ご当地グルメ一覧

わらぐろケーキ
わらぐろわらぐろケーキ
里山隊
スイーツ

わらぐろケーキ (西予市)

田園地帯の風情を再現したバターケーキ
『わらぐろ』は稲を刈り取った後の田んぼに、乾燥貯蔵するために円錐状に積み上げた積みワラのこと。にお、いなぐろ、丸ススキ、藁塚、イナコ積みなど土地によってその形、呼び名はいろいろで、わらぐろと呼ぶのは愛媛から広島にかけて。 かつては日本全国に見られた田園地帯の象徴。わらを積み上げた様子は、童話『三匹の子豚』のわらの家のようにみえる。 一昔前には、収穫が終わった田んぼにわらぐろが点在するのは、...

明浜ちりめん丼
ちりめんが入った汁もついてくるカツオ出汁が入った特製のたれ
里海隊
ご当地グルメ

明浜ちりめん丼 (西予市)

獲れたてをすぐに釜揚げ。特産ちりめんがたっぷり
素朴な家庭の味を楽しむことができる。目の前で宇和海を望むことができる。西予市明浜町、さまざまなレジャー施設が揃う『あけはまシーサイドサンパーク』内にある『民宿故郷(ふるさと)』を訪れた。おなかがとても空いていたので、ボリューム感があり、看板商品でもある『明浜ちりめん丼』を注文してみた。目の前の宇和海で獲れた明浜名産の「ちりめん」をふんだんに使った海の幸のどんぶりだ。 宇和海を眺めながら待って...

ジェラート風牛乳アイス
自家牧場の搾りたて牛乳ミルク園
牧場の搾りたて牛乳を使った手作りアイス
西予市野村町の大野ケ原は、愛媛県と高知県の県境に位置する高原地帯である。標高は1000〜1400メートル。牛の放牧が盛んで、野村町のキャッチフレーズ「シルクとミルクの町」のミルクの部分を支える地域だ。夏場は見渡すばかりに草原が広がり、美しい自然を楽しめる。 「うちは標高1200メートルくらいですね」と、喫茶店『ミルク園』を経営する山本さん。牛グッズが並ぶかわいらしい店内と、新鮮な牛乳を使った...

ひゅうがめし
秘伝のたれに鯛の切り身を漬け込むひゅうがめし御膳には自家製の漬物も
里海隊
郷土料理

ひゅうがめし (西予市)

江戸時代から続く伝統の郷土料理
約200年の長きにわたって受け継がれる伝統の味を西予市宇和町で楽しめると聞いた。1813年創業の老舗『松屋旅館』では『ひゅうがめし御膳』を提供している。見た目は宇和島鯛めしと似ているが、まったく別の郷土料理だという。好奇心を膨らませながら注文した。 「江戸時代から続く、ウチならではの味。ひゅうがめしのレシピはいっぱい出ているけど、やっぱりウチのとは違います」と、代表の大氣(だいき)さんも自信...

ミルクヨーグルト
ミルクヨーグルトオリジナル商品がたくさん
里山隊
スイーツ

ミルクヨーグルト (西予市)

低温殺菌牛乳でつくる「生きた」ヨーグルト
酪農の里、西予市野村町の野村農業公園『ほわいとファーム』は、地元産のおいしい牛乳を世に広めたいと、2000年に発足した施設。野村町の「物、人、情報」の拠点、そして子ども連れにも楽しめる観光スポットとして親しまれている。園内の乳製品加工施設『ミルク工房』では、四国乳業と提携。野村町の牛乳のみを使用し、乳製品加工を行っている。 市販されている牛乳のほとんどは、乳脂肪中の脂肪球を細かく砕く均質化(...

みかんジュース(手前左)
たわわに実った温州みかん宇和海を望む場所にある無茶々園の農園
里海隊
ドリンク

みかんジュース (西予市)

潮風と3つの太陽が育んだみかんのジュース
『四国西予ジオパーク』にも認定された西予市の沿岸部はリアス式海岸で、温暖な気候に恵まれている。見上げれば石灰質の石垣が積まれた段々畑が広がり、空の太陽はもちろん、石垣や海から照り返す陽光を合わせた「3つの太陽」を浴びることから、みかんなど柑橘類の成長には最適の環境にあるといわれる。宇和海を望む農園でみかん畑を管理している『無茶々園(むちゃちゃえん)』もそのひとつだ。 同農園の看板商品でもあり...

アジのあらい
特製の合わせ醤油でいただく刺し身をさばいた後、水でサッと洗い流す
里海隊
郷土料理

アジのあらい (西予市)

奥地あじをふんだんに使った郷土料理
これぞ究極の食べ方だ。複雑に入り組んだリアス式海岸が広がることで知られる西予市三瓶町。豊後水道の潮流が流れ込む奥地湾の栄養豊富な養分を食べてスクスクと育ったブランド魚『奥地あじ』をふんだんに使った料理があると聞いた。寿司店『和泉屋』を訪れ、人気メニューのひとつ『アジのあらい』を注文。文字通り、新鮮なアジの切り身を水で洗って食べるという。三瓶町民に長く愛されている郷土料理でもある。 見た目から...

イソップ物語のシフォンケーキ
イソップ物語天井にぶどうのつるが這わしてある
絶景を楽しみながらヤマガラと食べるケーキ
『四国西予ジオパーク』は、四国カルスト・大野ヶ原から明浜や三瓶の海岸線に至る西予市の標高差1,400mの地域。深く切れ込んだ谷、チャートという岩石でできた渓谷、日本列島誕生の鍵を握る黒瀬川構造帯など、地球(ジオ)と人間が共存し育んできた雄大な自然を見ることができる。 急こう配を登っていくと階段状の河岸段丘の一番上にヨーロッパの田舎家のようなかわいらしい喫茶店がある。手作りのけやき板の看板には...

ちんち
看板商品は「清酒 玉川」コンサートなども開催される蔵
里山隊
アルコール

ちんち (西予市)

20余年の時が育んだ粕取焼酎
西予市宇和町の中心に位置する卯之町は重要伝統的建造群保存地区に指定され「文化の香る町」と言われている。同地区には江戸時代から昭和初期の商屋が立ち並んでおり、国の重要文化財である開明学校、市指定文化財の末光家住宅・鳥居門などがある。また、江戸時代に日本で医学教育を行ったドイツ医師シーボルトの娘・イネや、蘭学者の二宮敬作らを生んだ場所としても知られ、現在は全国から多くの観光客が訪れている。 観光...

焼き豚ちまきバーガー
焼き豚ちまきバーガーきなはい屋
里山隊
ご当地グルメ

焼き豚ちまきバーガー (西予市)

特製焼き豚をたっぷり挟んだライスバーガー
「城川には魅力的な食材がたくさんあります。どこにでもあるっていうものではなくて、ここに来ないと食べられないものをメニューに取り入れるようにしています」そう話すのは、西予市城川町にある道の駅『きなはい屋』の店長の戸田さんだ。 きなはい屋は地元・城川町の農産物・特産物を加工して、オリジナル商品を開発することに長けている。どれもこれも、食べてみたい、試してみたいと思わせる、そんな魅力のある商品が次...