ご当地グルメ一覧

美川手のべそうめん
吊り下げられた麺はのれんのように見える生地を伸ばす
グルメ番組で人気爆発、山村の水と空気に育まれたそうめん
とあるグルメ対決番組で特選食材として紹介され「今まで食べてきたそうめんとはぜんぜん味が違う!」と大評判。一躍全国的に有名になったのが『美川手のべそうめん』。 そうめんは水が決め手。江戸時代には隆盛を極め、幕府にも献上された歴史を持つものの、近年、水質悪化などの影響により産地が消滅した地域もあるほど。四国山地の中央に位置する渓谷の山村というロケーションのよさが、このそうめんの美味しさの根幹とな...

「あまご御膳」、この他にあまご餡かけと塩
あまごあんかけあまご塩焼き
里山隊
郷土料理

あまご御膳 (久万高原町)

天空のレストランで食べる清流の味
日本3大カルストの一つ、四国カルスト台地の真ん中、久万高原町西谷に『媛鶴荘(めづるそう)』はたたずんでいる。冬季は雪に閉じ込められるために休業するほどの高地だが、夏場は石灰岩が点在するカルストの山肌に多くの牛が放牧され、牧歌的な風情だ。 ここでは下界とは星の数が違うという。空を仰ぐと、本当に天が近い。星を見るためだけにここに宿泊する人がいるのもうなずける。初夏から秋にかけて遠くは九州や霊峰石...

ソフトクリーム
アイスクリームやすらぎの宿でんこ
地元トマト100%オレンジ色のさわやかアイス
標高400~800mに位置する久万高原町は温暖な愛媛のなかでも冷涼な地域。寒暖差の激しい地域だからこそ、甘みが凝縮しおいしい野菜が採れる。その筆頭がトマト。久万高原町は愛媛県内最大の夏秋トマト産地である。 桃太郎トマトは、日本の生食のトマトの大部分を占めている大玉品種。この久万高原町産の完熟桃太郎トマトをアイスクリームに仕立てているのが、国道33号線沿いの『やすらぎの宿でんこ』である。 ...

どんぐりトマト
どんぐりトマト栽培風景
小学生が名付けたかわいいトマト
上浮穴郡久万高原町の『久万農業公園アグリピア』は農業への支援活動の先端施設として創設。森に囲まれた3ヘクタールの農場内では、都市と農村の懸け橋としていろいろな活動を行っている。 新品種を先行栽培することのほかに、新規就農希望者への支援・研修を実施。また、市民農場『久万高原クラインガルテン』では、希望者に畑を一区画ごとに安価で貸し出しもしている。見渡す限りビニールハウスが広がる敷地内に点在する...

よもぎのお菓子(クッキー)
よもぎのお菓子(まんじゅう)よもぎのお菓子(クッキー各種)
久万特産の手摘みよもぎのほろ苦い味
2014年4月22日、上浮穴郡久万高原町に新しい道の駅『天空の郷 さんさん』が誕生した。同町産の新鮮安心な野菜に、チェーンソーアートなど林業の町ならではの木工芸品、手作りの菓子や惣菜が手に入るとあって連日盛況だ。現在、同町内の出品者は210人にもおよび、並べられたアイテムは多数にわたる。 名称には高原の町・久万高原町のイメージと、降り注ぐ太陽や山(さん)の恵みという意味が込められている。「国...

焼きあがったばかりの手作りピザ
ピザ焼き体験セットうまいもん屋土居
大自然のなかで山の幸いっぱいのピザ焼き体験を楽しむ
面河川沿いの山郷、久万高原町日野浦。国道33号が渓谷に沿って大きくカーブした谷の縁に『うまいもん屋土居』がある。店内には食堂と商店が併設され、野菜やお惣菜、土産物から日用品までが広範に並ぶ。同店は、もともとこの地で70年近くよろずやとして日用品を商ってきた。 同店では石窯手作りピザ体験ができる。それも、季節ごとにトッピングの具材が変わる。春は、イタドリやわらび、ぜんまいなどをふんだんに乗せた...

ダッタンそば(鮎そば)
ダッタンそば店主が釣った鮎(調理中)
里山隊
郷土料理

ダッタンそば (久万高原町)

苦みがクセになるそばの原種
久万高原町に『ダッタン(韃靼)そば』を食べさせてくれる店があると聞いて、足をのばした。 一般的に「そば」と言われるのは「甘そば」。対してダッタンそばは、別名「苦(にが)そば」とも言われ、独特の風味がある。モンゴルに住んでいた遊牧民族、韃靼人が好んだことに由来する。 毛細血管の強化や血圧低下に効果的だと言われる成分、ルチンの含有量が普通のそばの50~100倍。近年とみに注目を浴びている健康食...

梅豆腐
岡田百合子さんいろり
里山隊
郷土料理

梅豆腐 (久万高原町)

先人の知恵から生まれた山里の保存食
柳谷村は現在久万高原町に合併され、今はなき村。背後に天狗高原、右手に大川嶺の山々が迫る。山を越えると、そこはもう高知県だ。 旧柳谷村のこんにゃく道場『山小屋』で、満面の笑みがかわいらしい岡田百合子さんにお会いした。出身は大分県日田市で、30歳を前に夫の利水さんの帰郷を機に、旧柳谷村西谷へ。先に叔母が久万出身の男性と結婚してこの地に根付いていたとはいえ、不安もあっただろう。環境も言葉も違い、な...

よもぎうどん
色鮮やかな緑色に茹で上がる道の駅 天空の郷さんさん
里山隊
ご当地グルメ

よもぎうどん (久万高原町)

手摘みよもぎを麺に練りこんだ香り高いうどん
都会の道はすべて舗装され、小学生が通学中に土の部分を歩くことがなくなったと言われてから久しいが、山あいの町・久万高原町では今も里山の豊かな自然を楽しむことができる。この町に手摘みのよもぎを練りこんだうどんがあると聞き、足を伸ばした。 「久万高原町では、どこの畔(あぜ)にも空き地にも、よもぎがかたまりになって生えています。昔からよもぎはぼた餅にも入れるし、おまんじゅうにも柏餅にも入れます。寒暖...

鮎飯
鮎を米と炊きこむ大野愛子さん
里山隊
郷土料理

鮎飯 (久万高原町)

鮎をまるごと炊き込んだご飯
三坂峠を過ぎて、久万高原町畑野川に入る。ここは四国霊場44番札所大宝寺のすぐ近く。『いやしの宿八丁坂』は、この山里にある。 大宝寺から45番札所岩屋寺の間に『八丁坂』という遍路の気をくじくほどの急坂がある。この宿の名前はこの坂からとったもの。 名物の『鮎飯』をいただいた。焼き鮎をそのままご飯に炊き込んだ、山里ならではの炊き込みご飯だ。飯の上に尻尾まで見事に反りあがった焼き鮎が一匹、姿良く盛...