ご当地グルメ一覧

伊達にぎり
三間米のおにぎりに牛タンが入っている仙台市から取り寄せている仙台味噌
里海隊
ご当地グルメ

伊達にぎり (宇和島市)

宇和島市と仙台市の食材がコラボ
姉妹都市の宇和島市と仙台市の食材がコラボした商品だ。宇和島市民の憩いの場・和霊公園から国道56号を愛南町方面へと走ると、鶏料理専門店『とり幕府』が見えてくる。今春から販売している『伊達にぎり』は昨秋、宇和島商工会議所青年部が開催した「第1回地にぎりグランプリ」で3位入賞した作品を商品化したもの。仙台藩出身の伊達秀宗が治めた宇和島藩・十万石の歴史をグルメで表現している。 宇和島市特産の麦味噌と...

パールコロッケ
目の前で揚げている1個ずつていねいにつくっている
里海隊
ご当地グルメ

パールコロッケ (宇和島市)

アコヤ貝の貝柱を使った、ちょっぴりぜいたくなお母ちゃんの味
きつね色にこんがり揚がった衣を見ているだけで、よだれが出てきてしまう。宇和島市の道の駅『きさいや広場』で実演販売されている『パールコロッケ』は、真珠貝でもあるアコヤ貝の貝柱を使ったぜいたくな商品だ。出店している『あこやひめ』では目の前で揚げている風景を見ることができる。そして、揚げたてアツアツを食べることができるというのもうれしい。 あこやひめの代表を務める武部さんは「お肉の代わりに貝柱を使...

ぎょぎょーざ
アジのすり身がぎっしり油のなかにに投入
里海隊
ご当地グルメ

ぎょぎょーざ (宇和島市)

常連さんのリクエストから生まれたアジのすり身のぎょうざ
おかずにもなるし、おつまみにもおやつにもなる。そんな新感覚の食べものがあると聞いて宇和島市吉田町にある『河合太刀魚巻店』を訪れた。その店名どおり『太刀魚巻』が看板商品の店だが、2013年10月に新商品『ぎょぎょーざ』を販売したばかりだという。一言で表すなら、地元で獲れたアジのすり身を使った揚げぎょうざ。店内に入ると、香ばしい匂いが漂っていた。 アジのすり身にニラ、ニンニク、しょうがを混ぜ合わ...

なっそ
どぶろくを仕込み中当初の活動拠点だった西村酒造
里山隊
アルコール

なっそ (宇和島市)

町づくりの一環として製造されたどぶろく
宇和島市津島町を流れる岩松川は冬には「しらうお漁」が行われる清流で、毎年1月下旬に開催される「しらうお祭り」は市内外からの観光客でにぎわう。川の東岸の岩松地区には明治、大正、昭和の町並みが残り、小説「てんやわんや」で知られる獅子文六が滞在した旧小西家(大畑旅館)も現存する。当時は山の産物と海の産物との交易が盛んに行われ、かつては「萬楽(東小西酒店))」「金丸(小西酒造場)」「三壽(阿部酒造場)」と...

麦みそ飴
麦みそ飴あめの球断機
里山隊
スイーツ

麦みそ飴 (宇和島市)

ほのかに香る味噌が郷愁を誘う
宇和島の閑静な住宅街に、昔ながらのあめ屋さんがある。植村製菓は創業1937年で『有平糖(ありへいとう)』の専門店だ。現店主は3代目の植村仁(ひとし)さん、42歳。昔ながらの製法を踏襲しながら「植村」のあめの味を次世代に伝えている。 有平糖は金平糖(こんぺいとう)と同じ時期にポルトガルより伝来したあめの一種だが、市販のキャンディとは違い、口どけがやわらかく、やさしい味がする。あめと砂糖の中間を...

宇和島セット
ちらし寿司のおにぎりやじゃこ天も魚介類の惣菜も充実
里海隊
ご当地グルメ

宇和島セット (宇和島市)

一度に宇和島を知ることができる。郷土料理がたくさん入ったお弁当
宇和島の郷土料理を一度に食べたい。そう思っていたら、うってつけの弁当を見つけた。道の駅『きさいや広場』の鮮魚店・田丸屋で『宇和島セット』なる弁当を購入した。これがもう、じゃこ天、じゃこカツ、丸ずし、ふくめんと、郷土料理のオンパレード。さらに鯛の炊き込みごはん、ちらし寿司のおにぎりもついてくる。あれこれ食べてみたい観光客にとっては、非常にありがたい弁当である。 田丸屋の脇坂店長は「ひとつのおか...

太刀魚ちりめん丼
ちりめんや錦糸卵もいっぱい竹の棒から外して食べてもよし
太刀魚巻を豪快に乗せたボリューム感あるどんぶり
豪快に、そしてボリューム感あるどんぶりを食べたいなら『太刀魚ちりめん丼』がオススメと聞いた。JR宇和島駅から歩いて約10分。小さな川沿いにある『郷土料理大衆割烹ほづみ亭』を訪れ、さっそく注文した。竹の棒に巻きつけて特製のタレをつけ、こんがり焼かれた太刀魚巻がどんぶりの上に置いてある。その光景を見ているだけで、おなかが鳴る。 盛りつけも豪快だ。太刀魚巻以外にも、ちりめん、錦糸卵、ガリ、シソなど...

ブリ子のカラスミ
きれいな柿色のブリ子のカラスミブリの卵巣を塩漬け
里海隊
ご当地グルメ

ブリ子のカラスミ (宇和島市)

宇和海のブリの卵巣からつくった珍味
カラスミといえば、一般的にはボラの卵巣を塩漬けした商品を想像するだろうが、宇和島市には宇和海で獲れた特産のブリの卵巣からつくったものがある。国の史跡にも指定されている宇和島城の三の丸跡地にある『海鮮割烹 一心』では『ブリ子のカラスミ』を『宇和島ブリ子』として約7年前から提供。店主の三浦さんの手づくり商品であり、常連客の間では酒のおつまみとしても高い人気を誇っている。 「カラスミって高いでしょ...

みかん鯛
いけすで泳ぐみかん鯛みかんの搾りかすを混ぜ合わせたペレット
里海隊
食材

みかん鯛 (宇和島市)

柑橘王国・愛媛県が生んだ、みかん香がする真鯛
愛媛県の県魚であり、全国1位の生産量を誇る真鯛。目の前に宇和海が広がる宇和島市の水産加工・販売会社「宇和島プロジェクト」では、愛媛をPRする目的の一環で、エサにみかんの皮を使用した養殖魚『みかん鯛』の販売を2013年4月から開始した。既発の『みかんブリ』とともに、同社のブランド魚として全国展開している。 「みかんの皮を使ってブリを育てたのが始まりだが、生産者から、鯛でもできないか? と提案さ...

アコヤ貝の貝柱
勾玉状の形をしたアコヤ貝の貝柱いかだ屋所有のいかだでアコヤ貝を養殖
真珠貝とも呼ばれるアコヤ貝から獲れる海の恵み
宇和海の豊かな恵みがギュッとつまっている。宇和島市は真珠の町として全国的に知られており、その母貝でもある『アコヤ貝の貝柱』は、さまざまな料理で使用されている。貝1個につき1つずつ入っており、一般的には毎年12~2月の3カ月間、真珠の玉を取り出す際の副産物として収穫されている。現在では食用専門のアコヤ貝を養殖しているところも増えてきた。 のどかな風景が広がる下波(したば)地区で食堂『いかだ屋』...