ご当地グルメ一覧

とんかつパフェ
とんかつパフェ清まる 道後店
里山隊
スイーツ

とんかつパフェ (松山市)

とんかつとクリームの未知の味
松山市道後のとんかつ店『清まる』の店主・水野清子さんは、ひまわりのように明るく、話好きの人だった。火災や倒産、借金など幾多の苦難を潜り抜けてきたが、「私は運が強いんですよ。失敗も人一倍多いけれど、いつも必ず助けてくれる人が出てくるんです」と言い切る。 『とんかつパフェ』は、清まるの名を全国に知らしめた。生クリームと抹茶アイスベースのパフェにフルーツをふんだんにトッピングし、その上からとんかつ...

マロンブリュレ
マロンブリュレレストランからは中山の自然を一望できる
里山隊
スイーツ

マロンブリュレ (伊予市)

栗の里中山町を代表する新しいスイーツ
伊予市中山町は古くから栗の産地として有名。味がよく大粒の中山栗は、日本3大栗の一つと数えられることもある。江戸時代には大洲藩主・加藤泰興公が将軍家光に献上し、称賛を受けたとの言い伝えも残る。 「町内のお土産は栗を使ったものがほとんどです」と教えてくれたのは『花の森ホテル』の副支配人・竹本純也さん。リーズナブルでしかも料理がおいしいと口コミで評判の同ホテル。車で20分の上灘漁港から仕入れた海の...

パン豆
ひなのやのパン豆は固めてあり食べやすいひなのや
里山隊
スイーツ

パン豆 (西条市)

米を爆(は)ぜさせた伝統菓子がリニューアル
高縄半島の一角を占める西条市丹原町は、柿やキウイフルーツの産地、そして石鎚山からあふれ出す潤沢な伏流水によって米どころとしても知られている。田園風景が広がる平野部と四国山地の山麓が緩やかに傾斜してつながる町だ。 西条市近郊には『パン豆』と呼ばれ、昔から婚礼の引き出物に使用されるなど、郷土に根付いた菓子がある。米を穀類膨張機と呼ばれる圧力釜で加圧し、爆発音を伴いながら弾けさせた菓子で、この音か...

志ぐれ
1粒1粒よりわけたあずき菓子処氣晴
里山隊
スイーツ

志ぐれ (大洲市)

大洲藩の秘伝菓子
伊予の小京都と呼ばれる大洲市は、肱川沿いの小さな城下町だ。この町で長年愛され、大洲3大和菓子のひとつでもある和菓子『志ぐれ』は、甘く炊き上げたあずきと米粉を合わせて蒸しあげた菓子だ。外見はようかんやういろうにも似た棹(さお)型だが、食感はしっとりと弾力に富み、餅に近い。 志ぐれは大洲ではポピュラーだが、県内でも他の地方ではあまり見かけない珍しいお菓子だ。なにしろ、江戸時代中期には、大洲藩の江...

むうすあいすもなか(志ぐれ味)
志ぐれ、イチゴ、バニラの3種類の味ムースアイスにも入る志ぐれ
老舗和菓子店が開発した和洋折衷のアイス
これぞ、和菓子店ならではの発想から生まれたアイスだ。大洲市の国道56号線、通称・大洲街道を内子町方面へと走ると、おしゃれな洋風の建物が見えてくる。フランス語で菓子店を意味する『パティスリー』は、創業1875年の老舗『冨永松栄堂』が経営する洋菓子専門店。大洲銘菓で、看板商品でもある『志ぐれ』を入れた『むうすあいすもなか』を2013年から販売。和の要素を存分に取り入れた人気商品のひとつである。 ...

みかんぱん
ふかふかの断面バターとみかんの香りがたまらない
里山隊
スイーツ

みかんぱん (今治市)

ミカンの香りのデニッシュ食パン
濃い焼き色のついた食パンは、ミカンをあしらったシンプルなビニールに包まれている。封を切った途端、ふんわりとただようさわやかな柑橘の香り。柔らかで甘い、愛媛県人にはなじみ深い温州ミカンの香りだ。 『パン工房つきはら』の『みかんぱん』は、渦を巻いたようにつく焼目と、大きめの気泡が特徴のデニッシュ生地の食パン。柔らかな生地は甘く、口どけもいい。しかも、ミカンのさわやかさと甘みがパンの風味をいっそう...

酒粕マカロン
酒粕マカロンと吟醸酒「城川郷」きなはい屋
里山隊
スイーツ

酒粕マカロン (西予市)

上品な酒粕の香りをまとったお菓子
『きなはいや』という南予地方の柔らかな方言で旅人をいざなう道の駅が、西予市城川町にある。「こちらへおいで」という意味のこの駅には、雪のように真っ白なマカロンがある。『酒粕マカロン』は、地元の『中城本家酒造』の酒粕を使用した、道の駅『きなはい屋』のオリジナル商品だ。 発売開始からまだ2年ほどだが、波紋のように次々とリピーターが広がっている。城川のお土産にもらって、そのおいしさが忘れられないと、...

大和屋ベジスイーツスティックフィナンシェ
大和屋ベジスイーツスティックフィナンシェ大和屋本店内のラウンジ
老舗旅館がプロデュースした菓子
明治の昔から、庶民や文豪に愛された名湯・道後温泉。道後温泉本館にほど近い老舗旅館『大和屋本店』が愛媛県産の野菜を使った新しいスイーツをプロデュースした。『大和屋ベジスイーツ』は、『洋風焼菓子Oyaki(おやき)』『ベジコンフィチュール』『スティックフィナンシェ』の3種類からなるブランドだ。 「明治元年の創業以来140年にわたって、この地で旅館を続けてこられたのは、お客様と地元の方々の支えがあ...

藻塩大福
純生クリームがいっぱいうめ大福やあんず大福も販売
里海隊
スイーツ

藻塩大福 (愛南町)

しょっぱさと甘さを同時に楽しめる新食感の和菓子
しょっぱさと甘さがコラボした大福があるという情報を耳にした。甘いもの好きとしては、ぜひ食べてみたい代物だ。愛南町の特産品でもある藻塩を使用した『藻塩大福』を購入しようと、城辺商店街にある『梶原製菓』へと向かった。 藻塩とはホンダワラという海藻を使用してつくった塩のことで、塩辛さはなく、まろやかな口当たりが特徴。3代目店主の梶原さんが地元の特産品を使用した商品をつくりたいと思案していた際、実母...

日本一細長い半島ろーる
タルトと比べると、長いのが一目瞭然中身はキャラメルソテーした瀬戸金太郎芋
佐田岬の魅力がいっぱい詰まったロールケーキ
まさに佐田岬のためにつくられたロールケーキと言える。四国最西端にある佐田岬半島に位置する伊方町。1949年創業の菓子店『うにまんじゅうの田村菓子舗』では『日本一細長い半島ろーる』が販売されている。全長40キロもある半島の特色を込め、3代目店主の田村さんが考案。地元の『島津農園』で生産されるサツマイモの一種『瀬戸金太郎芋』などをふんだんに使ってつくりあげた自信のスイーツだ。 田村さんは「イモが...