。竹の棒に巻きつけて特製のタレをつけ、こんがり焼かれた太刀魚巻がどんぶりの上に置いてある。その光景を見ているだけで、おなかが鳴る。 盛りつけも豪快だ。太刀魚巻以外にも、ちりめん、錦糸卵、ガリ、シソなど...

みかんうどん(味噌煮込み仕立て)
パスタ風にしてもおいしい元祖八生ちゃんのみかんうどん
里海隊
加工食品

みかんうどん (松山市)

瀬戸内海に浮かぶ中島の100%ミカン果汁を練り込んだうどん
みかんとうどんが合体した異色のうどんだ。松山市の沖合にある怱那(くつな)諸島のなかで、面積が一番大きい島・中島に、水の代わりに特産のみかんの果汁を練り込んだ『みかんうどん』がある。NPO法人『大好き中島瀬戸内の再会桜』が2010年から販売。商品名の『元祖八生ちゃんのみかんうどん』は代表の山崎八生(やよい)さんの名前が由来となっている。 見た目から、インパクトは十分だ。山崎さんに白菜、水菜など...

戸島ぶりかっちゃんバーガー
間にレタスやカイワレ大根、タルタルソース手作りパン工房みなみ
ブリカツと米粉パンがコラボしたご当地バーガー
これぞ、宇和島ならではのファストフードだ。同市の道の駅『きさいや広場』で休憩中に『手作りパン工房みなみ』で目をひくハンバーガーを発見した。その名も『戸島ぶりかっちゃんバーガー』。宇和島の沖合にある戸島の養殖ブリを使ったハンバーガーで、地元・戸島の小学生が名付けたそうだ。 「ブリの身と骨をペースト状にしているので、魚嫌いな子どもでも食べられます。米粉を使ったパンであることが一押し。お昼ごはんで...

豪快ぶっかけ漁師めし
刺身は皿に盛りつけた状態で提供生醤油をかけていただく
里海隊
ご当地グルメ

豪快ぶっかけ漁師めし (八幡浜市)

トロール船の漁師が食べる豪快な料理
インパクトのある料理名に興味がひかれる。八幡浜市の道の駅『八幡浜みなっと』から徒歩2分。『昭和水産トロール市』内にある『お食事処網元の台所海幸丸』に立ち寄り、看板メニューのひとつ『豪快ぶっかけ漁師めし』を注文した。文字どおり、魚の刺身を豪快にごはんの上にのせて食べる漁師の料理だ。 八幡浜を代表する漁法のひとつであるトロール漁。トロール船の網元でもある昭和水産では、その日に水揚げされたばかりの...

タチウオの骨せんべい
浜のかあちゃん たちせんべい原材料のタチウオ
里海隊
ご当地グルメ

タチウオの骨せんべい (伊方町)

豊予海峡で獲れたタチウオがスナックに
海の恵みをムダなく利用したせんべいだ。四国最西端の佐田岬半島に位置する伊方町。漁場は瀬戸内海と関門海峡からの潮流が交じり合う豊予海峡で『三崎漁業協同組合』では『岬(はな)あじ』『岬さば』をブランド魚として全国の市場に出荷している。同時に、多くの水揚げを誇るのがタチウオで、同漁協では『タチウオの骨せんべい』を『浜のかあちゃん たちせんべい』として製造・販売している。 加工主任の梶原さんは「お父...

ハモかつ丼
衣がサクサクしていて、身もホクホク新鮮なハモ
里海隊
ご当地グルメ

ハモかつ丼 (八幡浜市)

八幡浜漁港で水揚げされたハモをこんがり揚げて
四国一の規模を誇る魚市場を擁する八幡浜漁港は、全国でも有数の水揚げ量でもあるハモが他の魚介類とともに並ぶことで有名だ。しかも港近くにある道の駅『八幡浜みなっと』に行けば、いつでもハモ料理が食べられる。そこで同施設の『オーシャンドリーム』に立ち寄り、さっそく『ハモかつ丼』を注文。骨切りされたハモを揚げ、特製ソースで味付けしている。 オーシャンドリームの松浦社長は「温かいうちに食べてみてください...