ご当地グルメ一覧

海のせんべい(卓上タイプ)
こちらは袋入り本社内でも買い物ができる
里海隊
加工食品

海のせんべい (西条市)

魚肉すり身に海苔を合わせたサクサクのせんべい
燧灘(ひうちなだ)にほど近い、西条市朔日市(ついたち)地区。遠浅の海岸に渦井川が流れ込み、かつて海苔の養殖で大いに栄えた土地だ。現在は埋め立てが進み工場地となっており、海苔の養殖は養殖技術の進歩とともに沖合いへと移動している。 『ヤマアイ』ブランドで知られる『愛媛海苔』は昭和36年、地元名士たちの出資により設立された。良質の海苔で人気を集め、かつてこの地を訪れた画家・山下清も同社に立ち寄った...

港弁(鯛めし)
ホクホクした鯛の身もたくさん入っているヒモを引っ張ると温かくなる仕掛け
里海隊
ご当地グルメ

港弁(鯛めし) (八幡浜市)

愛媛の県魚・真鯛をふんだんに使った鯛めし弁当
愛媛県が全国ナンバーワンの生産量を誇る魚といえば、真鯛を思い浮かべる人は多いだろう。四国最大の規模の魚市場を擁する県内有数の水揚げ量で知られる八幡浜魚港に隣接する道の駅『八幡浜みなっと』に立ち寄った。店内を歩いていると、なにやら四角の箱に入った弁当が販売されていた。現在売り出し中の『港弁』のひとつ『鯛めし』だった。松山などの中予地方で食べられている炊き込みの鯛めしだ。 「特殊パックで温かくな...

伯方の塩ソフトクリーム
粗塩を練りこんだアイスクリーム伯方の塩を使った商品
伯方島の特色を表現したスイーツ
地域の特色を存分に出したスイーツだ。陽光を浴びながら、今治市の大島と伯方島を結ぶ伯方・大島大橋を渡ってすぐ、伯方島にある道の駅『伯方S・Cパーク マリンオアシスはかた』に立ち寄った。テレビCMなどで全国的に有名な『伯方の塩』を使った『伯方の塩ソフトクリーム』を販売している。一番人気というバニラ味を注文した。 コーンの上にのったソフトクリームのなかには、粗塩がふんだんに練り込まれているという。...

いずみや
キメの細かいおからをコノシロで巻いている食べやすいひと口サイズにカット
里海隊
郷土料理

いずみや (新居浜市)

旧財閥が生み出した庶民の味
旧財閥が生み出し、いまも愛される郷土料理が新居浜市にある。江戸時代から庶民の味として知られる『いずみや』だ。1690年(元禄3年)に別子銅山を開山し、日本の貿易や近代化に寄与した住友家が調理法を伝えたとされており、その屋号「泉屋」から名前がついたという。アジなどの小魚をおからに巻いたシンプルな料理で、燧灘(ひうちなだ)を望む場所にある『瀬戸内割烹 鞍馬』を訪れ、特別につくっていただいた。 お...

宇和島セット
ちらし寿司のおにぎりやじゃこ天も魚介類の惣菜も充実
里海隊
ご当地グルメ

宇和島セット (宇和島市)

一度に宇和島を知ることができる。郷土料理がたくさん入ったお弁当
宇和島の郷土料理を一度に食べたい。そう思っていたら、うってつけの弁当を見つけた。道の駅『きさいや広場』の鮮魚店・田丸屋で『宇和島セット』なる弁当を購入した。これがもう、じゃこ天、じゃこカツ、丸ずし、ふくめんと、郷土料理のオンパレード。さらに鯛の炊き込みごはん、ちらし寿司のおにぎりもついてくる。あれこれ食べてみたい観光客にとっては、非常にありがたい弁当である。 田丸屋の脇坂店長は「ひとつのおか...

伊予さつま御膳
愛鯛を使用カウンター席もある
里海隊
郷土料理

さつま (宇和島市)

懐かしさを呼び起こしてくれる南部の漁師料理
宇和島市出身の人にとっても、懐かしさを覚える素朴な味だそうだ。南予地方の一般家庭でも食べられるという『さつま』を食べたくて、同市の『旬膳・郷土膳和日輔(わびすけ)』ののれんをくぐった。さつまは焼き魚と麦味噌をすり合わせた汁をごはんにぶっかけた郷土料理のことで、漁師が船上で魚入りの濃厚な味噌汁を麦飯にかけて食べたのが始まりと言われている。 ソウルフードでもあるじゃこ天が付いた『伊予さつま御膳』...

六宝
えびす六宝膳海の幸が豊富な津島町の北灘湾
里海隊
郷土料理

六宝 (宇和島市)

宇和島鯛めしとは似て非なる漁師めし
宇和島市の『宇和島鯛めし』と2005年に合併された津島町の『六宝(ろっぽう)」の違いって何だろう? そんな疑問が浮かんだ。それなら実際に食べて解決しようじゃないか。そう意気込んで津島町の国道56号沿いにある『料理田むら』に立ち寄った。「いらっしゃいませ!」と、おかみさんの正美さんが元気な声で出迎えてくれた。さっそく、郷土料理の六宝を注文した。 六宝は特製のタレに漬けこんでおいた魚の切り身をど...

こぶじめカルパッチョ
瀬戸内海で獲れたタコにクスクスを添えて夜になるとCURCOBARに様変わり
里海隊
ご当地グルメ

こぶじめカルパッチョ (松山市)

カレー店で食べられる海鮮イタリアン
カレー屋さんで海の幸の料理を食べられる。そんなうわさを聞き、鹿島を望む松山市北条地区にやってきた。今治街道から北条駅前商店街に入ると、カレー専門店『CURCOVA(カルコバ)』が見えてくる。元ミュージシャンで、現在はラジオのディスクジョッキーなどで活躍する藤田晴彦さんらが共同経営するアットホームな店で、金曜日夜になると大人の社交場『CURCOBAR(カルコバー)』に姿を変える。お酒を飲みながら、瀬...

宇和島鯛めし
新鮮な鯛の刺身がいっぱい鯛の刺身をのせたご飯に秘伝のタレをかける
里海隊
郷土料理

宇和島鯛めし (宇和島市)

鯛の刺身をぜいたくに使用した漁師料理
新鮮な宇和島の真鯛を豪快に食べるなら、やっぱり『宇和島鯛めし』がオススメだ。同市の郷土料理を多く提供する『旬膳・郷土膳和日輔(わびすけ)』に立ち寄り『宇和島鯛めし御膳』を注文した。愛媛県の『愛あるブランド産品』でもある『愛鯛(あいたい)』をぜいたくに使用。『さつま』と同様、漁師考案の料理として知られている。 食べ方には「ルール」があるようだ。生卵を溶いたしょうゆベースの秘伝のタレと薬味をいっ...

港弁(ちゃんぽん弁当)
じゃこ天やイカなど海の幸がいっぱいフジ観光の梅林社長
里海隊
ご当地グルメ

港弁(ちゃんぽん弁当) (八幡浜市)

八幡浜ちゃんぽんの人気店が手がけたスープのない焼きちゃんぽん
愛媛県有数の港町として有名な八幡浜市が売り出し中の『港弁』は、地元の名産がたくさん入った同市限定の弁当。そのひとつに、ソウルフード『八幡浜ちゃんぽん』が中心の『ちゃんぽん弁当』があり、港の真ん前にある『フジ観光』で販売している。通常のちゃんぽんとはひと味違った食感と味を楽しめると聞いたので、同店を訪れた。 「港弁にも、ちゃんぽんがあったらいいなと思って、スープのないちゃんぽんを考えたんです」...