里海隊
ご当地グルメ

ぎょぎょーざ (宇和島市)

常連さんのリクエストから生まれたアジのすり身のぎょうざ
ぎょぎょーざ
アジのすり身がぎっしり油のなかにに投入カリカリに揚げられているぎょぎょーざ河合太刀魚巻店
ぎょぎょーざ

カリカリに揚げ、スナック感覚でも食べられる

おかずにもなるし、おつまみにもおやつにもなる。そんな新感覚の食べものがあると聞いて宇和島市吉田町にある『河合太刀魚巻店』を訪れた。その店名どおり『太刀魚巻』が看板商品の店だが、2013年10月に新商品『ぎょぎょーざ』を販売したばかりだという。一言で表すなら、地元で獲れたアジのすり身を使った揚げぎょうざ。店内に入ると、香ばしい匂いが漂っていた。

アジのすり身にニラ、ニンニク、しょうがを混ぜ合わせ、油でカリカリに揚げている。一口かんでみると、春巻きのようにパリパリとした音がして、まるでスナック菓子を食べているような感覚になる。やがてニンニクやしょうがの香りが口のなかに広がって、ぎょうざだということを思い出させてくれる。魚のぎょうざは初めてだったが、カロリーを気にすることなく食べられそう。いつの間にか、皿に乗っていた10個をペロリと完食していた。

ゆずとすだちのタレでさわやかに

「常連さんに、新しいぎょうざをつくってみないか? と提案されてつくってみた。みんながけっこう食べてくれたので販売することにしたんです」と、店長の河合さんが『ぎょぎょーざ』誕生までの経緯を教えてくれた。元来、鮮魚店としての創業で、河合さんは4代目。地元の魚を使った新商品開発を考えていたところ、常連さんのリクエストに応える形で商品化にこぎつけた。当初は焼きぎょうざも候補に挙がったが、魚独特のくさみも消すことができる揚げぎょうざを選択した。

2013年11月に『宇和島産業まつり』が開催された際に、地元のしょうゆ会社とコラボ。同社が開発したポン酢をタレとして使用したところ好評を得た。それは柚子とすだちをふんだんに使ったジュレ状のもので、河合さんは「さわやかさが加わるし、好きな人はハマると思う」と言う。たしかに、柑橘系のさわやかさがアジのすり身とマッチして、またひと味違う。

もちろんご飯のおかずにもなるし、お酒やビールのおつまみにもよく合いそうだ。香ばしい匂いが漂う店内にいると、無性にビールを飲みたくなった。
ここに注目!
魚を使ったぎょうざは珍しいが、愛媛に隣接する高知県には特産のカツオを使用した「カツオぎょうざ」がある。人気漫画「クッキングパパ」でも紹介されており、脂ものっていて独特のくさみも消え、なかなかの味だそう
商品データ アジのすり身、ニンニク、ニラ、しょうが
店舗名 河合太刀魚巻店
住所 愛媛県宇和島市吉田町魚棚28
営業時間 9:00~17:00 商品がなくなりしだい閉店
定休日 なし
TEL 0895-52-0122
FAX 0895-52-0122
URL
その他 JR伊予吉田駅から420メートル、駐車場なし

関連リンク
関連ファイル