ご当地グルメ一覧

アコヤ貝の貝柱
勾玉状の形をしたアコヤ貝の貝柱いかだ屋所有のいかだでアコヤ貝を養殖
真珠貝とも呼ばれるアコヤ貝から獲れる海の恵み
宇和海の豊かな恵みがギュッとつまっている。宇和島市は真珠の町として全国的に知られており、その母貝でもある『アコヤ貝の貝柱』は、さまざまな料理で使用されている。貝1個につき1つずつ入っており、一般的には毎年12~2月の3カ月間、真珠の玉を取り出す際の副産物として収穫されている。現在では食用専門のアコヤ貝を養殖しているところも増えてきた。 のどかな風景が広がる下波(したば)地区で食堂『いかだ屋』...

伊予美人
背後の法皇山脈からやまじ風が吹き降ろす収穫期の里芋畑
愛媛県オリジナルの新品種・里芋
農道に沿って電柱が点在し、家々の間に里芋畑が広がる。収穫期なので葉はまばら。畑のところどころに転がる黄色い農業用コンテナが、畝(うね)の間に彩りを添えている。 石鎚山脈のすそ野に位置する四国中央市土居町。このあたりの古い民家は、屋根に重石を載せ、漆喰(しっくい)で瓦を固めている。やまじ風という強風で屋根が飛ばされないようにしているのだ。鉱石土壌で酸が強いためミカン作りには適さず、風が強いため...

岬あじ
岬さば岬あじの刺身
潮の流れが速い豊予海峡で育った佐田岬のブランド魚
日本一細長い佐田岬の突端に位置する伊方町三崎地区には『岬(はな)あじ』、『岬(はな)さば』という2種類のブランド魚が生息している。漁場である豊予海峡は佐田岬と大分県の佐賀関(さがのせき)に挟まれており、北の関門海峡、東は瀬戸内海、南は太平洋と、3つの海流が交互に流れ込む世界的にも珍しいポイント。潮の流れが速く、栄養豊富な海域で育っていることから、丸々と身が引き締まり、日本でも有数のアジ・サバが育っ...

愛南びやびやかつお
運がよければ解体ショーを見せてくれる船上脱血したきれいな赤身をさばいてくれる
その日に水揚げされ、指定された店でしか食べられない愛南のカツオ
うわさにたがわぬ新鮮さだった。愛南町深浦漁港のすぐそば、愛南漁協深浦本所内にある「市場食堂」で「愛南びやびやかつお」の解体ショーを見学。その日の早朝に水揚げされたばかりのカツオは船上で血抜きされているので変色はなく、鮮やかなピンク色をしている。生魚特有のくさみもなく、見ているだけで、おなかが鳴ってしまう。 さばいてもらったばかりの刺身を甘めのしょうゆでいただく。驚くほどの弾力で、一度では噛み...

どんぐりトマト
どんぐりトマト栽培風景
小学生が名付けたかわいいトマト
上浮穴郡久万高原町の『久万農業公園アグリピア』は農業への支援活動の先端施設として創設。森に囲まれた3ヘクタールの農場内では、都市と農村の懸け橋としていろいろな活動を行っている。 新品種を先行栽培することのほかに、新規就農希望者への支援・研修を実施。また、市民農場『久万高原クラインガルテン』では、希望者に畑を一区画ごとに安価で貸し出しもしている。見渡す限りビニールハウスが広がる敷地内に点在する...

黒め塩
原材料のクロメクロメは塩釜でじっくりと煮つめる
里海隊
食材

黒め塩 (伊方町)

三崎の漁師がつくる、こだわりの塩
日本一細長い半島・佐田岬半島に位置する伊方町の沖合は、豊後水道の速い潮流が流れ込み、きれいな海水が入ってくることで知られる。三崎湾近くにある『三崎漁業協同組合』では、この恵まれた環境で育った昆布の一種『クロメ』を使った『黒め塩』を製造・販売。身が柔らかいとされる毎年2、3月に収穫したものからつくっている。通常の塩の約7倍のミネラルが含まれており、体にもやさしい味として注目されている。 こげ茶...

長浜フグ
注文を受けてからさばいていく皮ひきをしてトゲを取り除いていく
里海隊
食材

長浜フグ (大洲市)

自然の恵みが育んだ天然フグ
活きのよさでは、どこにも負けていないという自信がある。伊予灘に面する大洲市長浜は「フグの王様」と言われるトラフグの生産地として古くから知られ、その食文化がいまも根付いている。山の栄養分が肱川(ひじかわ)を通して伊予灘に流れ込み、大量のプランクトンが発生することから、トラフグにとっては最高の生息地だ。『夕焼けこやけライン』を抜け、長浜港近くを走ると、明治時代に創業の老舗『濱屋』が見えてくる。天然の『...

愛南かき
カゴのなかで大きく育つ栄養分が豊富な御荘湾
里海隊
食材

愛南かき (愛南町)

プランクトン豊富な御荘湾で育った海のミルク
のどかな風景が広がる愛南町で、注目を浴びる海の幸が育っている。宇和海特有の深く入り込んだリアス式海岸沿いを走ると、数多くのいかだが浮かぶ御荘湾にたどり着く。真珠貝と呼ばれるアコヤ貝の母貝とともに盛んに養殖されているのが『御荘かき』。そのなかでも量・質ともに最高級のものが『愛南かき』と呼ばれている。 御荘湾には僧都川(そうずがわ)や蓮乗寺川(れんじょうじがわ)など5本の川が流れ込み、上流付近に...

ワタリガニ
瀬戸内海で獲れたワタリガニ白身はホクホクしていておいしい
里海隊
食材

ワタリガニ (今治市)

瀬戸内の海を渡り歩いて育ったカニ
全国の海にはあらゆる種類のカニがいるけれど、瀬戸内海で獲れるカニと聞いて、すぐに思い浮かぶのが『ワタリガニ』だ。後ろ脚の先がカヌーのオールのようなヒレ状の形をしていて、海を泳ぎ渡ることが名前の由来と言われる。瀬戸内海に面する今治市の東側に広がる燧灘(ひうちなだ)はワタリガニの一大生息地である。来島海峡大橋を望む料理旅館『大潮荘』を訪れた。どうせなら、1匹まるごと焼いたものを食べたい。卵がおなかにあ...

いきな車えび
プリップリで甘い身。臭みもまったくないエビフライは頭から尻尾まで食べられる
マイナス要素をすべて排除、半世紀に渡るこだわり養殖
瀬戸内のほぼ中央、平成の大合併で誕生した上島町「上島四兄弟」(弓削島、岩城島、生名島、魚島)。生名島の主要産業のひとつが「車エビ養殖」。 「ポイントは、ここの海水だと思います」と語るのは、日輪養魚の池本一喜代専務。40年以上にわたり、車エビの養殖をしているベテランで「甘みが強くて、コリコリ感がある。アクというかクセが無いので、うちの車えびは何尾でも食べられる」と胸を張る。刺身、塩焼、天ぷら、フラ...