里海隊
加工食品

ひじきじゃこ天 (宇和島市)

愛南町産のひじきをふんだんに
ひじきじゃこ天
グチを下ごしらえじゃこ天の原材料のエソ店長の岡田さんニコニコマーケット
ひじきじゃこ天

プルプル感たっぷり、磯の香りがふんわり

『じゃこ天』と言えば、宇和島市と八幡浜市が愛媛県の2大生産地として有名だが、『ひじきじゃこ天』をご存じだろうか? 宇和島市津島町の直売所『ニコニコマーケット』で販売されていると知り、立ち寄ってみた。ここでは愛南町で獲れたひじきをふんだんに使用した『ひじき入りヒイラギ天ぷら」を提供しており、リクエストをすればその場で揚げたてアツアツを食べることができるのが売りだという。

さっそく、揚げたてを食べてみた。表面だけを見ても、茶色のじゃこ天にひじきが加わり、余計に濃く見える。半分に切ってみる。ひじきとすり身から、磯の香りが漂ってきた。すり身は弾力がありながらもプルプルとしていて、ひじきとの相性も抜群。口の中にうま味がジワリと広がった。ひと通り噛んだ後も、ひじきの食感が残るのがいい。通常のじゃこ天と同じで、やっぱり揚げたてが一番、うま味を感じることができる。

栄養のあるものをつくるためにひじきを使用

『ニコニコマーケット』の店長を務める岡田さんは「栄養などを考えると、ひじきを使ったものをつくりたいなと思った。ヒイラギも昔、母がよく料理してくれていたのを思い出して使い始めた」と、こだわりは強い。一般的に、すり身の原材料としてはホタルジャコやグチなどが使われるが同店ではヒイラギを使用。手底引き網でしか獲ることができず、漁獲量も少ないというが、それでも毎朝、愛南町の魚市場に通って仕入れている。また、食感をよくするため、頭を切り取って下ごしらえをすることで、骨っぽさをなくすようにしているそうだ。

『ひじきじゃこ天は』はじゃこ天特有のジャリジャリ感がないこともあり、子供たちもにも人気。冷めても楽しめるが「鍋に入れて食べるのもおいしい」という。こちらだけでなく、愛南町の道の駅『みしょうMIC』や松山市の『まつちかタウン』でも購入することができる。母から受け継いだ味を1枚、1枚に込め、岡田さんは今日もまたひじきじゃこ天を揚げている。
ここに注目!
愛媛県内には「ひじきじゃこ天」のように通常のじゃこ天とは違った材料の入ったものがある。ハモのすり身を使った伊予市の「ハモじゃこ天」や、石鎚黒茶や食べられる炭を混ぜ込んだ今治市の「菊間瓦じゃこ天」など。
商品データ ヒイラギ、ひじき他
店舗名 ニコニコマーケット津島店
住所 愛媛県宇和島市津島町高田甲578-1
営業時間 8:30~18:30
定休日 水曜日
TEL 0895-20-8180
FAX 0895-20-8182
URL
その他 「津島やすらぎの里」から車で5分。駐車場あり

関連リンク
関連ファイル