ご当地グルメ一覧

ヒオウギ貝の刺身
カラフルな貝殻が特徴のヒオウギ貝ヒオウギ貝の内臓を切除
里海隊
ご当地グルメ

ヒオウギ貝の刺身 (愛南町)

カラフルな海の宝石のなかで育った、ほんのり甘い貝柱
キャンプを楽しめることでも有名な須ノ川公園から右手に宇和海を眺めながら愛南町中心部へ向かうと『民宿ビーチ』が見えてくる。同町は全国でも有数のヒオウギ貝の生産地で知られる。食べるなら、やっぱり獲れたてをいただきたい。迷わず『ヒオウギ貝の刺身』を注文した。 赤、黄、紫とカラフルな貝殻に、まず驚かされた。貝柱はホタテをひと回り小さくしたもののようだ。店主の瀧岡さんは「初めてのお客さんは貝殻の色にび...

真珠丼
刺身と味噌汁付きアコヤ貝の貝柱
里海隊
ご当地グルメ

真珠丼 (宇和島市)

肉厚で弾力のあるアコヤ貝の貝柱を使用
宇和海で獲れる真珠の母貝であるアコヤ貝の貝柱をぜいたくに使ったどんぶりが、宇和島にあることを聞いた。宇和島市の中心街から国道56号を松山方面へ車で約10分走ると、『真珠会館』が見えてくる。館内にある『ハイウェイレストラン宇和島』では海の幸を使った多くの料理を提供しており、一番興味をひかれたのが『真珠丼』だった。迷わず注文。 どんぶりのごはんが隠れるほど、アコヤ貝の貝柱を惜しみなく使用。新鮮な...

どーや丼
特製醤油をかけていただくどーや食堂に隣接するどーや市場
里海隊
ご当地グルメ

どーや丼 (八幡浜市)

新鮮なネタ12種類がのった豪華海鮮丼
たくさんの新鮮な海の幸を一度に食べられるという、ぜいたくなどんぶりが八幡浜市にあると聞き、八幡浜港近くにある道の駅「八幡浜みなっと」を訪れた。八幡浜魚市場で水揚げされた魚介類を販売する『どーや市場』の隣に、同市場の直営店『どーや食堂』が2014年3月にオープン。看板メニューが特製海鮮丼である『どーや丼』。その日に獲れたばかりの新鮮な魚介類を中心に10~12種類が使われており、1日20食の限定メニュ...

川之江味噌
原材料のかえりいりこおにぎりにのせて食べるとおいしさ倍増
里海隊
ご当地グルメ

川之江味噌 (四国中央市)

燧灘のかえりいりこを地元食材でアレンジ
地元のさまざまな味がギュッとひとつになった。潮風が漂う燧灘(ひうちなだ)を一望できる四国中央市の川之江漁協を訪れた。イワシ網漁は地場産業として盛んで、特に『かえりいりこ』がたくさん獲れることでも知られる。同漁協の職員ら女性メンバーで構成される『シープロジェクト ひうちの海ごはん』では、地元の特産品を使って『川之江味噌』を製造・販売。地産地消をモットーに掲げて、積極的にPRしている。 代表の石...

伯方の塩ラーメン
細麺と細切り昆布を一緒にいただくパック詰めした商品も販売
里海隊
ご当地グルメ

伯方の塩ラーメン (今治市)

塩田の町で生まれたラーメン
塩田の町ならではラーメンだ。瀬戸内海に浮かぶ島々のひとつ、伯方島。しなまみの風景を眺めながら県道317号を走ると『伯方の塩ラーメン さんわ』が見えてきた。テレビCMなどでもおなじみの『伯方の塩』を使ったラーメンを食べられることで知られている。椅子に座るなり、迷わず『伯方の塩ラーメン』を注文した。 運ばれてきた丼のなかのスープは下にある細麺がはっきりとわかるほど透き通っている。細切りにした昆布...

イノシシちゃんコロッケ
イノシシちゃんコロッケししの里せいよ
里山隊
ご当地グルメ

イノシシちゃんコロッケ (西予市)

サクッとおいしいイノシシ肉入りコロッケ
コロッケの体にジャガイモの鼻。小さな目は黒豆製。かわいらしい『イノシシちゃんコロッケ』は西予市獣肉処理施設『ししの里せいよ』の一押しフードだ。粗挽きイノシシ肉に、ジャガイモやタマネギを合わせたシンプルレシピながら、イベント時にはキッチンカーに人だかりができるほどの人気を誇る。イノシシ肉のおいしさを知ってもらいたいからと、どんなに忙しくともその場で揚げるスタイルにこだわる。 西予市では、野生の...

小魚のオリーブオイル煮
宇和海ヒメチオリーブオイル煮 赤いオイル原材料のヒメチ
未利用魚、低利用魚を有効利用したエコ商品
エコの思いから生まれた。八幡浜港近くの道の駅『八幡浜みなっと』内にある『アゴラマルシェ』を訪れた。八幡浜市は四国有数の水揚げ量を誇る。2隻の船を使い、ひとつの網を引くトロール漁業(底引き網漁)が有名だが、市場にはあまり出回らない未利用魚や低利用魚を使って開発されたのが『小魚のオリーブオイル煮』。ヒメチ2種類とカタクチイワシ、ホタルジャコの計4種類で、同施設のオリジナル商品だ。 マネジャーの尾...

よもぎうどん
色鮮やかな緑色に茹で上がる道の駅 天空の郷さんさん
里山隊
ご当地グルメ

よもぎうどん (久万高原町)

手摘みよもぎを麺に練りこんだ香り高いうどん
都会の道はすべて舗装され、小学生が通学中に土の部分を歩くことがなくなったと言われてから久しいが、山あいの町・久万高原町では今も里山の豊かな自然を楽しむことができる。この町に手摘みのよもぎを練りこんだうどんがあると聞き、足を伸ばした。 「久万高原町では、どこの畔(あぜ)にも空き地にも、よもぎがかたまりになって生えています。昔からよもぎはぼた餅にも入れるし、おまんじゅうにも柏餅にも入れます。寒暖...

マハタラーメン
マハタのアラと大三島産レモン白身といっしょに麺をいただく
里海隊
ご当地グルメ

マハタラーメン (今治市)

幻の高級魚を使ったラーメン
宇和海で獲れた「幻の高級魚」がしまなみ海道で食べられる。そんな情報を聞きつけ、瀬戸内海に浮かぶ今治市・大三島の道の駅『多々羅しまなみ公園』にやってきた。レストランでは、愛媛県内で愛情を込めて生産している魚『愛育フィッシュ』のひとつ、マハタを使った料理を提供。どんぶりものや薄造りなど数あるメニューのなかから『マハタラーメン』を注文した。 ラーメンの上には、あぶったマハタの頭部のアラがのっている...

炙ブリ丼定食
あぶったブリが丼を覆い尽くしている派手なのれんは大漁旗
里海隊
ご当地グルメ

炙ブリ丼定食 (宇和島市)

宇和島市沖で養殖された「戸島一番ブリ」をぜいたくに使ったどんぶり
まるで上質なステーキ丼を食べているような感覚になった。ブリ料理を食べたくなり、宇和島市の恵美須町2丁目商店街にある『鰤(ブリ)料理とじま亭』に立ち寄った。数あるメニューのなかから『炙ブリ丼定食』を注文。同市の沖合にある戸島で養殖された『戸島一番ブリ』をぜいたくに使った一品だ。運ばれてきた時、ほのかに甘いたれのにおいがどんぶりから漂ってきた。 切り身を軽くあぶっていて、どんぶりを覆い尽くすよう...