里海隊
ご当地グルメ

小魚のオリーブオイル煮 (八幡浜市)

未利用魚、低利用魚を有効利用したエコ商品
小魚のオリーブオイル煮
宇和海ヒメチオリーブオイル煮 赤いオイル原材料のヒメチ尾地さん(中央)と松浦さん夫婦アゴラマルシェ
小魚のオリーブオイル煮

ヒメチやホタルジャコが絶品料理に変身

エコの思いから生まれた。八幡浜港近くの道の駅『八幡浜みなっと』内にある『アゴラマルシェ』を訪れた。八幡浜市は四国有数の水揚げ量を誇る。2隻の船を使い、ひとつの網を引くトロール漁業(底引き網漁)が有名だが、市場にはあまり出回らない未利用魚や低利用魚を使って開発されたのが『小魚のオリーブオイル煮』。ヒメチ2種類とカタクチイワシ、ホタルジャコの計4種類で、同施設のオリジナル商品だ。

マネジャーの尾地さんは「市場に出回らない未利用魚、低利用魚を、なんとか有効利用できないかという思いから開発された」と説明した。特に、ヒメチは古くから宇和海で多く獲れているが、骨が硬く、調理が難しいなどの理由から、一般的にはじゃこ天の材料となるすり身として利用されてきた。『八幡浜地魚利用研究会』に所属していた社長の山本さんは有名料理人や地元の水産会社とタッグを組んで、新商品の開発を進めてきた。

オリーブオイルで魚のにおい消し

商品を製造する『オーシャンドリーム』取締役の松浦さんらは、独自に調合したオリーブオイルで煮ることで、魚独特のくさみを取ることに成功。ローズマリーやローリエなどのハーブを加え、香り豊かにしている。『宇和海ヒメチ オリーブオイル煮』の赤いオイルに入ったヒメチは魚肉ソーセージのような食感。パプリカで色づけされた赤いオイルには鷹の爪が入っているものの、見た目ほど辛くはない。レモン風味も、さわやかな酸味が口のなかに広がって食べやすい。

カタクチイワシやホタルジャコも人気が高く、松浦さんは「ピザの材料にも使えるし、クラッカーの上にのせてもおいしい」と教えてくれた。尾地さんは「魚だけでなく、オイルまで全部使いきれるのがいい」と言うように、サラダにはドレッシング代わりに、パスタにはソースとして使える。ラベルも材料のイラストを使って人の顔を表現し、お客さんにも好評だ。魚を愛する八幡浜市民のさまざまな思いがひとつの瓶のなかにギュッと詰まっている。
ここに注目!
他にもオリジナルのカレー製品がある。幻の豚「日野出豚」をみかんジュースに漬け込んだ肉を使った「日野出豚カレー」や、伊予牛の「八幡浜ビーフカレー」、浜千鶏の「八幡浜バターチキンカレー」の3種類。
商品データ ヒメチ、カタクチイワシ、ホタルジャコ、オリーブオイル、ニンニク、鷹の爪、ローリエ、ローズマリー他
店舗名 アゴラマルシェ
住所 愛媛県八幡浜市沖新田1584
営業時間 8:00~18:00
定休日 なし
TEL 0894-35-6565
FAX 0894-35-6611
URL http://www.agora-m.co.jp/
その他 JR八幡浜駅から車で5分、駐車場あり

関連リンク
関連ファイル