里山隊
ご当地グルメ

イタリア風ちゃんぽん (八幡浜市)

先入観を覆すトマトベースの八幡浜ちゃんぽん
イタリア風ちゃんぽん
アルデンテ風に仕上げたちぢれ麺CUORE(クオーレ)店内CUORE(クオーレ)兵頭裕さん
イタリア風ちゃんぽん

「ここでしか食べられないもの」をコンセプトに開発

四国の西の玄関口と言われる港町・八幡浜市。人口4万人の同市内にご当地グルメ『八幡浜ちゃんぽん』を提供する店舗は、実に50件以上。とんこつベースの長崎ちゃんぽんに対し、鶏がら・カツオ・昆布出汁のあっさり味の八幡浜ちゃんぽんは、かまぼこやじゃこ天といった練製品が入るのが特徴。市のホームページ内には『八幡浜ちゃんぽんコーナー』が設けられ、商工会議所青年部では一目でわかる『八幡浜ちゃんぽんMAP』を作成するなど、町おこしのツールとしても期待されている。

提供店50店中の一番の変わり種は、『CUORE (クオーレ)』の『イタリア風ちゃんぽん』ではないだろうか。イタリア風にアレンジにしたトマトベースの赤いちゃんぽんだ。「繁華街からちょっと離れているので、他の店と同じようなものではいけない。お客さんにわざわざ足を運んでもらうことになるから、クオーレでしか食べられないものを作りたかった」と、店長の兵頭裕さん。「安くて、早く提供できて、野菜たっぷり。しかもおなかいっぱいになる」という八幡浜ちゃんぽんの枠の中で、自分の作りたい味が決まるまで試行錯誤。市内の提供店を食べ歩いたそうだ。

シメは雑穀米を入れてリゾットで

『イタリア風ちゃんぽん』は具だくさんのトマトソースに、ベーコン、なす、玉ねぎ、にんじん、ピーマンなどたっぷりの野菜が入ったヘルシーなもの。オリーブオイルで炒めた野菜の甘みと、ピリッとしたブラックペッパーのアクセントがやみつきになりそうだ。アルデンテ風に固めにゆでたちゃんぽん麺が意外に合う。ちゃんぽん麺の中でも腰の強い縮れ麺をチョイスしているので、普通のスパゲッティよりもソースに味が絡みやすいようだ。

おしゃれでしかもヘルシーなイメージを兼ね備えているので、女性に人気があるというのもうなずける。「ちゃんぽんをあまり食べない層に食べてほしい。“八幡浜ちゃんぽんの入り口”としてつながっていけばいい」と兵頭さん。麺を食べ終わった後は、残ったスープに雑穀米を入れて、リゾット風にして食べることもできる。スープを飲みきってしまわないようにするのが大変だ。

「料理だけでなく、おしゃべりやインテリアも含めて、僕の部屋に遊びに来てもらっているような雰囲気を目指しています」。小物や内装の隅々に至るまで、兵頭さんのセンスが光っている。新感覚ちゃんぽんをきっかけに、八幡浜ちゃんぽんに新しいファン層ができることは間違いなさそうだ。
ここに注目!
ランチで食べれば600円(税込)とお得。また、新発売の「サラダ仕立ての冷たいちゃんぽん」は夏限定メニューだったが、人気ゆえに通常メニューに移行。こちらは白味噌のベースに豆板醤を合わせたピリ辛中華風。
商品データ ちゃんぽん麺、トマト、ナス、ベーコン、玉ねぎ、にんじん、ピーマン、粉チーズ、オリーブオイル、ブラックペッパー、ねぎ他
店舗名 CUORE (クオーレ)
住所 愛媛県八幡浜市広瀬2-1-2
営業時間 11:30~14:00 17:30~22:00
定休日 日曜日
TEL 0894-24-6252
FAX
URL http://cuore-diary.cocolog-nifty.com/
その他 八幡浜駅から944メートル、八幡浜警察署の隣

関連リンク
関連ファイル