里海隊
ご当地グルメ

炙ブリ丼定食 (宇和島市)

宇和島市沖で養殖された「戸島一番ブリ」をぜいたくに使ったどんぶり
炙ブリ丼定食
あぶったブリが丼を覆い尽くしている派手なのれんは大漁旗うわうみ漁協女性部のみなさん鰤料理とじま亭
炙ブリ丼定食

まるで上質なステーキ丼を食べているよう

まるで上質なステーキ丼を食べているような感覚になった。ブリ料理を食べたくなり、宇和島市の恵美須町2丁目商店街にある『鰤(ブリ)料理とじま亭』に立ち寄った。数あるメニューのなかから『炙ブリ丼定食』を注文。同市の沖合にある戸島で養殖された『戸島一番ブリ』をぜいたくに使った一品だ。運ばれてきた時、ほのかに甘いたれのにおいがどんぶりから漂ってきた。

切り身を軽くあぶっていて、どんぶりを覆い尽くすように並べられている。肉厚で弾力もあり、かみごたえ十分。甘いたれもジューシーさを倍増させている。下に敷き詰められたレタスと玉ねぎはシャキシャキしていて、ブリとの相性もいい。ごはんにもまた違うたれがかけられているうえに、カツやブリ大根も付いてボリューム満点。

おいしさの秘密は2種類のたれにあり

お店を経営する『うわうみ漁協戸島女性部』の代表・藤川さんは「2種類のたれをかけているんです」と、おいしさの秘密を教えてくれた。切り身にはしょうゆベースのトロリとした甘いたれ。ごはんには、かつおぶしを中心に配合されたたれと使い分けており、開店前の毎朝、たれづくりから始めている。また、レタスや玉ねぎは、ブリとたれによる脂っこさを少なくさせるためには欠かせない野菜なのだという。

藤川さんは「魚嫌いな子が多いでしょ? でも、つくるのも面倒。そんな時は、おばちゃんたちがつくってあげるから、ここに来てください。そんな感じでやっています」という。下処理もしっかりとされているので、独特の魚臭さもない。これなら、子どもも喜んで食べられそう。ハーフサイズもあるので、少食の人たちにも人気があるそうだ。

藤川さんは将来的に「いずれは島で採れた大根とか野菜も提供していきたい」と語ってくれた。地産地消を目指しているブリとともに、オール戸島産で前面に押し出していく考え。戸島のお母ちゃんたちの味から、懐かしさと新鮮さが入り混じったやさしさがじんわりと伝わってきた。
ここに注目!
ブリは成長に応じて名前が変わる出世魚のひとつで、呼び名は地方によってさまざま。四国では若い順にツバス→ツカナ→ハマチ→メジロ→ブリと5段階に分けて呼ばれることが多い。
商品データ 戸島ブリ、レタス、玉ねぎ、大根、味噌他
うわうみ漁業協同組合戸島支所女性部
「戸島一番ブリ」の地産地消を目指してさまざまなブリ料理を提供
店舗名 鰤料理とじま亭
住所 愛媛県宇和島市恵美須町2丁目2-8
営業時間 11:00~14:00、17:00~22:00
定休日 日祝祭日
TEL 090-9556-1040
FAX 0895-64-0018
URL http://www.tottomamu.com/index.html
その他 JR宇和島駅から約300メートル、歩いて6分

関連リンク
関連ファイル