ご当地グルメ一覧

ちんち
看板商品は「清酒 玉川」コンサートなども開催される蔵
里山隊
アルコール

ちんち (西予市)

20余年の時が育んだ粕取焼酎
西予市宇和町の中心に位置する卯之町は重要伝統的建造群保存地区に指定され「文化の香る町」と言われている。同地区には江戸時代から昭和初期の商屋が立ち並んでおり、国の重要文化財である開明学校、市指定文化財の末光家住宅・鳥居門などがある。また、江戸時代に日本で医学教育を行ったドイツ医師シーボルトの娘・イネや、蘭学者の二宮敬作らを生んだ場所としても知られ、現在は全国から多くの観光客が訪れている。 観光...

焼き豚ちまきバーガー
焼き豚ちまきバーガーきなはい屋
里山隊
ご当地グルメ

焼き豚ちまきバーガー (西予市)

特製焼き豚をたっぷり挟んだライスバーガー
「城川には魅力的な食材がたくさんあります。どこにでもあるっていうものではなくて、ここに来ないと食べられないものをメニューに取り入れるようにしています」そう話すのは、西予市城川町にある道の駅『きなはい屋』の店長の戸田さんだ。 きなはい屋は地元・城川町の農産物・特産物を加工して、オリジナル商品を開発することに長けている。どれもこれも、食べてみたい、試してみたいと思わせる、そんな魅力のある商品が次...

イソップ物語のシフォンケーキ
イソップ物語天井にぶどうのつるが這わしてある
絶景を楽しみながらヤマガラと食べるケーキ
『四国西予ジオパーク』は、四国カルスト・大野ヶ原から明浜や三瓶の海岸線に至る西予市の標高差1,400mの地域。深く切れ込んだ谷、チャートという岩石でできた渓谷、日本列島誕生の鍵を握る黒瀬川構造帯など、地球(ジオ)と人間が共存し育んできた雄大な自然を見ることができる。 急こう配を登っていくと階段状の河岸段丘の一番上にヨーロッパの田舎家のようなかわいらしい喫茶店がある。手作りのけやき板の看板には...

みかんジュース(手前左)
たわわに実った温州みかん宇和海を望む場所にある無茶々園の農園
里海隊
ドリンク

みかんジュース (西予市)

潮風と3つの太陽が育んだみかんのジュース
『四国西予ジオパーク』にも認定された西予市の沿岸部はリアス式海岸で、温暖な気候に恵まれている。見上げれば石灰質の石垣が積まれた段々畑が広がり、空の太陽はもちろん、石垣や海から照り返す陽光を合わせた「3つの太陽」を浴びることから、みかんなど柑橘類の成長には最適の環境にあるといわれる。宇和海を望む農園でみかん畑を管理している『無茶々園(むちゃちゃえん)』もそのひとつだ。 同農園の看板商品でもあり...

こめたくんの塩こうじ蒸饅頭
表面をあぶって食べてもおいしいメンバーが集まって菓子を作る
地元愛が生んだ懐かしい味
野村町内から大洲に抜ける国道441号は、しだいに山に分け入っていゆく。西予市野村町鳥鹿野(とじがの)は、深い山の渓(たに)に沿って開けた集落。「鳥鹿野という名前からして、昔から鳥や鹿なんかがたくさん生息していた村だってわかりますよね。ここいらは渓谷沿いの集落なので、昔から『渓筋(たにすじ)』とよばれています」と、渓筋農林水産物加工所『よりみち』副組合長の川田照(てる)さんが教えてくれた。 よ...

酒粕マカロン
酒粕マカロンと吟醸酒「城川郷」きなはい屋
里山隊
スイーツ

酒粕マカロン (西予市)

上品な酒粕の香りをまとったお菓子
『きなはいや』という南予地方の柔らかな方言で旅人をいざなう道の駅が、西予市城川町にある。「こちらへおいで」という意味のこの駅には、雪のように真っ白なマカロンがある。『酒粕マカロン』は、地元の『中城本家酒造』の酒粕を使用した、道の駅『きなはい屋』のオリジナル商品だ。 発売開始からまだ2年ほどだが、波紋のように次々とリピーターが広がっている。城川のお土産にもらって、そのおいしさが忘れられないと、...

真鯛カルシウムおかき
真鯛の中骨中骨を柔らかくする高温高圧処理装置
エコと栄養補給が同時にできるスナック
エコと栄養補給を兼ね備えたスナックだ。宇和海で獲れた養殖真鯛の中骨を使った菓子が西予市でつくられていると聞き、明浜町の水産加工会社『松下海産』を訪れた。商品名はずばり『真鯛カルシウムおかき』。愛媛県の産業技術センターとの共同開発で誕生し、2013年秋から販売を開始。1袋を食べるだけで1日に必要なカルシウムの半分、300ミリグラムを補給できることで注目を集めている。 開発に取り組んだ社長の松下...

ムテンカ
ラベルにはみかんの生産者名を明記みかんを選別中
里海隊
ドリンク

ムテンカ (西予市)

保存料と着色料を使っていない文字通りの無添加ジュース
太陽をさんさんと浴び、潮風のなかで育った明浜みかんでつくられた、みかんジュースがある。キャンプ場や温泉など、さまざまなレジャー施設を備えた『あけはまシーサイドサンパーク』を訪れ、果汁100%の『ムテンカ』を購入した。同施設にある『ふるさと創生館』内の工場で製造されており、「無添加」という意味もある商品名からもわかるように、着色料と保存料は一切使われていない。 「みかんジュース1本にみかんを約...

ブルーベリーのムースケーキ
ブルーベリーのムースケーキ野村産無農薬ブルーベリー
着付けの先生が作る、旬の地元素材のこだわりケーキ
西予市野村町、乙亥会館近くにある老舗「進藤呉服店」。美しい反物がディスプレイされたウインドウの脇に、もう1つ小さな看板がある。 『スイーツ工房絹』。オーナーパティシエの進藤由紀子さんは同呉服店の娘さんで、着付けの先生でもある。2013年9月、物置になっていた場所を改造してスイーツ店を開業。店名は着物にちなんで付けられた。 「大学卒業後はまったく畑違いの仕事をしてたんですけど、もともとお菓子...

アジのあらい
特製の合わせ醤油でいただく刺し身をさばいた後、水でサッと洗い流す
里海隊
郷土料理

アジのあらい (西予市)

奥地あじをふんだんに使った郷土料理
これぞ究極の食べ方だ。複雑に入り組んだリアス式海岸が広がることで知られる西予市三瓶町。豊後水道の潮流が流れ込む奥地湾の栄養豊富な養分を食べてスクスクと育ったブランド魚『奥地あじ』をふんだんに使った料理があると聞いた。寿司店『和泉屋』を訪れ、人気メニューのひとつ『アジのあらい』を注文。文字通り、新鮮なアジの切り身を水で洗って食べるという。三瓶町民に長く愛されている郷土料理でもある。 見た目から...