里山隊
ご当地グルメ

愛南町産媛っこ地鶏のリエットのパニーノ (愛南町)

オーダーが入ってから作るイタリア風サンドウィッチ
愛南町産媛っこ地鶏のリエットのパニーノ
木彫りの看板ナチュラル工房 la vitaナチュラル工房 la vita梁瀬誠一郎さん
愛南町産媛っこ地鶏のリエットのパニーノ

イタリア料理人の作る本格パニーノ

愛媛県最南端の町・愛南町は、漁業や柑橘農家など第一次産業を主体する静かな町だ。県の名勝に指定される宇和海の美しい自然に恵まれ、気候と同様穏やかでやさしい気質の人たちが住んでいる。

同町城辺にイタリア料理のシェフが開業したパン屋があると聞きつけ、さっそく訪ねてみた。『ナチュラル工房 la vita』の玄関前はプランターや植木鉢で飾られ、外国の民家のようなかわいらしい外観が印象的だ。

ショーウインドーには、評判の『愛南町産の媛っこ地鶏のリエットのパニーノ』は並んでいない。なぜなら、各種パニーノ、サンドウィッチ類はすべてオーダー後に調理を始めるからだ。「私はもともとは東京でイタリア料理人をしていましたから、お客さんにはあったかい作りたてのものを食べていただきたいんです」と、店主の梁瀬誠一郎さん。

リエットとは、豚肉や鶏肉を角切りにし、弱火でゆっくりと加熱してペースト状にしたパテに似た肉料理のこと。これをフォカッチャというパンに挟み、パニーノ(イタリア風サンドウィッチ)に仕上げる。本場イタリアでは、ポピュラーな軽食だそうだ。

とろけるような食感のリエットの塩味が絶品

「地鶏の表面をパリッと焼いてから、鶏ガラや野菜と一緒に5~6時間煮込みます。スープがギュッと濃縮したところを冷やすと、コラーゲンで固まるんですよ」と梁瀬さん。ハムのように分厚く切った自家製リエットの塩味とうま味が、レタスとトマトにからみつき、煮凝り部分が口のなかでとろける。

料理を極めるうちに、食材を提供する側になりたいと愛南町にUターンした梁瀬さんだが、せっかくいい素材を作っても、考えていた以上に中央までの距離がネックになったそうだ。しかし「素材を加工すれば、距離を縮めることができる」と奮起。2009年に『ナチュラル工房 la vita』を開店した。

コンセプトは「おいしく、楽しく、健康に」。そのおいしさにひと目ぼれしたという国産の全粒粉を天然酵母でゆっくり発酵させる。手間も時間もかかるが、自分の子どもにも安心して食べさせられるものを作りたいという気持ちが強く、今も創業当時と同じ姿勢を貫いている。

梁瀬さんは「ありのままの食材がいちばんおいしい。そのおいしさをシンプルに伝えていくことが大事だと思っています」と話してくれた。愛南発のパニーノには、世界に通じるおいしさがある。
ここに注目!
パニーノ (Panino) は、パンで具材を挟んだイタリアの軽食。「ウチの媛っこ地鶏は、誰がどこで飼っているか、鶏がどんな環境でどんなものを食べているかまで知っています」と梁瀬さん。
商品データ フォカッチャ(全粒粉、小麦粉、塩)、トマト、レタス、愛南町媛っこ地鶏、野菜他
店舗名 ナチュラル工房 la vita
住所 愛媛県南宇和郡愛南町城辺甲3831-2
営業時間 6:30~19:00
定休日 毎週日曜、第4月曜日
TEL 0895-72-2080
FAX
URL http://www.lavita-natural.com/
その他 店舗前に駐車場あり

関連リンク
関連ファイル