ご当地グルメ一覧

鯛醤油(左奥は鯛魚醤)
ゆら鯛の養殖場で水揚げゆら鯛 塩釜
里海隊
加工食品

鯛醤油 (愛南町)

由良の豊かな海で育った鯛の調味料
複雑に入り組んだリアス式海岸が広がる愛南町の由良半島は、全国でもトップクラスの真鯛の養殖で知られている。由良湾は内海で、黒潮の影響を受けにくい。さらに農業・工業用水の流入がないことから、肉質のいい真鯛を育てることができる。海産物の加工で有名な『宝水産』は抜群の環境で成長した自社ブランド魚『ゆら鯛』を使った『鯛醤油』を製造。家庭でも気軽に宇和海の味を楽しむことができる調味料だ。 営業担当の高山...

ヒオウギ貝の刺身
カラフルな貝殻が特徴のヒオウギ貝ヒオウギ貝の内臓を切除
里海隊
ご当地グルメ

ヒオウギ貝の刺身 (愛南町)

カラフルな海の宝石のなかで育った、ほんのり甘い貝柱
キャンプを楽しめることでも有名な須ノ川公園から右手に宇和海を眺めながら愛南町中心部へ向かうと『民宿ビーチ』が見えてくる。同町は全国でも有数のヒオウギ貝の生産地で知られる。食べるなら、やっぱり獲れたてをいただきたい。迷わず『ヒオウギ貝の刺身』を注文した。 赤、黄、紫とカラフルな貝殻に、まず驚かされた。貝柱はホタテをひと回り小さくしたもののようだ。店主の瀧岡さんは「初めてのお客さんは貝殻の色にび...

カワウソもなか
つぶあんがギッシリカワウソのイラスト入りの包み紙
里海隊
スイーツ

カワウソもなか (愛南町)

天然記念物のニホンカワウソをモデルにした銘菓
国の天然記念物に指定され、愛媛県の県獣にも指定されているニホンカワウソが40数年前、旧御荘町にあった『カワウソ村』でよく見かけられていた。そのカワウソをモデルにした和菓子があると知り、愛南町の城辺地区商店街にある『梶原製菓』を訪れた。軒先にはニホンカワウソの絵が描かれた看板も掲げられ、期待はふくらむばかり。ワクワク気分で店内に入った。 ショーウインドウをのぞくと、まさに天然記念物をかたどった...

愛南ゴールド(河内晩柑)「ゆらり内海」の代表・深堀毅さん
里山隊
加工食品

金の蜜 (愛南町)

愛南ゴールドの完熟ハチミツ
愛媛の里山では春が深まると、甘い香りが漂っていることに気づく。これはミカンの花の香り。愛媛県ならではの春の香りだ。温暖な愛南町は『愛南ゴールド』の日本一の産地である。和製グレープフルーツと言われる柑橘の品種。温州ミカンの花よりもふた回りほど大きな愛南ゴールドの花も、この時期に満開となる。 国内最大手の『吉田農園』で栽培している愛南ゴールドの花のミツだけを集めて作ったのが『金の蜜』。花の種類に...

愛南びやびやかつお丼
新鮮な生卵を溶かしていただく愛南びやびやかつおをさばく店主の宇佐さん
里海隊
ご当地グルメ

愛南びやびやかつお丼 (愛南町)

鮮度抜群の愛南びやびやかつおを使用
旅の楽しみのひとつに、その土地でしか食べられない料理にめぐり合うことがある。愛媛県最南端に位置する愛南町が現在、売り出し中の『愛南びやびやかつお』。早朝に出港したカツオ船が、その日のうちに水揚げした鮮度抜群の魚だ。昼下がり、南レク城辺公園から自転車で約5分の場所にある日本料理店『黒潮海閤(かいこう)』へと自転車を走らせた。 のれんをくぐって店内に入ると「いらっしゃーい!」と威勢のいい声。店長...

愛南ゴールド物語シリーズ
愛南ゴールド物語シリーズ愛南ゴールド物語シリーズ(スイーツ)
愛南ゴールドの天然果汁を潤沢に使用
愛媛県最南端に位置する愛南町。豊かな海の幸を育むリアス式海岸と、山々が隣り合わせに位置する半農半漁の静かな町には、その地名を冠した果物がある。同町が全国1位の生産量を誇り、全国シェアで過半数を占める柑橘『愛南ゴールド』だ。 2008年、愛南町商工会議所を中心にして愛南ゴールドの加工品を商品化するための研究会が発足した。「愛南ゴールドの収穫時期は5月から8月までなので、秋から冬をカバーできる愛...

愛南かき
カゴのなかで大きく育つ栄養分が豊富な御荘湾
里海隊
食材

愛南かき (愛南町)

プランクトン豊富な御荘湾で育った海のミルク
のどかな風景が広がる愛南町で、注目を浴びる海の幸が育っている。宇和海特有の深く入り込んだリアス式海岸沿いを走ると、数多くのいかだが浮かぶ御荘湾にたどり着く。真珠貝と呼ばれるアコヤ貝の母貝とともに盛んに養殖されているのが『御荘かき』。そのなかでも量・質ともに最高級のものが『愛南かき』と呼ばれている。 御荘湾には僧都川(そうずがわ)や蓮乗寺川(れんじょうじがわ)など5本の川が流れ込み、上流付近に...

愛南びやびやかつお
運がよければ解体ショーを見せてくれる船上脱血したきれいな赤身をさばいてくれる
その日に水揚げされ、指定された店でしか食べられない愛南のカツオ
うわさにたがわぬ新鮮さだった。愛南町深浦漁港のすぐそば、愛南漁協深浦本所内にある「市場食堂」で「愛南びやびやかつお」の解体ショーを見学。その日の早朝に水揚げされたばかりのカツオは船上で血抜きされているので変色はなく、鮮やかなピンク色をしている。生魚特有のくさみもなく、見ているだけで、おなかが鳴ってしまう。 さばいてもらったばかりの刺身を甘めのしょうゆでいただく。驚くほどの弾力で、一度では噛み...

タイレッ丼
新鮮な鯛の身をさばく大葉がおいしさの秘密
里海隊
ご当地グルメ

タイレッ丼 (愛南町)

地元小学生のアイデアから生まれた真鯛のカツ丼
一風変わったネーミングに、興味をひかれる。愛南町の須ノ川公園のすぐ目の前にある温泉&レストラン『ゆらり内海』に、同町の特産品でもある真鯛を使ったカツ丼『タイレッ丼』なるものが食べられるという。変わった商品名だったので、由来を聞いてみると、同町の小学生のアイデアで生まれた、ちょっぴりぜいたくなご当地グルメだそうだ。 見た目は普通のカツ丼と変わらないが、漂ってくるのは、文字通り磯の香り。ひと口噛...

赤いあんこのタルト
帆船の絵が入ったパッケージヨーカンパン(右)も人気商品のひとつ
祝いごとにも出てくる縁起のいい和菓子
どこか懐かしさを感じさせてくれる和菓子だ。宇和海を望む愛南町。町のシンボルでもある宇和海展望タワーを見ながら『西海道路』を抜けて船越地区へ。閑静な住宅街のなかに、創業50余年のパン&和菓子店『サカエヤ本舗』が見えてくる。レトロな雰囲気の店内に入ると、一風変わったタルトを見つけた。通常の黒いあんこのタルトの横に並ぶ『赤いあんこのタルト』を購入した。 同店の赤いあんこは通常は白あんに赤い着色料を...