里海隊
ご当地グルメ

戸島ぶりかっちゃんバーガー (宇和島市)

ブリカツと米粉パンがコラボしたご当地バーガー
戸島ぶりかっちゃんバーガー
間にレタスやカイワレ大根、タルタルソース手作りパン工房みなみ道の駅「きさいや広場」きさいや広場前の宇和島港
戸島ぶりかっちゃんバーガー

地元・戸島の小学生がネーミング

これぞ、宇和島ならではのファストフードだ。同市の道の駅『きさいや広場』で休憩中に『手作りパン工房みなみ』で目をひくハンバーガーを発見した。その名も『戸島ぶりかっちゃんバーガー』。宇和島の沖合にある戸島の養殖ブリを使ったハンバーガーで、地元・戸島の小学生が名付けたそうだ。

「ブリの身と骨をペースト状にしているので、魚嫌いな子どもでも食べられます。米粉を使ったパンであることが一押し。お昼ごはんで買いに来られるお客さんも多いです」と、店長の川崎さんが教えてくれた。米粉でつくられ、二つ折りにされたパンの中には、ブリのすり身で揚げられたカツと新鮮なキャベツ、レタス、カイワレ大根を挟んである。ボリューム感があって魅力的でもある。

最初に米粉パン独特のモチモチした食感が伝わり、しだいにサクサクとしたブリカツの衣と野菜のシャキシャキ感が口のなかで少しずつ広がり始めた。特製のタルタルソースはマヨネーズの量を抑えているので、コッテリ感は少ない。野菜がたっぷり入っており、ヘルシーなハンバーガーとも言える。

うわうみ漁協戸島女性部とタッグを組んで商品化

『戸島ぶりかっちゃんバーガー』は地域活性化を目的に商品化された商品だ。戸島はブリ養殖で全国的にも有名。うわうみ漁協戸島の女性部で結成されたグループ『とっとまむ』は地元の特産魚の「地産地消」を目指してブリのカツ『ぶりかっちゃん』などの商品をつくっていた。ご当地バーガーの商品化を進めていた川崎さんはとっとまむとタッグを組み、2011年に戸島ぶりかっちゃんバーガーを開発。家庭や家族、台所をあずかる女性の知恵や発想が、このハンバーガーに活かされている。

川崎さんは「それぞれの商品の味を壊さず、最大限に生かしている。この商品で、地域が活性化して、みんながひとつになればいいなと思っています」と思いを口にした。たくさんの人々のさまざまな思いが伝わってきた。お母ちゃんたちの味をかみしめながら、宇和島市での旅の思い出に浸っていた。
ここに注目!
「手作りパン工房みなみ」では戸島ぶりかっちゃんバーガー以外にも宇和島市の特産品を使用したコラボバーガーがある。過去にはアコヤ貝の貝柱を使った「あこやひめパールコロッケバーガー」が商品化されたことも。
商品データ ブリ、米粉パン、キャベツ、レタス、カイワレ大根、卵他
店舗名 手作りパン工房みなみ
住所 愛媛県宇和島市弁天町1丁目318-16 道の駅「きさいや広場」内
営業時間 8:30~18:00
定休日 なし
TEL 0895-28-6373
FAX 0895-22-5373
URL
その他 駐車場あり

関連リンク
関連ファイル