里海隊
ご当地グルメ

どーや丼 (八幡浜市)

新鮮なネタ12種類がのった豪華海鮮丼
どーや丼
特製醤油をかけていただくどーや食堂に隣接するどーや市場看板の前で笑顔の代表の山西さんどーや食堂
どーや丼

シーフードマイスター厳選のお値打ちメニュー

たくさんの新鮮な海の幸を一度に食べられるという、ぜいたくなどんぶりが八幡浜市にあると聞き、八幡浜港近くにある道の駅「八幡浜みなっと」を訪れた。八幡浜魚市場で水揚げされた魚介類を販売する『どーや市場』の隣に、同市場の直営店『どーや食堂』が2014年3月にオープン。看板メニューが特製海鮮丼である『どーや丼』。その日に獲れたばかりの新鮮な魚介類を中心に10~12種類が使われており、1日20食の限定メニューだ。

ひと目見れば、その豪華さが十分に分かる。この日はハマチや鯛、イカ、シマアジ、タチウオ、マグロ、ヒラメ、サザエ、釜揚げシラス、ウニ、イクラ、甘エビの12種類。その日の漁によって内容が変わるが、どれも身がプリプリしていて、食べ応え十分。特製の合わせ醤油をかけて食べれば、うま味がグッと増す。どーや市場にはシーフードマイスターが10人以上在籍しており、目利きはたしか。厳選した魚介類を仕入れている。代表の山西さんは「他の海鮮丼と比べても、ダントツでナンバーワンだと思う」と胸を張る。

最短5分で完売の1日限定20食

『どーや市場』では2013年4月の開店当初からバーベキューコーナーを開いていたが、市場を訪れた観光客から「せっかく来たのに、新鮮な魚を食べるところがない」「すぐに食べたい」という声が多数続出した。その話を聞いた八幡浜市側から「魚市場の直営の食堂はとても魅力があるから、やってみては」と強力バックアップを受けて『どーや食堂』の開店にこぎつけた。

販売開始当初から反響は大きく、休日になれば開店前から長い行列ができるほど。山西さんは「早い時なら、5分で完売です。完ぺきに大赤字ですよ」と苦笑いするほどの人気商品なのもうなずける。値段は1500円と少し高めだが、新鮮なネタ10~12種類とボリュームを考えれば、食べてみる価値は十分にある。魚のまち・八幡浜ならではの豪華海鮮丼。海の風を感じながらの食事は最高な時間だ。
ここに注目!
どーや丼以外にも、通常の海鮮丼もある。ネタは7種類前後だが、ネタの新鮮さはどーや丼同様。また、刺し身定食やシーフードカレー、ちゃんぽんも。新鮮な鯛を入荷時の限定だが、鯛そうめんもある。
商品データ ハマチ、鯛、イカ、シマアジ、タチウオ、マグロ、ヒラメ、サザエ、ウニ、釜揚げしらす、イクラ、甘エビ、しょうゆ他
店舗名 どーや食堂
住所 愛媛県八幡浜市1581-23
営業時間 平日7:00~14:00、土10:00~14:00、日・祝日7:00~15:00
定休日 火曜日
TEL 0894-21-1537
FAX なし
URL http://www.do-ya-ichiba.com/index.php
その他 どーや丼は午前10時から販売。JR八幡浜駅から車で5分、駐車場あり

関連リンク
関連ファイル