ご当地グルメ一覧

完熟とまとドレッシング
周ちゃん広場周ちゃん広場
酸味と甘さのバランスが絶妙
西条市小松町の産直市『周ちゃん広場』のオリジナル商品『完熟とまとドレッシング』のふたを開けると、バジルの香りが鼻腔をくすぐる。味見すると酸味のなかにも甘みがあり、トマトそのものの味が口のなかに広がる。スパゲティやマリネはもちろんのこと、白身魚のムニエル、海老フライや唐揚げのソースなど、アイデア次第で使い道はどんどん広がりそうだ。 周ちゃん広場では旧東予市、丹原町、小松町からなる周桑地区の産品...

そのまんまぽん
そのまんまぽんと、しらすぞうすいシラス
里海隊
加工食品

そのまんまぽん (伊予市)

愛媛県産のシラスと八穀米が入ったポン菓子
愛媛県産の農産物とのコラボ商品だ。海産物の加工品製造・販売で知られる伊予市の『株式会社オカベ』を訪れた。伊予灘を中心とした瀬戸内海や宇和海で獲れた魚介類を使った珍味や菓子のひとつに『そのまんまぽん』がある。瀬戸内海で水揚げされたシラスに白米やはだか麦などをブレンドした八穀米をノンフライ製法で焼き上げており、老若男女を問わず親しまれている人気商品だ。 開発に携わった企画開発部の八木さんは「ウチ...

あらくれポークソーセージ
赤身ぎっしりで歯ごたえありウインナー(右)とボローニャの2種類
海を渡ってきたイノシシを食べやすい食材に
しなまみの海を泳いで渡ってきたイノシシの肉を使ったソーセージが今治市・大三島にある。日本の総鎮守・大山祇(おおやまづみ)神社から歩いて4分のところに『おみやげ大心』がある。大三島で獲れた柑橘類などを販売しているが、特に目を引いたのが『あらくれポークソーセージ』。瀬戸内海を拠点としていた村上水軍をイメージし、海賊の帽子をかぶったイノシシのイラスト入りシールが張られたパッケージがとても印象的だ。 ...

みかんうどん(味噌煮込み仕立て)
パスタ風にしてもおいしい元祖八生ちゃんのみかんうどん
里海隊
加工食品

みかんうどん (松山市)

瀬戸内海に浮かぶ中島の100%ミカン果汁を練り込んだうどん
みかんとうどんが合体した異色のうどんだ。松山市の沖合にある怱那(くつな)諸島のなかで、面積が一番大きい島・中島に、水の代わりに特産のみかんの果汁を練り込んだ『みかんうどん』がある。NPO法人『大好き中島瀬戸内の再会桜』が2010年から販売。商品名の『元祖八生ちゃんのみかんうどん』は代表の山崎八生(やよい)さんの名前が由来となっている。 見た目から、インパクトは十分だ。山崎さんに白菜、水菜など...

ニュウズシャーベット
きめ細かくシャリシャリの食感ショップ内は自社生産の柑橘が多数
果汁60%、みかんそのままのシャーベット
佐田岬灯台へと向かう、国道197号メロディーライン。トンネルを抜け伊方町へ入り少し走ると、左手に明るい色使いの建物が目に入る。農業生産法人『南の果樹園ニュウズ』の社屋だ。1階は選果場、道路に面した2階部分は事務所とアンテナショップになっている。 ショップ内では自社農園で採れたさまざまな柑橘類に加え、ニュウズオリジナルのジュースやゼリー、16種類の柑橘をトッピングできるソフトクリームなどが販売...

奥地あじの開き
身質がいい奥地あじの開き骨も一緒に食べられる
里海隊
加工食品

奥地あじの開き (西予市)

獲れたばかりの奥地あじを急速冷凍で真空パック
他の場所で育ったものとはひと味違うアジがあると聞き、西予市三瓶町にやってきた。『みかめ海の駅潮彩館(しおさいかん)』に立ち寄り、鮮魚売り場を見て回る。新鮮な宇和海産の魚介類鮮魚コーナーに『奥地あじ』が並んでいた。水揚げされたばかりの鮮魚はもちろん、真空パックされた『奥地あじの開き』も販売。『マルウ水産』が製造している人気商品のひとつだ。 同社の宇都宮社長は「表面をあぶって、なかは生の状態で真...

宇和島じゃこ天
すり身を型に入れ油のなかに投入パックでも販売
里海隊
加工食品

宇和島じゃこ天 (宇和島市)

魚の栄養素を凝縮した宇和島市民のソウルフード
宇和島市民のソウルフードといえば、やっぱり『宇和島じゃこ天』だろう。揚げたてアツアツをファストフード感覚で食べられると聞き、道の駅『きさいや広場』へ向かった。1848年創業の老舗『河内屋蒲鉾』が出店する『あげたて家』に向かうと、多くのお客さんが買い求めていた。 窓越しに揚げているところを見学できる。専用の板に魚のすり身を入れ、ヘラで平らにすると、その場で油のなかへ。ふわっと膨らむ光景を見てい...

ひじきじゃこ天
グチを下ごしらえじゃこ天の原材料のエソ
里海隊
加工食品

ひじきじゃこ天 (宇和島市)

愛南町産のひじきをふんだんに
『じゃこ天』と言えば、宇和島市と八幡浜市が愛媛県の2大生産地として有名だが、『ひじきじゃこ天』をご存じだろうか? 宇和島市津島町の直売所『ニコニコマーケット』で販売されていると知り、立ち寄ってみた。ここでは愛南町で獲れたひじきをふんだんに使用した『ひじき入りヒイラギ天ぷら」を提供しており、リクエストをすればその場で揚げたてアツアツを食べることができるのが売りだという。 さっそく、揚げたてを食...

宇和島かまぼこ
宇和島蒲鉾・上選渦巻き状に仕上げた錦巻
里海隊
加工食品

宇和島かまぼこ (宇和島市)

たった1度の温度の狂いも見逃さない、職人こだわりの逸品
包丁を入れて切ってみる。ツルツルしていてプリプリ。切り口を見ているだけで、おなかが鳴ってしまった。我慢できずに、ひと口噛んでみた。弾力があって、歯ごたえもある。『宇和島かまぼこ』を、お酒を飲みながら食べたら最高だろうなあ。そんなことを考えてしまった。 宇和島市の道の駅『きさいや広場』内にある『河内屋蒲鉾あげたて家』の看板商品『宇和島蒲鉾・上選』は、原材料として最高級のエソを使用。魚本来のうま...

まるとっと(アジ・みりん味)
まるとっとは種類もいろいろ高圧釜で骨を柔らかくする
里海隊
加工食品

まるとっと (東温市)

山のふもとの干物屋さんが作る、まるごと骨まで食べられる干物
愛媛県東温市。緑と田畑に囲まれた山のふもとに、『キシモト』本社工場がある。“まるごと骨まで食べられる干物”『まるとっと』で知られる干物の会社が、なぜ海から遠い山のふもとに? 「ここだと石鎚山系のおいしい地下水が使えるんですよ。ミネラルも豊富で、干物作りにぴったりなんです」。そう教えてくれたのは工場長の八木さん。「この裏に川があって、梅雨時にはホタルが見れますよ」と微笑んだ。清流にしか生息しな...