里海隊
ご当地グルメ

戸島鰤定食 (宇和島市)

刺し身からカルパッチョまでブリのフルコース
戸島鰤定食
刺身(右)とあぶりを両方食べられる大漁旗を使ったカラフルなのれん笑顔のうわうみ漁協戸島女性部のみなさんとじま亭
戸島鰤定食

漁協の女性部が運営する戸島一番ブリ専門店

ブリ好きの欲求を十分に満たしてくれる一品だろう。宇和島市の和霊神社へと向かう途中の恵美須町2丁目商店街に『鰤(ブリ)料理とじま亭』がある。2013年10月にオープンしたブリ専門料理店で、愛媛の愛育フィッシュにも指定されている海の幸をいただくために訪れた。メニューには『炙(あぶり)ブリ丼」や『鰤カツ鍋』などのおいしそうなものがズラリ。今回は、さまざまなブリ料理が一度に楽しめる『戸島鰤定食』を注文した。

刺身はもちろん、あぶったもの、カルパッチョ、タルタルソースがのったブリカツ、ブリ大根、そして味噌汁。ぜいたくにも、ひとつの御膳に5種類のブリ料理が並んでいる。「戸島のブリをいろんな違った食べ方で、くまなく食べてもらえる方法なんですよ」と、店を経営する『うわうみ漁協戸島女性部』代表の藤川さんが教えてくれた。もちろん、ブリはその日に獲れたばかりのものを使用。刺身は身が弾力あって、あぶりも香ばしさが口のなかに広がる。

戸島の父ちゃんが育てたブリを多くの人に

特にこだわっているのが味噌汁。ブリを使って出汁をとっているのだが、1時間煮込んで透明なスープに仕上げている。「アクは何度取っても出てくる。ほんの少しでもマメに取り続けることが大事」と藤川さん。刺身などもペーパータオルでドリップ(体液)を取り除く下処理をするか否かで「おいしさの明暗が分かれる」そうだ。

『うわうみ漁協戸島女性部』のみなさんは「島の父ちゃんたちが育てたブリを多くの人に味わってもらいたい」という思いから『戸島亭』を始めた。店内スタッフは、フェリーだと約50分かかる戸島から交代で通っている。戸島のPRにも一役買っている『戸島鰤定食』は藤川さんいわく「普通の家庭料理。マニュアルはないので、味付けも、盛りつけ方も微妙に違う」というもの。日によって違う味が食べられるのも、楽しみのひとつ。
ごはんはおかわり自由だったので、おなかいっぱいになった。まさにブリざんまい。お客さんがみんな、笑顔で店を後にしていたのが印象的だった。
ここに注目!
ブリは主に西日本の沿岸各地で養殖され、現在は養殖の漁獲量が天然ものの約2倍と大きく上回っている。養殖ブリの生産量は2010年の統計によると、1位は鹿児島県で、2位が愛媛県、3位は大分県。
商品データ 戸島ブリ、大根、味噌他
うわうみ漁業協同組合戸島支所女性部
「戸島一番ブリ」の地産地消を目指してさまざまなブリ料理を提供
店舗名 鰤料理とじま亭
住所 愛媛県宇和島市恵美須町2丁目2-8
営業時間 11:00~14:00、17:00~22:00
定休日 日祝祭日
TEL 090-9556-1040
FAX 0895-64-0018
URL http://www.tottomamu.com/index.html
その他 JR宇和島駅から約300メートル、歩いて6分

周辺のご当地グルメ

周辺のお立ち寄りスポット

関連リンク
関連ファイル