ご当地グルメ一覧

唐饅
唐饅の断面(柚子あん)唐饅の焼き板
里山隊
スイーツ

唐饅 (八幡浜市)

かめばかむほど味が広がる中国伝来の菓子
「最初はゴルフボールを手で回す練習から始めました」と言うのは、八幡浜で名物元祖『唐饅(とうまん)』を作り続けて40年、吉見菓子舗5代目の中川康さん。 唐饅はその名のとおり、中国伝来の菓子で、まんじゅうを押しつぶしたような平たい生地にゆずあんや黒砂糖あんを挟んだもの。カリッと焼きあがった生地と、ねっとりと糸を引く蜜のようなあんこの食感がたまらないと息の長い人気を誇る。 唐饅の生地の練り、焼き...

焙じ茶プリン
焙じ茶プリンPETITe CLEF
里山隊
スイーツ

焙じ茶プリン (久万高原町)

2種類のおいしさが味わえる上品なプリン
久万高原町の『PETITe CLEF(プティ・クリフ)』は地元で有名なお店。かわいらしい外観もさることながら、多彩なケーキ類がおいしいと大人気。地元でとれた旬の野菜を使ったランチやディナーにも多くのファンがいる。 PETITe CLEFの『焙じ茶プリン』は絶品。ビンは昔懐かしい牛乳瓶を半分にしたくらいの大きさで、2層式のプリンは上に薄くジュレ、下にベージュ色のプリン部分で構成されている。ふつ...

白いもキャラもっち
白いもキャラもっちの包み紙営業・企画担当の秦(はだ)さん
ねっとり甘い生キャラメル入り大福
別子銅山で知られる新居浜市の沖に、大島と呼ばれる小さな島がある。この平穏な島に、今一大ブームが起こっている。その立役者は『白いも(別名七福芋)』。栗きんとんに匹敵するほど甘いというこの芋を使って、新しい特産品を作ろうと立ち上がったのが『にいはま大島七福芋ブランド推進協議会』。こちらの認定を受けたスイーツのひとつが『白いもきゃらもっち』だ。 白いもキャラもっちは、新居浜の老舗『別子飴本舗』と新...

道後ジェラート
道後ジェラート水口酒造の日本酒の数々
里山隊
スイーツ

道後ジェラート (松山市)

大吟醸酒を惜しみなく使用したスイーツ
アートの祭典『道後オンセナート2014』が開催され、プロジェクションマッピングや芸術家の作品などで新たな盛り上がりをみせている道後温泉は、年間を通して老若男女が多く訪れる。道後温泉本館すぐそばにある『水口酒造』経営の『道後麦酒館』では、愛媛の旬の味覚を味わいながら『道後ビール』を堪能できる。本社敷地内にある『にきたつ庵』では、愛媛の食材を使用した懐石料理を提供している。 水口酒造では道後を訪...

わらぐろケーキ
わらぐろわらぐろケーキ
里山隊
スイーツ

わらぐろケーキ (西予市)

田園地帯の風情を再現したバターケーキ
『わらぐろ』は稲を刈り取った後の田んぼに、乾燥貯蔵するために円錐状に積み上げた積みワラのこと。にお、いなぐろ、丸ススキ、藁塚、イナコ積みなど土地によってその形、呼び名はいろいろで、わらぐろと呼ぶのは愛媛から広島にかけて。 かつては日本全国に見られた田園地帯の象徴。わらを積み上げた様子は、童話『三匹の子豚』のわらの家のようにみえる。 一昔前には、収穫が終わった田んぼにわらぐろが点在するのは、...

ひうち焼き
ひうち焼き丸亀屋
里山隊
スイーツ

ひうち焼き (四国中央市)

小林一茶の詠んだ景色をお菓子で再現
昔、四国中央市の海岸は松並木に縁どられた砂浜だった。旧川之江市まで続く海岸線にはにぎわう海水浴場もあった。俳人・小林一茶が地元の名所、八綱浦(やつなうら)の松並木から燧灘(ひうちなだ)を見渡して静けしや春の三島の帆掛け船」と一句詠む、そんな白砂の浜だった。 いま、その後には製紙会社の大工場が立ち並び、その風情は記憶に頼るしかない。昔を忍ぶよすがとなるのが、三島名物『ひうち焼き』ではないだろう...

キジカレー
鬼北きじカレー(レトルト)道の駅 森の三角ぼうし
里山隊
ご当地グルメ

キジカレー (鬼北町)

本格派インドカレーでキジ肉をもっと身近に
キジ肉は日本では古くから高級食材として食べられてきた。しかし、近年では生殖数が減少し、安価なブロイラーの普及で、一般家庭の食卓に上る機会は少なくなった。 日本最後の清流と言われる四万十川の支流、広見川の流域に開けた鬼北町は、高麗(こうらい)きじを『鬼北熟成雉(キジ)』としてブランド化。「古(いにしえ)の味を食卓へ」を合言葉に、キジの町として気勢を上げている。鬼北町きじ生産者部会では飼育マニュ...

モッツァレラチーズをイタリア風サラダに
相棒の山田さんと一緒の國分さん(左)モッツァレラチーズ製造風景
里山隊
加工食品

和づくりチーズ (内子町)

内子の風土が育んだ生きているチーズ
「醍醐」とは、奈良時代から平安の貴族に好まれた最上の味を持つといわれる乳製品。『チーズ工房醍醐』は、内子町ならではの自然を生かし、ヨーロッパに伝わる昔ながらの製法でチーズづくりをしている。同社代表の國分茂樹さんは、神奈川県出身。内子町の自然にほれ込んで、チーズ作りのために同地に移住した。 以前、イタリア旅行をした際に食べたパルミジャーノチーズのおいしさに感激し、日本におけるチーズという食材に...

塩パン
空洞がカリッとしたおいしさの秘密工房内
里山隊
スイーツ

塩パン (松前町)

飛ぶように売れるバターたっぷり塩味のパン
松山市から重信川を渡り伊予郡松前町に入ると、広々と開けた田園地帯が続く。松前町に1日6000個も売れるパンがあるといううわさを聞きつけ、足を伸ばした。 坊っちゃんスタジアムのすぐ近く、国道56号から外れた田んぼの真ん中に、童話のお菓子の家のようなかわいらしいベーカリー『スペイン石窯工房 パンメゾン』がある。同店は八幡浜本店に次ぐ2号店。店長の平田将武さんは「この風が渡るロケーションにほれこん...

ジャンボいなり
ジャンボいなりいなり皮に味を含ませる
里山隊
ご当地グルメ

ジャンボいなり (東温市)

ゆずの香り漂う酢めしと甘辛い皮が絶妙
『ジャンボいなり』ののぼりが旧国道11号にはためき、それを目印に口コミでお客さんが押し寄せる。1995年創業、40年近く地元で愛されてきた東温市の伊予鉄道・横河原駅前の名物食堂『若竹食堂』は2013年冬、現在の同市田窪に移転した。同時に食堂は廃業し、ジャンボいなり専門店『ジャンボいなりの若竹』としてリニューアル。店舗販売だけでなく、中予地方の多くの産直市にジャンボいなりを納品している。 柚子...