里山隊
アルコール

道後ビール (松山市)

湯あがりに飲み干す道後の地ビール
道後ビール
道後ビール醸造用タンク水口酒造販売促進部の家串さん
道後ビール

すっきりとした味わいの4種類

全国でも名高い温泉地・道後温泉本館を中心とし、観光名所として多くの人が訪れる松山市道後。歴史を感じる町並みのなかに、多くの土産店や旅館などが建ち並ぶ。近年では個性あふれるイベントや試みによって新たな表情を引き出し、さらなる集客を図っている。

道後唯一の造り酒屋『水口酒造』は道後温泉本館が建築された翌年1895年に創業し、清酒『仁喜多津』は道後とともに100年以上もの歳月を歩んできた。また、『仁喜多津大吟醸酒』は『全国新酒鑑評会』にて金賞を獲得。その他にも、さまざまな賞を獲得している。

販売促進部の家串さんは「うちのお酒が全国各地から道後に来られるお客様の思い出づくりの演出として役立てれば」と言う。その思いが形になり、道後を歩けば、どこかで必ず水口酒造の酒と巡りあうことができる。

熱処理をせず、モルトをぜいたくに使用

『道後ビール』は『水口酒造』の日本酒ののれんを守るために誕生した地ビール。造り酒屋としての清酒醸造の技術は持ってはいたものの、初めての醸造商品ということで味の均一化に苦労したそうだ。モルトをぜいたくに使い、熱処理を行わず、生きた酵母がたっぷりと入った生のビール。湯あがりにゴクゴクと飲んでもらうことを想定しているだけに、さっぱりとして飲みやすいものになっている。

道後ビールは『道後麦酒館』などで飲むことができる。「道後には本当にたくさんのお客様が来られるので、いろんなお客様に合わせて商品を取り揃えておかないと」という家串さんの言葉通り、道後ビールはケルシュ、アルト、スタウト、ヴァイツェンの4種類あり、それぞれに坊っちゃん、マドンナ、漱石、のぼさんと松山ならではのニックネームをつけることで、より身近にそれぞれのテイストを感じてもらうようにしている。近年では、愛媛県が産地として名高い「はだか麦」を原料に加えることで、さらなるおいしさを引き出している。

「道後に来て飲んでいただきたい。来ていただいたなら、せいいっぱい振る舞いたいと思っています。一過性にならないように、松山にある接待文化を大切に、ひとりひとりに気持ちの通じたお付き合いができればと思っています」。水口酒造はこれからも、道後ビールなど商品を通じて、訪れる人に道後の魅力を伝えていく。
ここに注目!
4種類ある道後ビールはどれもさっぱりした味わいなので、湯上がりに飲むのが最適。道後麦酒館やにきたつ庵で愛媛の食材と一緒に味わうのもおいしい。
商品データ 麦芽、ホップ、麦、はだか麦、アルコール度数5%
店舗名 水口酒造株式会社
住所 愛媛県松山市道後喜多町3-23
営業時間 8:30~17:00
定休日 日曜、祝日
TEL 089-924-6616
FAX 089-924-3707
URL http://www.dogobeer.co.jp/
その他 駐車場あり

関連リンク
関連ファイル