里海隊
郷土料理

鯛そうめん (宇和島市)

真鯛を1尾まるごとのせたおもてなし料理
鯛そうめん
鯛がまるごと入っている鯛の身とそうめんを小皿へ個室でゆっくりと食べられるかどや駅前本店
鯛そうめん

出汁もそうめんのつゆも真鯛からつくりあげる

宇和島市の数ある郷土料理のなかで、5本の指に入る一品だ。JR宇和島駅から歩いて約5分。郷土料理店『かどや駅前本店』で、『鯛そうめん』をいただいた。1尾姿煮した真鯛を、そうめんの上に盛りつけた、いわゆる皿鉢(さわち)料理のひとつ。『活盛り』や『宇和島鯛めし』、『ふくめん』などとともに、同市の代表的なおもてなし料理だ。

ミニトマトなどでカラフルに彩られ、見ているだけで華やかな気分になれる。鯛はしっかりと煮つけてあり、すぐに身が取れるので食べやすい。錦糸卵やしいたけ、青ネギをトッピングし、そうめんつゆといっしょにいただく。南予地方独特の甘辛いたれとめんがうまくからみ合った、ほどよいのどごしなので、どんどん食が進む。

出汁も、そうめんのつゆもすべて真鯛からつくりあげる。そして、鯛のアラで取った出汁を少しずつ真鯛にかけながら、とろみがつくまでじっくりと煮つめていく。次に、その煮汁を使い、味を整えながら、そうめんつゆもつくるのだ。店長の杉山さんは「鯛は天然ものを使っています。甘めの出汁も、天然ものだから出せます」と説明。食材には一切妥協せず、味もこだわり抜いて煮付けていく。まさに至極の一品と言える。

お祝いごとには欠かせない皿鉢料理のひとつ

杉山さんが「そうめんだけでも、めでたいという慣習がありますが、鯛が付いたらなおさら。ふくめんとともに欠かせない料理です」と説明されるように、『鯛そうめん』は還暦や七五三などのお祝い事には必ずと言っていいほど出てくるものだ。

「鯛の身を好きなだけ取って食べます。甘めの出汁に、鯛の身とそうめんをいっしょに食べると、味が中和されて、ほどよい味になる」

鯛そうめんは高級食材の真鯛を使用しているため、予約が必要だ。杉山さんは「南予の味の代表作なので、観光で来られたお客さまには郷土料理のひとつとして出したりもします」とのこと。豪華絢爛(けんらん)な皿鉢料理を食べに、ぜひ宇和島へ!
ここに注目!
宇和島の皿鉢料理はもてなしのための「晴れ食」と言われる。料理自体は日常なじんだものだが、用いる素材や分量、そして盛り付けで料理の豪華さを演出する。鯛そうめん以外にも、鯛の活盛、さつまなどがある。
商品データ 真鯛、そうめん、錦糸卵、青ネギ、しいたけ他
店舗名 かどや駅前本店
住所 愛媛県宇和島市錦町8-1
営業時間 11:00~14:30、17:00~21:00(木曜日は夜のみ営業)
定休日 12月31日、元日
TEL 0895-22-1543
FAX 0895-24-0080
URL http://kadoya-taimeshi.com/
その他 JR宇和島駅から徒歩2分

関連リンク
関連ファイル