里海隊
ご当地グルメ

アジのすり身コロッケ (宇和島市)

新鮮なアジでつくったスパイシーなコロッケ
アジのすり身コロッケ
オレンジ色がかったパン粉をまぶしてあるアジのすり身コロッケを揚げる河合さんこんがりキツネ色に揚がった河合太刀魚巻店
アジのすり身コロッケ

看板商品の太刀魚巻より早い40年以上前から販売

太刀魚巻で有名な宇和島市吉田町の『河合太刀魚巻店』には『アジのすり身コロッケ』がある。これまで聞いたことのない味を試してみたいと思い、レンガ通りから1本入ったところにある店に立ち寄った。店頭に入ると「いらっしゃい!」の元気な声が響き渡る。目の前で、店長の河合さんがコロッケを揚げていた。

丸くて平らに形づくられたアジのすり身には、ジャガイモや玉ねぎなどの野菜も入っている。少しオレンジ色がかったパン粉をまぶした後に油のなかへ投入。パチパチと音を立てながらキツネ色にこんがりと揚がった。見た目はメンチカツのよう。さっそく揚げたてアツアツを食べてみた。衣はサクッとしていて、なかのすり身は肉厚で、とてもジューシー。魚肉なので、意外にあっさりしていた。

実は歴史ある一品だ。河合さんは「太刀魚巻よりも歴史がある。私が小さいころから販売されていましたから」と説明した。看板商品でもある太刀魚巻が生まれた40年以上前から店頭に並んでいるロングセラーで、先代の味を目で見て覚えたという。コショウなどで味付けされているので、ほどよくスパイシー。ごはんといっしょに食べると、より食が進みそうだ。


とろけるチーズをのせて食べてもおいしい

河合さんは、ひと味違う、おいしい食べ方を教えてくれた。「レンジで温めてもいいですけど、オーブンで少しだけ焼いてもいい。少し辛いなと思う人は、とろけるチーズをコロッケにのせて、レンジでチンしてもおいしいですよ」とのこと。

なるほど。おみやげで持ち帰っても、家でアレンジして、おいしくいただける。これなら、魚が苦手な子どもでも喜んで食べられそうだ。じゃこ天と同じように酒のつまみにもなる。

『アジのすり身コロッケ』の独特の味を求めて、県内外から訪れるファンも多いという。だが、新鮮なアジを使っているので、その日の水揚げ量に応じてつくられているとのこと。絶対に食べたい! 逃したくない! という方は要予約だ。
ここに注目!
アジのすり身は愛媛県の特産品でもあるじゃこ天の原材料としても使われている。鍋物のつみれとして食べられており、長崎県の五島列島では福江魚市場に水揚げされた真アジを使ったつみれが販売されている。
商品データ アジ、ジャガイモなどの野菜
店舗名 河合太刀魚巻店
住所 愛媛県宇和島市吉田町魚棚28
営業時間 9:00~17:00 商品がなくなりしだい閉店
定休日 なし
TEL 0895-52-0122
FAX 0895-52-0122
URL
その他 JR伊予吉田駅から420メートル、駐車場なし

関連リンク
関連ファイル