ご当地グルメ一覧

とらやのクッキー
とらやのクッキーとらや一甫菓舗
里山隊
スイーツ

とらやのクッキー (西条市)

西条市民の贈答の定番
『とらや一甫菓舗』は西条市民にはなじみの深い老舗菓子店だ。『とらやのクッキー』の詰め合せは贈答やちょっとした手土産の定番で、西条市民の家庭では、化粧箱が小物入れとして再利用されていることも多いそうだ。 誰にでも愛される素朴な味は、長らく市民の圧倒的な支持を得ている。店主の小野さん親子は、毎日5000個以上も焼きあげる。粉と砂糖をなじませるために、ひと晩寝かせたクッキー種を、ひとつひとつ型で抜...

よし乃餅
よし乃餅箱入りよし乃餅
里山隊
スイーツ

よし乃餅 (西条市)

遠い昔のお遍路さんも食べた味
周桑平野の南東部、石鎚山のお膝元、西条市小松町。国道は大型車も行きかうが、住宅街の中に田畑が点在するのどかな風情の町だ。『よし乃餅本舗めしや菓舗』はそんな町の一角、讃岐街道沿いにある。1838年創業、現在の店主が7代目となる老舗和菓子店だ。 屋号を冠した『よし乃餅』は、なめらかなこし餡を求肥(ぎゅうひ)でくるんだ一口サイズの素朴な餅菓子。大和国の老高僧から『よし乃』というお婆さんが、時の帝に...

茹で上がったばかりのウインナー
腸詰の所々をねじっていく中央がウインナーメーカー
肉の違いが味の違い、自分の舌で確かめる本物の味
西条市丹原町の山あいにたたずむ『バーベキューレストラン・ももくり三年かき八年』。町内が一望できる眺めのよさ、食べればわかる素材の良さがうけて、土・日曜日ともなると家族連れで盛況だ。同店の豚肉は西条市の清涼な水と、パン粉、米ぬか、小麦粉、トウモロコシ、大豆かすなど天然素材をブレンドした自家飼料で育てられた『ももくり豚』のみを使用している。 レストランで提供されるハムやウインナーは、隣接した『坊...

海のせんべい(卓上タイプ)
こちらは袋入り本社内でも買い物ができる
里海隊
加工食品

海のせんべい (西条市)

魚肉すり身に海苔を合わせたサクサクのせんべい
燧灘(ひうちなだ)にほど近い、西条市朔日市(ついたち)地区。遠浅の海岸に渦井川が流れ込み、かつて海苔の養殖で大いに栄えた土地だ。現在は埋め立てが進み工場地となっており、海苔の養殖は養殖技術の進歩とともに沖合いへと移動している。 『ヤマアイ』ブランドで知られる『愛媛海苔』は昭和36年、地元名士たちの出資により設立された。良質の海苔で人気を集め、かつてこの地を訪れた画家・山下清も同社に立ち寄った...

生ゆば
うちぬき水を使ってつくられた豆腐加藤さんが精魂込めてつくった豆腐
里山隊
食材

生ゆば (西条市)

名水から生まれた上品な味
名水百選にも選ばれた「うちぬき水」は、石鎚山を源泉とし、西条市全域を潤す。「いびがわミズみずフェスタ実行委員会」主催の「全国利き水大会」では「うちぬき」が2年連続(1995、96年)おいしい水全国1位に選ばれた。 西条市大町にある『加豆(かとう)』は、この清涼な水をふんだんに使った各種豆腐や湯葉、豆乳を製造している。社長の加藤豊史さんはこの道に入って約30年。創業時は豆腐と厚揚げを主体に製造...

ケルンのスパゲッティナポリタン
ケルンのスパゲッティナポリタンステーキハウスケルン
里山隊
ご当地グルメ

西条てっぱんナポリタン (西条市)

アツアツの鉄板の上で湯気を上げるご当地スパゲッティ
「ふ~ふ~して、ゆっくり、お上がり。」これが『西条てっぱんナポリタン』のキャッチフレーズ。『西条てっぱんナポリタン友の会』のテーマソング『ふ~ふ~ナポリタン』の一節でもある。 西条市で古くから愛されてきた喫茶店の定番メニュー、「スパゲッティナポリタン」。これを同市の目玉にしようと、西条てっぱんナポリタン友の会が発足した。やけどしそうなくらい熱い鉄板皿に、山盛りのスパゲティ。これが西条てっぱん...

あんぽ柿
あんぽ柿(レギュラー)東予園芸農業協同組合あんぽ柿加工施設
里山隊
加工食品

あんぽ柿 (西条市)

ねっとり甘い半生ドライフルーツ
民家の軒先に縄につるされた干し柿が、秋の里山に彩りを添える。愛媛県西条市は、果樹農家の多い地域で、渋柿生産量は県内一。市内にある東予園芸農業協同組合では、西条産渋柿を使った『あんぽ柿』を製造・販売している。 あんぽ柿は、福島県発祥の干し柿の一種。表面に白く粉が吹く、硬めの干し柿「枯露柿(ころがき)」と区別して、柔らかい干し柿をあんぽ柿と呼ぶ。天干柿(あまぼしかき)が、なまってあんぽ柿と呼ばれ...

パン豆
ひなのやのパン豆は固めてあり食べやすいひなのや
里山隊
スイーツ

パン豆 (西条市)

米を爆(は)ぜさせた伝統菓子がリニューアル
高縄半島の一角を占める西条市丹原町は、柿やキウイフルーツの産地、そして石鎚山からあふれ出す潤沢な伏流水によって米どころとしても知られている。田園風景が広がる平野部と四国山地の山麓が緩やかに傾斜してつながる町だ。 西条市近郊には『パン豆』と呼ばれ、昔から婚礼の引き出物に使用されるなど、郷土に根付いた菓子がある。米を穀類膨張機と呼ばれる圧力釜で加圧し、爆発音を伴いながら弾けさせた菓子で、この音か...

黒ばらのり
焼く前の黒ばらのり(左)と焼いた後のものお茶漬けにしてもおいしい
里海隊
加工食品

黒ばらのり (西条市)

栄養豊富な干潟で育った海苔
瀬戸内海中央部に位置する西条市の燧灘(ひうちなだ)の海岸沿いを走っていると、広大な海苔養殖場が見えてくる。全国でも数少ない栄養豊富な干潟漁場で生産されているのが『黒ばらのり』。海苔の販売を手掛ける『株式会社タツノコ』が商標登録して生産。特殊な機械で焼き上げた『焼きばらのり』は同社の看板商品でもある。 燧灘の干潟では、潮が引くと海苔の光合成が行われ、柔らかい海苔になる。リンや窒素を含んだ多くの...

西条いもたき
西条いもたき西条いもたきセット
里山隊
郷土料理

西条いもたき (西条市)

西条の初秋を彩る風物詩
他府県にもその名のとどろく勇壮果敢な『西条祭り』。この祭りが行われる加茂川の河川敷では、毎年8月下旬から10月上旬まで、『西条いもたき』が開催されている。 『いもたき』は愛媛県人にはポピュラーな催し。秋の夜長に月見を兼ねて、屋外で里芋や他の食材を煮込み、それを肴(さかな)に宴会をする。 西条いもたきが始まってから、40年近くになる。いつの間にか、規模は県下でも一番大きいものとなり、20...