ご当地グルメ一覧

七折小梅梅酒
七折小梅梅酒梅酒の貯蔵タンク
里山隊
アルコール

七折小梅梅酒 (松山市)

愛媛を代表する酒造メーカーが造った梅酒
国道317号を松山市内から今治市方面へ向かうと、石手川を挟んで「蔵元の梅酒」と大きく書かれた建物が見えてくる。岩堰(いわぜき)と呼ばれるこのあたりは、堅い岩盤を切り開いてつくられた場所。荒々しい岩肌が複雑な水流をつくり、見るものを楽しませる。 「飲む人、造る人、売る人、全ての人に栄光あれ」と願いを込めて命名された『栄光酒造』は1897年創業。これまでに『新酒鑑評会』で最高位金賞をたびたび受賞...

醤油餅
松山の春を彩る「りんまん」白石本舗
里山隊
スイーツ

醤油餅 (松山市)

著名な俳人も絶賛した松山のおふくろの味
「松山一(いち)醤油餅」店頭にかかる書は、正岡子規に師事した俳人・柳原極堂(やなぎはらきょくどう)の直筆。その昔から松山の醤油餅と言えば、白石本舗だった。醤油餅は、上新粉(米粉)をしょうが汁と醤油とで味付けし、ゆっくり蒸し揚げた昔ながらの甘味。もちもちとした食感に、しょうがの香りが漂うしっとりとした和菓子。 慶長年間から松山の各家庭でつくられてきたが、今は家庭で作られることは少なくなった。当...

道後ジェラート
道後ジェラート水口酒造の日本酒の数々
里山隊
スイーツ

道後ジェラート (松山市)

大吟醸酒を惜しみなく使用したスイーツ
アートの祭典『道後オンセナート2014』が開催され、プロジェクションマッピングや芸術家の作品などで新たな盛り上がりをみせている道後温泉は、年間を通して老若男女が多く訪れる。道後温泉本館すぐそばにある『水口酒造』経営の『道後麦酒館』では、愛媛の旬の味覚を味わいながら『道後ビール』を堪能できる。本社敷地内にある『にきたつ庵』では、愛媛の食材を使用した懐石料理を提供している。 水口酒造では道後を訪...

蔵元のらいむ酒 香来夢
蔵元のらいむ酒 香来夢敷地内にある神社
ライムが醸し出すさわやかな香り
松山市の約半分の上水が流れる石手川。河岸には多くの公園が設置され、市民の憩いの場やスポーツ活動の場として活用されている。石手川の上流域にあたる岩堰(いわぜき)地区に、1897年創業の『栄光酒造』がある。 蔵元を代表する日本酒『酒仙栄光』はこれまでに『新酒鑑評会』で最高位金賞を幾度となく受賞。実は、清酒のみならず梅酒づくりも有名で、最近ではリキュールづくりにも積極的である。 リキュールは...

たまごバターもち
たまごバターもちたまごバターもち
里山隊
スイーツ

たまごバターもち (松山市)

あまく優しい祖母の味
観光客のメッカ・松山城。標高132mの山頂にある松山城本丸を手軽に観光できるとあって、今日もロープウェー乗り場はにぎわっている。緩やかな坂道が約500m続くロープウェー街から少し入ったところに、うさぎのマークが可愛らしい小さなお店を見つけた。この店が知る人ぞ知る『小林商店』。同店の『餅人のたまごバターもち』は、楽天総合ランキング1位の栄冠を手にした逸品だ。 同商品は厳選された委託農家で作った...

みかんうどん(味噌煮込み仕立て)
パスタ風にしてもおいしい元祖八生ちゃんのみかんうどん
里海隊
加工食品

みかんうどん (松山市)

瀬戸内海に浮かぶ中島の100%ミカン果汁を練り込んだうどん
みかんとうどんが合体した異色のうどんだ。松山市の沖合にある怱那(くつな)諸島のなかで、面積が一番大きい島・中島に、水の代わりに特産のみかんの果汁を練り込んだ『みかんうどん』がある。NPO法人『大好き中島瀬戸内の再会桜』が2010年から販売。商品名の『元祖八生ちゃんのみかんうどん』は代表の山崎八生(やよい)さんの名前が由来となっている。 見た目から、インパクトは十分だ。山崎さんに白菜、水菜など...

松山あげ
松山あげを使った「いも炊き」(参考画像)南極観測船でも使われた
里山隊
食材

松山あげ (松山市)

「トンビの松吉」の揚げは味の名脇役
創業明治15年(1882年)、愛媛県内では『とんびの松吉』のCMでおなじみ、『程野商店』の『松山あげ』。生揚げに対して「干油揚げ」と言われ、1世紀以上に渡って地元で愛され続けている。 油揚げは豆腐を薄く切り、油で揚げたものであるのに対して、松山あげは、普通の油揚げにみられる中央部の白い部分がなく、全体がきつね色でカリカリ。製法に「干す」部分はないのだが、生揚げと比べて乾いているように見えるこ...

アナゴの天丼
薄口の出汁を天ぷらにかけていただくホクホクの身をごはんといっしょに
里海隊
ご当地グルメ

アナゴの天丼 (松山市)

瀬戸内の豊かな海で育ったアナゴを天ぷらに
瀬戸内の豊かな海で獲れる魚のひとつに、アナゴがある。安芸の宮島など広島県でよく食べられているが、同じ瀬戸内海に面した愛媛県の松山市にも食文化はある。野生のシカが住んでいることでも知られる鹿島を望む今治街道を今治市方面へと向かうと『和風れすとらん かぢ屋』が見えてくる。看板料理のひとつである『アナゴの天丼』を注文。その日に獲れたばかりの新鮮なアナゴをさばいて提供しているという。 瀬戸内海には多...

三津浜焼き
右上はトッピングの油(牛脂)三津浜焼き
里海隊
ご当地グルメ

三津浜焼き (松山市)

「広島焼き」とは似て非なる、港町生まれのお好み焼き
松山市三津浜地区。レトロな雰囲気のある港町には、小さなお好み焼き店が25軒ほど点在しており、それぞれがこだわりの味で根強い人気を得ている。この地におけるお好み焼きの歴史は古く、戦前、小麦粉を水で溶いたものを鉄板で焼き、好みのものをトッピングして食べた『一銭洋食』がルーツ。戦後の『広島焼き』よりも古く、三津浜焼きならではの具材として薄切りのちくわや魚粉、麺に混ぜる牛脂や天かすなどがある。また、そばや...

こぶじめカルパッチョ
瀬戸内海で獲れたタコにクスクスを添えて夜になるとCURCOBARに様変わり
里海隊
ご当地グルメ

こぶじめカルパッチョ (松山市)

カレー店で食べられる海鮮イタリアン
カレー屋さんで海の幸の料理を食べられる。そんなうわさを聞き、鹿島を望む松山市北条地区にやってきた。今治街道から北条駅前商店街に入ると、カレー専門店『CURCOVA(カルコバ)』が見えてくる。元ミュージシャンで、現在はラジオのディスクジョッキーなどで活躍する藤田晴彦さんらが共同経営するアットホームな店で、金曜日夜になると大人の社交場『CURCOBAR(カルコバー)』に姿を変える。お酒を飲みながら、瀬...