ご当地グルメ一覧

鉄鍋 海鮮塩ほうろく焼き
ダッチオーブン蒸し焼き状態になるため、鯛の身はホクホク
里海隊
ご当地グルメ

鉄鍋 海鮮塩ほうろく焼き (今治市)

今治の郷土料理をダッチオーブンで
瀬戸内の海の幸を新感覚の料理法で食べられると聞きつけ、しまなみ海道の愛媛県側の玄関口、今治市のカフェレストラン『風のレストラン』を訪れた。大きな窓の向こう側にある来島海峡大橋や瀬戸内海を眺めながらの食事を楽しめることで知られる。地元の食材を使った料理がメニューに並ぶなかから『鉄鍋 海鮮塩ほうろく焼き』を注文した。来島水軍が戦勝の際に食べていたと言われる今治の郷土料理『ほうろく焼き』をダッチオーブン...

かまぼこチップス
店内にはいろいろなかまぼこが並ぶ鯛の身が入った活鯛かまぼこ
里海隊
ご当地グルメ

かまぼこチップス (今治市)

全国で大ブレイク、老舗名店のかまぼこ100%スナック
今治商店街の北端、今治港のすぐ近くにある『中村屋蒲鉾店』。明治末に創業、素材と味にこだわり続け、さまざまな賞を受賞、皇太子殿下(現天皇陛下)献上の栄を誇る今治屈指のかまぼこ店だ。店頭にある重厚な看板がその歴史を物語っている。 そんな老舗が、イベント用のサービス品として考え出したのが『かまぼこチップス』。普段かまぼこを口にしない人に、興味を持ってもらうきっかけになれば、という思いから生まれた商...

「こきんや」の今治ラーメン
今治産レモンをたっぷり絞ってこきんや
里山隊
ご当地グルメ

今治ラーメン (今治市)

瀬戸内の「塩」にこだわった地産地消ラーメン
今治ラーメンは、地元の食材にこだわり、伯方の塩を使ったご当地ラーメンだ。今治市内に現在7店舗の加盟店があり、今治近在の食材を使う等の規定はあるものの、スープや具材は店によってさまざまだ。 そのなかの一店、今治市末広町の『こきんや』は4代続く老舗のうどん屋である。創業はおよそ100余年前。ここで今治ラーメンが食べられると聞いて、おじゃましてみることにした。 「うどん」と白く抜いたのれんも...

じゃこカツレモンラーメン
大三島特産のレモンと大根おろしレモンを絞れば、さっぱり味に変化
サイクリストのエネルギーを補給するガッツリ系ラーメン
サイクリストの心強い味方だ。美しいしまなみの島々を結ぶ、しまなみ海道を渡って、今治市・大三島を訪れた。日本の総鎮守で知られる大山祇(おおやまづみ)神社から歩いて5分の場所にある『せとうち茶屋大三島』に立ち寄り、看板商品の『じゃこカツレモンラーメン』を注文した。大三島特産のレモンとじゃこカツをのせた、ガッツリ系のラーメン。約3年前から提供しており、サイクリストを中心に人気のメニューでもある。 ...

じゃこカツ
しっかりとした食べ応え揚げたてをそのまま食べるのが最高
里海隊
ご当地グルメ

じゃこカツ (伊方町)

ガッツリとした食べ応え!カツ風じゃこ天
国道197号、佐田岬。吹き抜けるさわやかな風と美しい風景が堪能できる、メロディーライン沿いにある道の駅『きらら館』。駐車場には、みかんジュースやじゃこ天の製造・販売を手がける『クリエイト伊方』の直売所『伊方じゃこ天 きらら店』が常設されており、揚げたての『じゃこカツ』やアイスクリームなどが楽しめる。 じゃこカツとは、「ハランボ」とよばれるホタルジャコのすり身に、たまねぎ、ごぼう、にんじんを混...

やまこうどん
やまこうどん常連さんと歓談
里山隊
ご当地グルメ

やまこうどん (宇和島市)

なかなか食べられない幻の絶品うどん
早朝5時開店、午前9時閉店。こんな一風変わった営業時間のお店があると聞きつけ、宇和島市錦町の『やまこうどん』に立ち寄った。通常の商店が開く午前9時に閉店して、かつ見つけにくいその立地のために「幻のうどん」とも呼ばれている。 住所は小さな川沿いの住宅街の一角。看板ものれんもないので、店を探すのにもひと苦労。一見普通の民家のように見えるが、この早朝の時間帯にもかかわらず、ひっきりなしに人が出入り...

ほっちょ鶏の焼き鳥
ほっちょ鶏のたたきてんやわんやのほっちょ鶏料理
里山隊
ご当地グルメ

ほっちょ鶏の焼き鳥 (東温市)

食べて初めて分かるうまさの違い
食べて初めて分かることがある。『ほっちょ鶏』は『媛っこ地鶏』と同系統の肉用地鶏。東温市の『奥松瀬川ほっちょ鶏グループ』が育てた地鶏がブランド化された。おいしい料理を手軽に食べられるのが『てんやわんや東温店』だ。 入り口を入ってすぐのところにガラス張りになった炭火調理スペースがあり、鶏を焼く香ばしい匂いが店の外にまで広がる。炭火の上で焦げていくたれの匂いが胃袋を刺激する。 店長の本村信行...

伊達にぎり
三間米のおにぎりに牛タンが入っている仙台市から取り寄せている仙台味噌
里海隊
ご当地グルメ

伊達にぎり (宇和島市)

宇和島市と仙台市の食材がコラボ
姉妹都市の宇和島市と仙台市の食材がコラボした商品だ。宇和島市民の憩いの場・和霊公園から国道56号を愛南町方面へと走ると、鶏料理専門店『とり幕府』が見えてくる。今春から販売している『伊達にぎり』は昨秋、宇和島商工会議所青年部が開催した「第1回地にぎりグランプリ」で3位入賞した作品を商品化したもの。仙台藩出身の伊達秀宗が治めた宇和島藩・十万石の歴史をグルメで表現している。 宇和島市特産の麦味噌と...

釜めし
ちりめん入りのお吸い物もついてくるカウンターには一品料理がズラリ
里海隊
ご当地グルメ

釜めし (伊予市)

瀬戸内の魚介類がたっぷり詰まったごはん
伊予灘からの潮風が吹いてくる伊予市の灘町商店街。長い通りから1本入った路地裏に、居酒屋『まるよし』が見えてくる。店内から漂ってくる香ばしい匂いに誘われて赤いのれんをくぐると、女将の大西さんの「いらっしゃい! 何にする?」という威勢のいい声が響き渡った。カウンターにはイイダコの煮つけなど一品料理がズラリと並んでいたが、お目当ては『釜めし』。この看板商品だけを食べるために訪れるお客さんがいるほどの人気...

愛媛佐田岬海鮮活しゃぶ
左からブリ、タチウオ、鯛つけだれは梅肉、ミガラシ味噌、ごまだれ
旬の新鮮な魚をしゃぶしゃぶで食べる新グルメ
地元の魚を新たな形で食べたい。そんな思いから生まれた新グルメがあるという。四国有数の港町・八幡浜市を訪れ『八幡浜センチュリーホテルイトー』で『愛媛佐田岬海鮮活しゃぶ』をいただいた。日本一細長い半島として知られる佐田岬半島に位置する伊方町と八幡浜市の有志がタッグを組んで生まれた新グルメ。地元で獲れた新鮮な魚を刺身にし、しゃぶしゃぶで食べるというぜいたくな料理だ。 発想はいたってシンプル。同ホテ...