ご当地グルメ一覧

たべ鯛
たべ鯛バーガー(左上)や照りてり寿司も人笑顔で応対する遊子漁協女性部のみなさん
里海隊
ご当地グルメ

たべ鯛 (宇和島市)

鯛の身がギッシリ詰まった、思わず食べたくなる「鯛焼き」
商品名を見たら、思わず食べたくなる人も多いはずだ。その名もズバリ『たべ鯛』。遊子(ゆす)漁協女性部が販売する看板商品のひとつ。キッチンカー『ゆすの台所』で県内外のイベントに駆けつけ、遊子の魚を使った商品を販売している。そのなかでも一二を争う人気を誇るのが、たべ鯛である。 代表の山内さんが「女性部のみんなでおしゃべりをしていた時、鯛の形をした焼きおにぎりを見て、誰かが“それ食べたいね”って言っ...

アジのすり身コロッケ
オレンジ色がかったパン粉をまぶしてあるアジのすり身コロッケを揚げる河合さん
里海隊
ご当地グルメ

アジのすり身コロッケ (宇和島市)

新鮮なアジでつくったスパイシーなコロッケ
太刀魚巻で有名な宇和島市吉田町の『河合太刀魚巻店』には『アジのすり身コロッケ』がある。これまで聞いたことのない味を試してみたいと思い、レンガ通りから1本入ったところにある店に立ち寄った。店頭に入ると「いらっしゃい!」の元気な声が響き渡る。目の前で、店長の河合さんがコロッケを揚げていた。 丸くて平らに形づくられたアジのすり身には、ジャガイモや玉ねぎなどの野菜も入っている。少しオレンジ色がかった...

残酷焼き
生きたままの貝類を網の上にのせていく独自にブレンドしたしょうゆで味付け
里海隊
ご当地グルメ

残酷焼き (伊方町)

生きたままの魚介類を網焼きする豪快料理
料理名を聞いたら、ほとんどの人が驚くかもしれない。国道197号、通称・佐田岬メロディーラインを佐田岬方面へと走ると、四国最西端に位置する伊方町の『民宿大岩』に到着した。当宿の名物料理が『残酷焼き』で、宇和海で獲れたばかりの新鮮な魚介類を焼いて食べるという。四国最西端の宿でいただく豪快な料理ってどんな料理なんだろう? 好奇心半分、恐怖心半分を抱いたまま、夕食の席に座った。 ご主人の大岩さんが網...

じゃこカツ
しっかりとした食べ応え揚げたてをそのまま食べるのが最高
里海隊
ご当地グルメ

じゃこカツ (伊方町)

ガッツリとした食べ応え!カツ風じゃこ天
国道197号、佐田岬。吹き抜けるさわやかな風と美しい風景が堪能できる、メロディーライン沿いにある道の駅『きらら館』。駐車場には、みかんジュースやじゃこ天の製造・販売を手がける『クリエイト伊方』の直売所『伊方じゃこ天 きらら店』が常設されており、揚げたての『じゃこカツ』やアイスクリームなどが楽しめる。 じゃこカツとは、「ハランボ」とよばれるホタルジャコのすり身に、たまねぎ、ごぼう、にんじんを混...

かめそば
ちりめんやムロアジの削り節とともに焼き方など調理法は門外不出
里海隊
ご当地グルメ

かめそば (松山市)

不思議な食感を楽しめる幻のそば
ソース焼きそばでもない。中華あんかけそばでもない。そんな不思議な食感を楽しめるそばがある。それも、全国でも松山市内の1カ所でしか食べられない。飲食店街である二番町の『かめそば じゅん』を訪れ、名物の『かめそば』を注文した。元警察官という異色の経歴を持つご主人・曽根さんが、かつて40年以上にわたって市民に愛されていた伝統の味を復活させた。常連さんの間では「幻のかめそば」と呼ばれているそうだ。 ...

鉄鍋 海鮮塩ほうろく焼き
ダッチオーブン蒸し焼き状態になるため、鯛の身はホクホク
里海隊
ご当地グルメ

鉄鍋 海鮮塩ほうろく焼き (今治市)

今治の郷土料理をダッチオーブンで
瀬戸内の海の幸を新感覚の料理法で食べられると聞きつけ、しまなみ海道の愛媛県側の玄関口、今治市のカフェレストラン『風のレストラン』を訪れた。大きな窓の向こう側にある来島海峡大橋や瀬戸内海を眺めながらの食事を楽しめることで知られる。地元の食材を使った料理がメニューに並ぶなかから『鉄鍋 海鮮塩ほうろく焼き』を注文した。来島水軍が戦勝の際に食べていたと言われる今治の郷土料理『ほうろく焼き』をダッチオーブン...

ロケットうどん
店主自慢のねぎ豚うどんロケット
本格うどん屋のソース味焼うどん
『ロケットうどん』の店舗は、ぐるりと田んぼに囲まれた町外れの一角にある。国道11号を挟んで、目の前には燧灘(ひうちなだ)が広がり、背後は法皇山脈の山すそに接している。 創業36年目のロケットうどんは、四国中央市豊岡町のこの地に移ってきて9年目になる。先代店主高橋ヨネさんが種子島出身なので、店名が「ロケットうどん」。店内には宇宙服を着た人形やロケットの発射の瞬間の写真が所狭しと飾られている。現...

タチウオの骨せんべい
浜のかあちゃん たちせんべい原材料のタチウオ
里海隊
ご当地グルメ

タチウオの骨せんべい (伊方町)

豊予海峡で獲れたタチウオがスナックに
海の恵みをムダなく利用したせんべいだ。四国最西端の佐田岬半島に位置する伊方町。漁場は瀬戸内海と関門海峡からの潮流が交じり合う豊予海峡で『三崎漁業協同組合』では『岬(はな)あじ』『岬さば』をブランド魚として全国の市場に出荷している。同時に、多くの水揚げを誇るのがタチウオで、同漁協では『タチウオの骨せんべい』を『浜のかあちゃん たちせんべい』として製造・販売している。 加工主任の梶原さんは「お父...

やまこうどん
やまこうどん常連さんと歓談
里山隊
ご当地グルメ

やまこうどん (宇和島市)

なかなか食べられない幻の絶品うどん
早朝5時開店、午前9時閉店。こんな一風変わった営業時間のお店があると聞きつけ、宇和島市錦町の『やまこうどん』に立ち寄った。通常の商店が開く午前9時に閉店して、かつ見つけにくいその立地のために「幻のうどん」とも呼ばれている。 住所は小さな川沿いの住宅街の一角。看板ものれんもないので、店を探すのにもひと苦労。一見普通の民家のように見えるが、この早朝の時間帯にもかかわらず、ひっきりなしに人が出入り...

照りてり寿司
たべ鯛(右上)やたべ鯛バーガーも人気キッチンカー「ゆすの台所」
里海隊
ご当地グルメ

照りてり寿司 (宇和島市)

宇和島市遊子地区で獲れたブリでつくったオリジナル寿司
地元愛から誕生した商品だ。宇和島市の遊子(ゆす)地区は真珠とともに、全国でも有数のブリの養殖生産量を誇っている。遊子漁協女性部のキッチンカー『ゆすの台所』では、そんなお母ちゃんたちの思いがたくさん詰まった『照りてり寿司』が販売されている。ブリ好きにはたまらない商品のひとつ。さっそく購入しようと、立ち寄ってみた。 特製の甘いたれで照り焼きにしたブリの切り身が酢飯の上に置かれている。一見、押し寿...