ご当地グルメ一覧

お茶せんべい(上茶)
お茶の製造工程新宮町の茶畑
里山隊
スイーツ

お茶せんべい (四国中央市)

新宮茶の香りをそのまま閉じ込めたお菓子
愛媛県のお茶処、新宮村。徳島県との県境に程近い、標高200~1000メートルに位置する山村である。この村で獲れる茶葉は「新宮茶」とよばれ、2004年に合併し四国中央市新宮町と名を変えた後も、銘茶の産地として「新宮」の名は残る。 一般に茶栽培は、水はけ、日当たり、風通しが良い場所が適地とされ、新宮はそのすべてを兼ね備えている。「霧が出るところは、美味しいお茶がとれるといわれているんですよ」と『...

やまこうどん
やまこうどん常連さんと歓談
里山隊
ご当地グルメ

やまこうどん (宇和島市)

なかなか食べられない幻の絶品うどん
早朝5時開店、午前9時閉店。こんな一風変わった営業時間のお店があると聞きつけ、宇和島市錦町の『やまこうどん』に立ち寄った。通常の商店が開く午前9時に閉店して、かつ見つけにくいその立地のために「幻のうどん」とも呼ばれている。 住所は小さな川沿いの住宅街の一角。看板ものれんもないので、店を探すのにもひと苦労。一見普通の民家のように見えるが、この早朝の時間帯にもかかわらず、ひっきりなしに人が出入り...

ちんち
看板商品は「清酒 玉川」コンサートなども開催される蔵
里山隊
アルコール

ちんち (西予市)

20余年の時が育んだ粕取焼酎
西予市宇和町の中心に位置する卯之町は重要伝統的建造群保存地区に指定され「文化の香る町」と言われている。同地区には江戸時代から昭和初期の商屋が立ち並んでおり、国の重要文化財である開明学校、市指定文化財の末光家住宅・鳥居門などがある。また、江戸時代に日本で医学教育を行ったドイツ医師シーボルトの娘・イネや、蘭学者の二宮敬作らを生んだ場所としても知られ、現在は全国から多くの観光客が訪れている。 観光...

イタリア風ちゃんぽん
アルデンテ風に仕上げたちぢれ麺CUORE(クオーレ)店内
里山隊
ご当地グルメ

イタリア風ちゃんぽん (八幡浜市)

先入観を覆すトマトベースの八幡浜ちゃんぽん
四国の西の玄関口と言われる港町・八幡浜市。人口4万人の同市内にご当地グルメ『八幡浜ちゃんぽん』を提供する店舗は、実に50件以上。とんこつベースの長崎ちゃんぽんに対し、鶏がら・カツオ・昆布出汁のあっさり味の八幡浜ちゃんぽんは、かまぼこやじゃこ天といった練製品が入るのが特徴。市のホームページ内には『八幡浜ちゃんぽんコーナー』が設けられ、商工会議所青年部では一目でわかる『八幡浜ちゃんぽんMAP』を作成す...

どぶろくマドレーヌ
どぶろくマドレーヌしっとりした断面
偶然の出会いが生み出した焼き菓子
東温市は高縄山や皿ヶ嶺連峰に連なる山間部と、松山市のベッドタウンとして開けた平野部との2つの顔を持つ。山間部は松山藩の米どころでもあり、どぶろく特区となっている。半面、平野部の国道11号沿いには大きなショッピングモールや大規模店舗が林立し、愛媛大学の附属病院があるため、松山や近隣の市町村からも頻繁に人が訪れる、風通しの良い街である。 松山市との境に近い、東温市野田に『パティスリー心結(みゆう...

よもぎうどん
色鮮やかな緑色に茹で上がる道の駅 天空の郷さんさん
里山隊
ご当地グルメ

よもぎうどん (久万高原町)

手摘みよもぎを麺に練りこんだ香り高いうどん
都会の道はすべて舗装され、小学生が通学中に土の部分を歩くことがなくなったと言われてから久しいが、山あいの町・久万高原町では今も里山の豊かな自然を楽しむことができる。この町に手摘みのよもぎを練りこんだうどんがあると聞き、足を伸ばした。 「久万高原町では、どこの畔(あぜ)にも空き地にも、よもぎがかたまりになって生えています。昔からよもぎはぼた餅にも入れるし、おまんじゅうにも柏餅にも入れます。寒暖...

わらぐろケーキ
わらぐろわらぐろケーキ
里山隊
スイーツ

わらぐろケーキ (西予市)

田園地帯の風情を再現したバターケーキ
『わらぐろ』は稲を刈り取った後の田んぼに、乾燥貯蔵するために円錐状に積み上げた積みワラのこと。にお、いなぐろ、丸ススキ、藁塚、イナコ積みなど土地によってその形、呼び名はいろいろで、わらぐろと呼ぶのは愛媛から広島にかけて。 かつては日本全国に見られた田園地帯の象徴。わらを積み上げた様子は、童話『三匹の子豚』のわらの家のようにみえる。 一昔前には、収穫が終わった田んぼにわらぐろが点在するのは、...

ジャンボいなり
ジャンボいなりいなり皮に味を含ませる
里山隊
ご当地グルメ

ジャンボいなり (東温市)

ゆずの香り漂う酢めしと甘辛い皮が絶妙
『ジャンボいなり』ののぼりが旧国道11号にはためき、それを目印に口コミでお客さんが押し寄せる。1995年創業、40年近く地元で愛されてきた東温市の伊予鉄道・横河原駅前の名物食堂『若竹食堂』は2013年冬、現在の同市田窪に移転した。同時に食堂は廃業し、ジャンボいなり専門店『ジャンボいなりの若竹』としてリニューアル。店舗販売だけでなく、中予地方の多くの産直市にジャンボいなりを納品している。 柚子...

青梅ケーキ
青梅ケーキ松野町の梅
里山隊
スイーツ

青梅ケーキ (松野町)

森の国の青梅をたっぷり使った大人の焼き菓子
「森の国まつの」がキャッチフレーズの北宇和郡松野町はその名の通り、森林が全面積の84%を占める町。県内有数の梅の産地としても有名で、春ともなれば、山には梅の花が咲き乱れる。 江戸時代には土佐へと続く「旧松丸街道」の宿場町として栄えた同町松丸に、新改(しんがい)和也さんが営む『菓子工房kazu』がある。同店は店舗販売ではなく、移動販売が中心。道の駅『虹の森公園』の特産品販売所に卸している以外は...

むうすあいすもなか(志ぐれ味)
志ぐれ、イチゴ、バニラの3種類の味ムースアイスにも入る志ぐれ
老舗和菓子店が開発した和洋折衷のアイス
これぞ、和菓子店ならではの発想から生まれたアイスだ。大洲市の国道56号線、通称・大洲街道を内子町方面へと走ると、おしゃれな洋風の建物が見えてくる。フランス語で菓子店を意味する『パティスリー』は、創業1875年の老舗『冨永松栄堂』が経営する洋菓子専門店。大洲銘菓で、看板商品でもある『志ぐれ』を入れた『むうすあいすもなか』を2013年から販売。和の要素を存分に取り入れた人気商品のひとつである。 ...