里海隊
郷土料理

さつま (宇和島市)

懐かしさを呼び起こしてくれる南部の漁師料理
伊予さつま御膳
愛鯛を使用カウンター席もある店長の廣瀬さん(右)と料理長の山本さん旬膳・郷土膳和日輔
伊予さつま御膳

漁師のように豪快にかき込むのが一番おいしい

宇和島市出身の人にとっても、懐かしさを覚える素朴な味だそうだ。南予地方の一般家庭でも食べられるという『さつま』を食べたくて、同市の『旬膳・郷土膳和日輔(わびすけ)』ののれんをくぐった。さつまは焼き魚と麦味噌をすり合わせた汁をごはんにぶっかけた郷土料理のことで、漁師が船上で魚入りの濃厚な味噌汁を麦飯にかけて食べたのが始まりと言われている。

ソウルフードでもあるじゃこ天が付いた『伊予さつま御膳』を注文。さつまの汁はトロトロッとしていて、濃厚さが食欲をそそる。刻みネギやキュウリ、こんにゃくの3種類の薬味を入れて麦めしとからめる。「シャバシャバと流し込む感じで食べてください」という廣瀬店長のアドバイスどおり、船上の漁師さんさながらに、飾らずに豪快にかき込んだ。宇和島特有の甘い麦味噌が白身魚とうまくからみ合い、深い味わいを生み出している。

合わせ味噌を2度焼くのがミソ

廣瀬店長のこだわりは「愛媛のブランド魚を使ったものを提供させていただいています。味噌も宇和島でつくられているもの。地産地消です」というもの。白身魚としては、数ある魚のなかから、愛媛県の「『愛』あるブランド産品」にも認定されている宇和島産『愛鯛(あいたい)』を使用。最初に合わせ味噌を焼き、白身魚とからめて、さらにもう一度焼くがポイント。焦げ目をつけることで、香ばしさが際立つようにしている。煮出し汁とからめればできあがり。

宇和島市の一般家庭では、子どもがすりこぎ棒ですり身をつぶす役目があるなど、家族みんなでつくることが多いという。そんな家庭的な味を求める県内外の観光客にも好評のようだ。廣瀬店長が「ウチのさつまは甘めですが、少し辛めの味を出すお店もあるようですよ」と言うように、同じ郷土料理でも食べ比べできるのも楽しみのひとつかもしれない。懐かしさと同時に新鮮さも感じられる『さつま』は、また、宇和島を訪れたいと思わせてくれる料理だった。
ここに注目!
さつまは薩摩国(現鹿児島県)から伝わったとの説や、南宇和郡の漁村で自然発生したとの言い伝え、江戸時代にかつお漁民が考案したという説も。通常はひらがな表記だが、昭和天皇があてられた「佐妻」の表記もある。
商品データ 愛鯛、麦味噌、青ネギ、キュウリ、こんにゃく他
店舗名 旬膳・郷土膳 和日輔
住所 愛媛県宇和島市恵美須町1丁目2-6
営業時間 11:00~14:00、17:00~22:00、日祝日11:00~21:30
定休日 水曜日
TEL 0895-24-0028
FAX 0895-24-6006
URL http://www.sk-wabisuke.com/index.html
その他 JR宇和島駅から徒歩7分、駐車場あり

関連リンク
関連ファイル