里海隊
郷土料理

アジのあらい (西予市)

奥地あじをふんだんに使った郷土料理
アジのあらい
特製の合わせ醤油でいただく刺し身をさばいた後、水でサッと洗い流す注文を受けてから水槽の奥地あじを取り出す和泉屋の店主・宇都宮秀夫さんとスマ子夫人
アジのあらい

氷の上の冷たい刺し身をさっぱりと

これぞ究極の食べ方だ。複雑に入り組んだリアス式海岸が広がることで知られる西予市三瓶町。豊後水道の潮流が流れ込む奥地湾の栄養豊富な養分を食べてスクスクと育ったブランド魚『奥地あじ』をふんだんに使った料理があると聞いた。寿司店『和泉屋』を訪れ、人気メニューのひとつ『アジのあらい』を注文。文字通り、新鮮なアジの切り身を水で洗って食べるという。三瓶町民に長く愛されている郷土料理でもある。

見た目からして豪快だ。皿に敷きつめた山盛りの氷が見えなくなるくらいに、切り身をたくさん並べている。大分・臼杵市から取り寄せたカニ醤油と愛媛県産の刺身醤油をブレンドした甘味のある特製合わせ醤油をつけていただく。氷の上にのって冷たい切り身はプリプリして歯ごたえ十分。脂分を落としているので、さっぱりしている。また、甘味のある新タマネギといっしょに食べると、アジのうま味が引き立つ。

洗うことで脂分を落とし、身を引き締める

店長の宇都宮さんは「三瓶では刺し身と言えばあらいのことを指すんです。私が小さい時から、ずっとそうです」と教えてくれた。お客さんの注文を受けてから、店内にある水槽のなかから奥地あじを取り出してさばく。その後、冷水で洗うことで、余分な脂分を洗い落とす。「サッと洗って脂を落とせば、身が引き締まりますから」と説明。アジの脂を落とすことで、たくさん食べられるようにしたという説も残っている。

広大な海を泳ぐ回遊魚とは違い、奥地あじは奥地湾の海域で育つ瀬付きアジのため、脂ののりや身の締まりがよく、絶妙なバランスの肉質を持っている。『和泉屋』では地元の水産業者から厳選されたものだけを仕入れているため、いつでも新鮮な『アジのあらい』を食べることができる。家庭料理ではもちろん、お祝い事などには必ずと言っていいほど出される料理。地元の人々から愛される一品を食べて、また舌が肥えてしまった。
ここに注目!
「アジのあらい」と並ぶ人気商品が「アジめし」。切り身と卵をアツアツのごはんの上にのせ、秘伝のタレをかけていただく。宇都宮さんは「ウチのお客さんはアジのあらいかアジめしのどちらかに分かれる」と分析する。
商品データ 奥地あじ、タマネギ、大根、しょうゆ他
店舗名 寿司和泉屋
住所 愛媛県西予市三瓶町朝立1-438-50
営業時間 11:30~13:30、17:00~22:00
定休日 火曜日
TEL 0894-33-0305
FAX 0894-33-0305
URL
その他 JR八幡浜駅から車で22分、駐車場あり

関連リンク
関連ファイル