里海隊
加工食品

いわし黒酢南蛮 (大洲市)

首都圏で大人気の伊予灘の逸品
いわし黒酢南蛮
原料となる、こだわりの伊予灘のイリコメディア取材で芸能人も多数来店3代目の竹内眞さん竹内海産物
いわし黒酢南蛮

入念な選別作業で選ばれた良質なイリコ

肱川の栄養豊かな水が流れ込む大洲市長浜沖。「雨の後は、小学校のグラウンドくらいあるイワシの群れがあっちこっちで見えますよ」。そう語るのは、長浜で3代続く老舗海産物店『竹内海産物』の竹内眞さん。伊予灘の良質のいりこを使った同店の『いわし黒酢南蛮』が今、首都圏で大ブレイクしている。

都内の大手スーパーや高級店からひっぱりだことなっている『いわし黒酢南蛮』。人気の要因は「いりこにとことんこだわって作っているから」と竹内さんは言う。

「県内いろんなところでイリコは獲れますが、何でも黒酢南蛮にできるわけじゃない。この界わいで獲れた良質のイリコをテイスティングして、おいしいものを厳選しています。さらに、すべて手作業で大きさを選別します。黒酢南蛮にするのに最適な大きさがあるんですよ」。サイズがまばらだと、味もバラけてしまう。さらに加工後とパッキング時と、都合3回の選別作業を行うことで、こだわりの味と品質を実現している。

じんわりと広がるイリコのうま味と黒酢の香り

愛媛県の小魚を三杯酢に漬けて食べる習慣からヒントを得た竹内さん。半年以上の時間をかけ試作を繰り返し、納得のいく味にたどり着いた。黒酢を吸いしっとりとしたイリコをかみ締めていくと、じんわりとイリコのうま味が口に広がる。苦味やくさみはまったくなく、いかに念を入れて選別されているかがよく分かる。黒酢の香りと酸味も食欲をそそり、伸ばした手が止まらなくなる。

だが、県内にはいりこ商品がたくさんあるから目立たない。そこで竹内さんは「東京で知名度を上げて、逆に帰って来る」という戦略を立てた。その狙い通り、築地市場の敏腕バイヤーの目に留まり、Odakyu OXやクイーンズ伊勢丹といった高級スーパーで販売され、人気商品となっている。東京での対面販売時には「皆に配るから」と1人で50パックも買っていったお客さんもいたそうだ。

とにかく手間と時間がかかるため、大量生産はできない。原料も自然のものなので、仕入れに苦労することも。だが、竹内さんは「もし良いいりこが獲れなければ、やめてしまうというくらいの気持ちでやってます。品質は下げません」と言い切る。その心意気、いりこに対するこだわりがあってこそ完成した、新感覚の珍味だ。
ここに注目!
県内では愛たい菜、サニーマート(椿店除く)、エフマルシェ、あさもやで購入可能。電話、メールでの通販も受け付けている。
商品データ カタクチイワシ、黒酢、しょうゆ、みりん他
店舗名 竹内海産物
住所 愛媛県大洲市長浜237-1
営業時間 9:00~18:00
定休日 日曜日(不定期)
TEL 0893-52-1355
FAX 0893-52-1355
URL
その他 JR伊予長浜駅から徒歩約10分。ショッパーズ長浜店隣

関連リンク
関連ファイル