里海隊
ご当地グルメ

あこやあげ (宇和島市)

夫婦のアイデアから生まれた究極のエコ料理
あこやあげ
アコヤ貝の貝肉部分を使って調理いかだ屋ではアコヤ貝を養殖芝磯美さん大漁旗が目印のいかだ屋
あこやあげ

アコヤ貝の貝肉部分で調理

これぞ究極のエコ料理と言える。宇和島市の下波地区の食堂『いかだ屋』では、アコヤ貝の貝肉部分を使ったフライ『あこやあげ』をいただくことができる。同店独自の料理で、3500円のセットメニューの一品でもある。貝柱を使った『貝柱の塩コショウ炒め』と一二を争う人気メニューとなっている。

見た目はカキフライとそっくりだ。さっそく、揚げたてアツアツを頬張った。貝肉のエキスが飛び出し、口のなかに一気に広がる。味付けのしょうゆ、砂糖ともマッチして、うまみが倍増。それでいて、サクサクとした衣の食感が加わり、サイズも小ぶりということもあってどんどん食が進む。気がつけば、お皿にはもうなかった。

「ウチの嫁さんのアイデアなんよ。ゆがいたものに味付けをしている。捨てるのはもったいないけんね」と、ご主人の芝磯美さんは隣にいた一世夫人の横で笑いながら教えてくれた。身が小さかったり、生命力が弱かったりして使えなくなったアコヤ貝の母貝を引き取り、料理の材料として使うことを考えた。廃棄処分には高額な費用がかかるため、無駄を削ろうと2人で試行錯誤しながら料理をつくり続けた。

リクエストすればあんかけも

『いかだ屋』では、セットメニューのひとつとして提供すると同時に、数多くのイベントでも販売している。他にはない独自の料理だけに、売り上げのほうも好調だったようだ。また、通常のフライのほかにも、リクエストすれば「裏メニュー」として、あんをかけたものもつくってくれる。

評判は口コミで徐々に県内外に広がり、衣をつけて真空パックし、冷凍したものを販売。松山市内のイタリア料理店や東京からも注文があるという。生産から販売までを手がける6次産業に取り組む芝さんならではの発想から生まれた料理。エコでシンプルなところがすばらしい。
ここに注目!
アコヤ貝の貝柱以外の貝肉部分を使った商品開発が進められている。軟体部の粘性を酵素を分解する酵素剤の技術開発が最大の課題となっている。うまくいけば、調味料などにも有効利用されそうだ。
商品データ アコヤ貝の貝肉
いかだ屋 芝磯美さん
食堂経営と並行して食用アコヤ貝を養殖
店舗名 いかだ屋
住所 愛媛県宇和島市下波4737
営業時間 要予約
定休日 不定休
TEL 0895-29-0768
FAX 0895-29-0831
URL
その他 いかだ屋は基本的に1日1組限定。1人3500円からのセットメニュー。利用時間は2~3時間

関連リンク
関連ファイル