ご当地グルメ一覧

愛南かき
カゴのなかで大きく育つ栄養分が豊富な御荘湾
里海隊
食材

愛南かき (愛南町)

プランクトン豊富な御荘湾で育った海のミルク
のどかな風景が広がる愛南町で、注目を浴びる海の幸が育っている。宇和海特有の深く入り込んだリアス式海岸沿いを走ると、数多くのいかだが浮かぶ御荘湾にたどり着く。真珠貝と呼ばれるアコヤ貝の母貝とともに盛んに養殖されているのが『御荘かき』。そのなかでも量・質ともに最高級のものが『愛南かき』と呼ばれている。 御荘湾には僧都川(そうずがわ)や蓮乗寺川(れんじょうじがわ)など5本の川が流れ込み、上流付近に...

ヒオウギ貝の刺身
カラフルな貝殻が特徴のヒオウギ貝ヒオウギ貝の内臓を切除
里海隊
ご当地グルメ

ヒオウギ貝の刺身 (愛南町)

カラフルな海の宝石のなかで育った、ほんのり甘い貝柱
キャンプを楽しめることでも有名な須ノ川公園から右手に宇和海を眺めながら愛南町中心部へ向かうと『民宿ビーチ』が見えてくる。同町は全国でも有数のヒオウギ貝の生産地で知られる。食べるなら、やっぱり獲れたてをいただきたい。迷わず『ヒオウギ貝の刺身』を注文した。 赤、黄、紫とカラフルな貝殻に、まず驚かされた。貝柱はホタテをひと回り小さくしたもののようだ。店主の瀧岡さんは「初めてのお客さんは貝殻の色にび...

愛南びやびやかつお丼
新鮮な生卵を溶かしていただく愛南びやびやかつおをさばく店主の宇佐さん
里海隊
ご当地グルメ

愛南びやびやかつお丼 (愛南町)

鮮度抜群の愛南びやびやかつおを使用
旅の楽しみのひとつに、その土地でしか食べられない料理にめぐり合うことがある。愛媛県最南端に位置する愛南町が現在、売り出し中の『愛南びやびやかつお』。早朝に出港したカツオ船が、その日のうちに水揚げした鮮度抜群の魚だ。昼下がり、南レク城辺公園から自転車で約5分の場所にある日本料理店『黒潮海閤(かいこう)』へと自転車を走らせた。 のれんをくぐって店内に入ると「いらっしゃーい!」と威勢のいい声。店長...

かわはぎの串揚げ(てんぷら)
かわはぎの串揚げ(フライ)釣りファンにも人気のカワハギ
里海隊
ご当地グルメ

かわはぎの串揚げ (愛南町)

釣りファンにも人気の魚を商品化
愛南町といえば、真鯛やブリなどが全国的にも有名だが、カワハギも多く獲れることをご存じだろうか。1年を通して水揚げされ、県内外から多くの釣りファンが足しげく訪れることでも知られる。リアス式海岸沿いに走る県道292号から見渡せる波穏やかな内海がカワハギの生息地。グルメイベントなどで出店している『千尋丸』は、新鮮な白身を加工して『かわはぎの串揚げ』を販売している。 店主の平田さんは「ウチでは獲れた...

鯛ピザロール
真鯛の入った春巻きを網で焼いて調理ゆらり内海のレストラン
里海隊
ご当地グルメ

鯛ピザロール (愛南町)

特産の真鯛を使った新感覚スナック
真鯛が「イタリア風料理」になった。そんな新感覚料理が愛南町にある。須ノ川公園の目の前にある温泉&レストラン『ゆらり内海』で食べられる『鯛ピザロール』だ。ファストフード風の料理で、鯛カツ丼『タイレッ丼』とともに、同店の人気メニューのひとつ。味わったことのない食感を楽しめると聞いて、ワクワクしながら注文した。 さっそく、半分に割ってみる。香ばしく焼けた春巻きが食欲をそそる。皮の中には鯛の切り身と...

タイレッ丼
新鮮な鯛の身をさばく大葉がおいしさの秘密
里海隊
ご当地グルメ

タイレッ丼 (愛南町)

地元小学生のアイデアから生まれた真鯛のカツ丼
一風変わったネーミングに、興味をひかれる。愛南町の須ノ川公園のすぐ目の前にある温泉&レストラン『ゆらり内海』に、同町の特産品でもある真鯛を使ったカツ丼『タイレッ丼』なるものが食べられるという。変わった商品名だったので、由来を聞いてみると、同町の小学生のアイデアで生まれた、ちょっぴりぜいたくなご当地グルメだそうだ。 見た目は普通のカツ丼と変わらないが、漂ってくるのは、文字通り磯の香り。ひと口噛...

赤いあんこのタルト
帆船の絵が入ったパッケージヨーカンパン(右)も人気商品のひとつ
祝いごとでも食べられる縁起のいい和菓子
どこか懐かしさを感じさせてくれる和菓子だ。宇和海を望む愛南町。シンボルタワーでもある宇和海展望タワーを見ながら県道34号を走ると、創業50余年のパン&和菓子店『サカエヤ本舗』が見えてくる。閑静な住宅街のなかにあり、レトロな雰囲気を感じさせる店内に入ると、一風変わったタルトを見つけた。通常の黒いあんこのタルトの横に並べられている『赤いあんこのタルト』を購入した。 同店の赤いあんこは白あんではな...

熱アツ!ブリさつま
バーナーでブリの身をあぶる若女将の足立さん
里海隊
ご当地グルメ

熱アツ!ブリさつま (愛南町)

地元・久良のブリを使った新感覚の料理
冷たいのが定番のさつまがアツアツで食べられると聞いて、国道56号沿いにある愛南町の郷土料理店『お食事処なにわ』を訪れた。そのメニューのネーミングが分かりやすくていい。『熱アツ!ブリさつま』。地元産の『久良のブリ』をぜいたくに使った新しいご当地グルメだ。 三角の焼きおにぎりの上には、バーナーであぶったブリの切り身がのっている。汁はブリの焼き身をすり鉢で下ろし、地元産の味噌と混ぜ合わせてつくった...

冷えひえ!かつおしぐれ
中落ちを使ったしぐれ煮がたっぷり若女将の足立さん
里海隊
ご当地グルメ

冷えひえ!かつおしぐれ (愛南町)

カツオの中落ちからつくったしぐれをふんだんに使用
ブリや真鯛などとともに愛南町を代表する魚がカツオだ。国道56号沿いにある『お食事処なにわ』で提供している『冷えひえ!かつおしぐれ』には、カツオの中落ちを利用してつくられたしぐれがふんだんに使われている。 若女将の足立さんは「カツオは捨てる部分が少なくて、ふだんは酢の物にも使っています。それをしぐれにしてみたんですよ」と教えてくれた。運ばれてきたどんぶりは、ごはんがまったく見えなくなるほど、た...

カワウソもなか
つぶあんがギッシリカワウソのイラスト入りの包み紙
里海隊
スイーツ

カワウソもなか (愛南町)

天然記念物のニホンカワウソをモデルにした銘菓
国の天然記念物に指定され、愛媛県の県獣にも指定されているニホンカワウソが40数年前、旧御荘町にあった『カワウソ村』でよく見かけられていた。そのカワウソをモデルにした和菓子があると知り、愛南町の城辺地区商店街にある『梶原製菓』を訪れた。軒先にはニホンカワウソの絵が描かれた看板も掲げられ、期待はふくらむばかり。ワクワク気分で店内に入った。 ショーウインドウをのぞくと、まさに天然記念物をかたどった...