里海隊
ご当地グルメ

照りてり寿司 (宇和島市)

宇和島市遊子地区で獲れたブリでつくったオリジナル寿司
照りてり寿司
たべ鯛(右上)やたべ鯛バーガーも人気キッチンカー「ゆすの台所」遊子漁協女性部のみなさん遊子漁協女性部のみなさん
照りてり寿司

おいしさの秘密は真空パックにあり

地元愛から誕生した商品だ。宇和島市の遊子(ゆす)地区は真珠とともに、全国でも有数のブリの養殖生産量を誇っている。遊子漁協女性部のキッチンカー『ゆすの台所』では、そんなお母ちゃんたちの思いがたくさん詰まった『照りてり寿司』が販売されている。ブリ好きにはたまらない商品のひとつ。さっそく購入しようと、立ち寄ってみた。

特製の甘いたれで照り焼きにしたブリの切り身が酢飯の上に置かれている。一見、押し寿司のようだ。ひと口ほおばってみる。たれが中まで染み込んでいることもあり、身が柔らかくて食べやすい。甘いたれということもあって、魚嫌いの子どもたちにも人気があるそうだ。「レンジで少し温めてから食べると、もっとおいしいですよ」と、店頭で販売していた代表の山内さんが笑って教えてくれた。

おいしさの秘密は真空パックにある。山内さんたち女性部のメンバーは、普段は自ら漁船の舵を握り、漁に出ている。ブリは処理に手間がかかるため、獲れたばかりのものに甘いたれを絡ませて焼いたものを、すぐに真空パックにして保存。いつでもおいしいものを提供できるようにしている。

ブリへの愛情の深さが商品開発の動機

地元のブリを県内外の人に食べてもらいたい。そんな強い気持ちが『照りてり寿司』の開発につながっている。キッチンカーで県内外を走り回り、多くのお客さんと出会うことで、山内さんは「それまで商品としてしか見ていなかった魚に対する考え方が“食べてくれる人のために”という考え方に変わってきた」という。だからこそ、ブリを使用した商品を開発することは不可欠だった。

遊子は国の重要文化的景観にも認定されている『遊子水荷浦の段畑(ゆすみずがうらのだんばた)』で名を知られている。それでも、山内さんは「まだまだ知名度が低い。もっと知っていただくことが大事」と、パワフルに動き回る考えだ。お母ちゃんたちの味が染み込んだ照りてり寿司を頬張ると、遊子の美しい景色が目に浮かんだ。
ここに注目!
ブリは主に西日本の沿岸各地で養殖されており、現在では養殖による漁獲量が天然ものの約2倍と大きく上回っている。2008年の統計によると、1位は鹿児島県で、2位が愛媛県。3位以降は大分県、長崎県、宮崎県。
商品データ ブリ、酢飯
遊子漁業協同組合女性部
キッチンカー「ゆすの台所」で県内外を走り回るパワフルお母ちゃんたち
店舗名 遊子漁業協同組合女性部 キッチンカー「ゆすの台所」
住所 愛媛県宇和島市遊子2548
営業時間 特になし
定休日 不定休
TEL 0895-62-0211
FAX 0895-62-0874
URL http://www.yusu.jp/
その他 土日祝日を中心に営業

関連リンク
関連ファイル