ご当地グルメ一覧

川之江味噌
原材料のかえりいりこおにぎりにのせて食べるとおいしさ倍増
里海隊
ご当地グルメ

川之江味噌 (四国中央市)

燧灘のかえりいりこを地元食材でアレンジ
地元のさまざまな味がギュッとひとつになった。潮風が漂う燧灘(ひうちなだ)を一望できる四国中央市の川之江漁協を訪れた。イワシ網漁は地場産業として盛んで、特に『かえりいりこ』がたくさん獲れることでも知られる。同漁協の職員ら女性メンバーで構成される『シープロジェクト ひうちの海ごはん』では、地元の特産品を使って『川之江味噌』を製造・販売。地産地消をモットーに掲げて、積極的にPRしている。 代表の石...

キジセイロ
食べ終わったつゆを持ち帰る人もキジの脂がネギの甘みを引き出す
里山隊
ご当地グルメ

キジセイロ (鬼北町)

鬼北のキジと江戸前そばが生む奥行きのある旨味
北宇和郡鬼北町の特産品の1つにキジがある。その肉はさっぱりしながらも芳醇なうま味と脂を持ち、高たんぱく低カロリーと栄養バランスも良い。鬼北町は2001年度に「きじ工房」を設立、年間3万羽ほどのキジを飼育・出荷している。 そのキジ肉を使った『キジセイロ』を食べられるのが、同じく鬼北町にある『そば処ほそ川』。以前は居酒屋を経営していたというオーナーの細川清人さんが腕を振るう同店でも、屈指の人気メ...

キジ丼
キジ丼成川渓谷休養センター
里山隊
ご当地グルメ

キジ丼 (鬼北町)

西京味噌に漬け込んだ熟成キジ肉のどんぶり
鬼北町では高麗(こうらい)きじを『鬼北熟成雉(きじ)』としてブランド化。キジの町として、年間3万羽規模の産地形成を目指している。現在、町内での生育数は約1万2000羽と、同町の人口よりも多い。町ではキジ肉の周知のために「キジ鍋祭り」や「ピザ祭り」などのイベントを開催し、キジ鍋やキジ飯、キジそばなどを提供。毎回多くの観光客が集まり、キジ料理は観光の目玉となっている。 イベントにキジ料理を提供し...

ガンス
やはり揚げたてが一番うまいおしゃれなショーケースに30種ほどの商品
里海隊
ご当地グルメ

ガンス (伊予市)

プリプリの食感、サクサクの衣。おかずに、おやつに、お酒のおともにも
古い木造駅舎が残る伊予鉄道・郡中線松前駅。全国の電車マニアに密かな人気を誇るこの駅を、2駅通り過ぎた郡中駅の裏手には、朝早くから揚げ物のおいしい匂いが漂う。 「いつも朝早くに来てくれるお客さんがおるんよ」。先代の叔父から店を継いで15年、『からき天ぷら店』の谷村社長が微笑む。伊予店の店先にはアンティーク調のかわいらしいショーケースがあり、天ぷらやコロッケが整然と並ぶ。30種類ほどある豊富なメ...

キジカレー
鬼北きじカレー(レトルト)道の駅 森の三角ぼうし
里山隊
ご当地グルメ

キジカレー (鬼北町)

本格派インドカレーでキジ肉をもっと身近に
キジ肉は日本では古くから高級食材として食べられてきた。しかし、近年では生殖数が減少し、安価なブロイラーの普及で、一般家庭の食卓に上る機会は少なくなった。 日本最後の清流と言われる四万十川の支流、広見川の流域に開けた鬼北町は、高麗(こうらい)きじを『鬼北熟成雉(キジ)』としてブランド化。「古(いにしえ)の味を食卓へ」を合言葉に、キジの町として気勢を上げている。鬼北町きじ生産者部会では飼育マニュ...

かわはぎの串揚げ(てんぷら)
かわはぎの串揚げ(フライ)釣りファンにも人気のカワハギ
里海隊
ご当地グルメ

かわはぎの串揚げ (愛南町)

釣りファンにも人気の魚を商品化
愛南町といえば、真鯛やブリなどが全国的にも有名だが、カワハギも多く獲れることをご存じだろうか。1年を通して水揚げされ、県内外から多くの釣りファンが足しげく訪れることでも知られる。リアス式海岸沿いに走る県道292号から見渡せる波穏やかな内海がカワハギの生息地。グルメイベントなどで出店している『千尋丸』は、新鮮な白身を加工して『かわはぎの串揚げ』を販売している。 店主の平田さんは「ウチでは獲れた...

パールうどん(げそ天、半熟たまご天)
真珠のようにつやつやとした麺イリコやかつおぶしなど、出汁にもこだわり
里海隊
ご当地グルメ

パールうどん (宇和島市)

アコヤ貝の貝殻の粉を練り込んだうどん
これぞ、真珠のまちならではのうどんと言える。宇和島市の国道56号を愛南町方面へと走ると、宇和海のように真っ青で真珠のような絵のなかに「うどん じゅじゅ」と書かれた派手な看板が見えてくる。2013年12月にオープンしたばかりの『壽々製麺所』では、真珠の母貝であるアコヤ貝の貝殻から取り出した粉を麺に練り込んだ『パールうどん』を提供している。真珠貝にはカルシウムやアミノ酸が豊富に含まれており、健康にもい...

UFOじゃこ天
なかにはすり身がたっぷり仕上げに岩塩をふりかける
里海隊
ご当地グルメ

UFOじゃこ天 (伊予市)

伊予灘に現れたおいしい未確認飛行物体
伊予市双海町にある人気スポット『ふたみシーサイド公園』。美しい夕景と、地元の産品が楽しめるこの公園で、密かな人気を集めているのが『UFOじゃこ天』だ。ハート型のじゃこ天『ラヴじゃこ天』も人気だが、UFOじゃこ天は名前の通りの空飛ぶ円盤型。丸めた魚のすり身を、餃子の皮2枚で挟んで包み揚げている。ユニークな形状が話題を呼び、テレビや新聞などのメディアで取り上げられることも多い人気商品だ。 サック...

ほうたれ丼
漬物などもついてくる半分は出汁をかけてお茶漬け風に
里海隊
ご当地グルメ

ほうたれ丼 (松山市)

新鮮で希少価値のあるホウタレイワシを使ったどんぶり
現地で食べてこそ、価値がある。そう言われる海の幸が『ホウタレイワシ』だ。「ほおが垂れるほどうまい」というところから名前がついており、愛媛では『カタクチイワシ』のことをそう呼んでいる。瀬戸内海で獲れるが、ここ数年、漁獲量が少ないうえに、傷むのが早いことでも知られる。この貴重な魚を使ったどんぶりが食べられると聞き、松山市内の中心地にある『桃李花(とうりか)』を訪れた。ランチで食べられる『ほうたれ丼』が...

鯛ピザロール
真鯛の入った春巻きを網で焼いて調理ゆらり内海のレストラン
里海隊
ご当地グルメ

鯛ピザロール (愛南町)

特産の真鯛を使った新感覚スナック
真鯛が「イタリア風料理」になった。そんな新感覚料理が愛南町にある。須ノ川公園の目の前にある温泉&レストラン『ゆらり内海』で食べられる『鯛ピザロール』だ。ファストフード風の料理で、鯛カツ丼『タイレッ丼』とともに、同店の人気メニューのひとつ。味わったことのない食感を楽しめると聞いて、ワクワクしながら注文した。 さっそく、半分に割ってみる。香ばしく焼けた春巻きが食欲をそそる。皮の中には鯛の切り身と...