ご当地グルメ一覧

フジ観光の「上ちゃんぽん」
食堂ごりらくんの「チャンポン」味楽食堂の「特チャンポン」
里海隊
ご当地グルメ

八幡浜ちゃんぽん (八幡浜市)

港町ならではの海の幸がたくさん詰まったソウルフード
本場・長崎に負けない味が八幡浜にある。四国の西の玄関口である八幡浜のソウルフードとして知られるのが『八幡浜ちゃんぽん』だ。トンコツベースの『長崎ちゃんぽん』に対して、カツオや昆布など海の幸をふんだんに使ったスープが特徴。 市内には八幡浜ちゃんぽんを提供している店は50数軒あり、港町らしい味を基本に各店がそれぞれの味を生み出している。食べ比べをしてもおもしろいだろうということで、市内のちゃんぽ...

太刀魚巻
炭火で焼く店頭でこんがりと焼いている
里海隊
ご当地グルメ

太刀魚巻 (宇和島市)

年間を通して変わらない味。すべて手作業で巻いて焼く吉田町名物
離れた場所からでも、香ばしいたれの匂いが風に乗って鼻に届いた。宇和島市吉田町のレンガ通り商店街の近くに、『河合太刀魚巻店』があった。食欲をそそる匂いに誘われるがまま近寄ってみると、店頭で看板商品の『太刀魚巻』を焼いている。竹の棒に巻かれたタチウオを特製のたれに漬け込んで、炭火でこんがりと焼いていた。 「さあ、食べてみて」と店長の河合さんに勧められるがまま、ガブリと食いついた。甘辛いたれで焼か...

釜揚げしらす
宇和海の恵みもりだくさんセット釜ゆでする前の生しらす
里海隊
ご当地グルメ

釜揚げしらす (伊方町)

水揚げされたばかりのしらすを釜ゆで
目の前に広がる宇和海で水揚げされたばかりのしらすをたくさん食べられる。佐田岬半島に位置する伊方町の『お食事処宇和海』にやってきた。漁を行い、海産物を販売する『木嶋水産』が直接経営する食堂で『釜揚げしらす』をふんだんに使った『宇和海の恵みもりだくさんセット』をいただいた。釜揚げしらすはもちろん、かき揚げやスープもついてくる。まさにしらす尽くしである。 一番の魅力は食べ放題という点だ。釜揚げされ...

やまこうどん
やまこうどん常連さんと歓談
里山隊
ご当地グルメ

やまこうどん (宇和島市)

なかなか食べられない幻の絶品うどん
早朝5時開店、午前9時閉店。こんな一風変わった営業時間のお店があると聞きつけ、宇和島市錦町の『やまこうどん』に立ち寄った。通常の商店が開く午前9時に閉店して、かつ見つけにくいその立地のために「幻のうどん」とも呼ばれている。 住所は小さな川沿いの住宅街の一角。看板ものれんもないので、店を探すのにもひと苦労。一見普通の民家のように見えるが、この早朝の時間帯にもかかわらず、ひっきりなしに人が出入り...

海鮮七輪バーベキュー
好きな海鮮類をチョイス赤身が特色の瀬戸貝
里海隊
ご当地グルメ

海鮮七輪バーベキュー (今治市)

しまなみの絶景を見ながら新鮮な魚介類を楽しむ
しまなみの絶景を眺望できる最高のロケーションで、海の幸をみんなでワイワイ言いながら楽しくいただける。今治市の来島海峡大橋を渡ってすぐ、大島の南側にある道の駅『よしうみいきいき館』の人気メニューが『海鮮七輪バーベキュー』だ。瀬戸内海や宇和海で獲れた新鮮な魚介類を七輪で焼いて食べることができる。家族づれや団体客に好評のメニューのひとつでもある。 7種類以上の魚介類に鯛めしがついた3タイプのおまか...

ほっちょ鶏の焼き鳥
ほっちょ鶏のたたきてんやわんやのほっちょ鶏料理
里山隊
ご当地グルメ

ほっちょ鶏の焼き鳥 (東温市)

食べて初めて分かるうまさの違い
食べて初めて分かることがある。『ほっちょ鶏』は『媛っこ地鶏』と同系統の肉用地鶏。東温市の『奥松瀬川ほっちょ鶏グループ』が育てた地鶏がブランド化された。おいしい料理を手軽に食べられるのが『てんやわんや東温店』だ。 入り口を入ってすぐのところにガラス張りになった炭火調理スペースがあり、鶏を焼く香ばしい匂いが店の外にまで広がる。炭火の上で焦げていくたれの匂いが胃袋を刺激する。 店長の本村信行...

キジ丼
キジ丼成川渓谷休養センター
里山隊
ご当地グルメ

キジ丼 (鬼北町)

西京味噌に漬け込んだ熟成キジ肉のどんぶり
鬼北町では高麗(こうらい)きじを『鬼北熟成雉(きじ)』としてブランド化。キジの町として、年間3万羽規模の産地形成を目指している。現在、町内での生育数は約1万2000羽と、同町の人口よりも多い。町ではキジ肉の周知のために「キジ鍋祭り」や「ピザ祭り」などのイベントを開催し、キジ鍋やキジ飯、キジそばなどを提供。毎回多くの観光客が集まり、キジ料理は観光の目玉となっている。 イベントにキジ料理を提供し...

炙ブリ丼定食
あぶったブリが丼を覆い尽くしている派手なのれんは大漁旗
里海隊
ご当地グルメ

炙ブリ丼定食 (宇和島市)

宇和島市沖で養殖された「戸島一番ブリ」をぜいたくに使ったどんぶり
まるで上質なステーキ丼を食べているような感覚になった。ブリ料理を食べたくなり、宇和島市の恵美須町2丁目商店街にある『鰤(ブリ)料理とじま亭』に立ち寄った。数あるメニューのなかから『炙ブリ丼定食』を注文。同市の沖合にある戸島で養殖された『戸島一番ブリ』をぜいたくに使った一品だ。運ばれてきた時、ほのかに甘いたれのにおいがどんぶりから漂ってきた。 切り身を軽くあぶっていて、どんぶりを覆い尽くすよう...

アコヤ貝の塩コショウ炒め
勾玉状の形をしたアコヤ貝の貝柱アコヤ貝の貝柱
シンプルに調理されたアコヤ貝の貝柱料理
小さな鍋のなかで、少しずつ染み出し始めた汁が食欲を高めてくれる。そして、漂うにおいをかいでいるだけで、おなかが満たされそうになる。看板メニューの『アコヤ貝の塩コショウ炒め』を、ご主人の芝磯美さんに目の前で調理してもらった。「味付けは塩とコショウだけ。シンプルが一番だよ。さあ、食べて、食べて」と、満面の笑みで勧めてくれた。   宇和島市の三浦半島に位置する下波(したば)地区にある食堂『いかだ屋』...

なべ焼きうどん
柔らかい麺で食べやすい昭和を感じさせる雰囲気の店内
里海隊
ご当地グルメ

なべ焼きうどん (松山市)

家庭の食事に出てきそうなやさしい味
両手に取っ手のある小さな鍋でグツグツと煮込んだうどんが運ばれてきた。湯気が立ち上り、甘い香りが鼻腔をくすぐる。ちくわにかまぼこ、ナルト、半熟卵、牛肉、青ネギ。具材はいたってシンプル。うどんは柔らかくて食べやすく、昆布とアジ、サバなど数種類の削り節、しょうゆから取った出汁には砂糖が入っているので少し甘めだ。なるほど、『みなと食堂』の『なべ焼きうどん』は、家庭の食事に出てきそうなやさしい味だった。 ...