里海隊
ご当地グルメ

川之江味噌 (四国中央市)

燧灘のかえりいりこを地元食材でアレンジ
川之江味噌
原材料のかえりいりこおにぎりにのせて食べるとおいしさ倍増川之江港の写真が入ったラベルが目を引く代表の石川さん
川之江味噌

特注の調合味噌や柚子でおいしさ倍増

地元のさまざまな味がギュッとひとつになった。潮風が漂う燧灘(ひうちなだ)を一望できる四国中央市の川之江漁協を訪れた。イワシ網漁は地場産業として盛んで、特に『かえりいりこ』がたくさん獲れることでも知られる。同漁協の職員ら女性メンバーで構成される『シープロジェクト ひうちの海ごはん』では、地元の特産品を使って『川之江味噌』を製造・販売。地産地消をモットーに掲げて、積極的にPRしている。

代表の石川さんは「すべて四国中央市産の食材を使っています」と説明した。味噌は地元の味噌店に依頼。塩分をギリギリまでそぎ落とし、甘味のあるものに仕上げた特注品だ。固形状で、とても濃厚。かえりいりこがたくさん入っていて、甘味のある味噌とからみ合って食べ応えがある。柚子の果汁を混ぜているので、柑橘のさわやかな香りがする。おにぎりの上にのせれば、うま味がグッと引き立つ。ピザの具材としても使用できる。

伊吹いりこへのライバル心から商品開発

ライバルの存在が『川之江味噌』誕生のきっかけになった。県境の香川県・観音寺市の沖合にある伊吹島でも、かえりいりこ漁が有名で『伊吹いりこ』としてブランド化されている。石川さんたちは「同じ漁場で同じイリコなのに、川之江のものは愛媛県産としてひとくくりに扱われる」と不満を抱いていた。そんな時、愛媛県から6次産業化の話をもらい、石川さんや地元のイベントなどに参加する『セボンクラブ』のメンバーと一緒に『ひうちの海ごはん』を設立。地元色を前面に出した川之江味噌を1年がかりで開発した。

団体名の冠に「シープロジェクト」とあるように、県内のイベントでは商品販売だけでなく、食育活動にも積極的。イリコの出汁の取り方などを教えることで、魚離れが進む若者に魚介類のおいしさを伝えている。石川さんは「将来的には県外にも出たいが、まずは地元のお客さんに愛されるようにしたい」と説明する。四国中央市の食材がたくさん入った川之江味噌は、全国の人々にかえりいりこのおいしさを知ってもらうためのツールでもある。
ここに注目!
かえりいりこという名前の由来は、しらすが成長するにつれて口やおなかの部分が銀色に帯びてきて、体全体も変態。親魚であるイワシの姿にかえるということから「かえりいりこ」と呼ばれるようになったという。
商品データ かえりいりこ、調合味噌、柚子、ゴマ、みりん他
店舗名 シープロジェクト ひうちの海ごはん
住所 愛媛県四国中央市川之江町4101
営業時間 7:30~17:00
定休日 土、日曜日
TEL 0896-58-2019
FAX 0896-58-2079
URL
その他 JR川之江駅から徒歩13分、駐車場あり

関連リンク
関連ファイル