里山隊
アルコール

蔵元のらいむ酒 香来夢(こらいむ) (松山市)

ライムが醸し出すさわやかな香り
蔵元のらいむ酒 香来夢
蔵元のらいむ酒 香来夢敷地内にある神社栄光酒造専務の清水さん
蔵元のらいむ酒 香来夢

日本一の産地を目指す松山産ライムを使用

松山市の約半分の上水が流れる石手川。河岸には多くの公園が設置され、市民の憩いの場やスポーツ活動の場として活用されている。石手川の上流域にあたる岩堰(いわぜき)地区に、1897年創業の『栄光酒造』がある。

蔵元を代表する日本酒『酒仙栄光』はこれまでに『新酒鑑評会』で最高位金賞を幾度となく受賞。実は、清酒のみならず梅酒づくりも有名で、最近ではリキュールづくりにも積極的である。

リキュールは原料が大事。柑橘王国・愛媛はいい原材料に恵まれているため、さまざまなリキュールをつくることができる。そのなかでも、日本一の産地を目指す松山市産のライムを使った『蔵元のらいむ酒 香来夢(こらいむ)』は『松山ブランド新製品コンテストNEXT ONE』で優秀賞を受賞した。

市民の声を取り入れて果肉感を表現

『蔵元のらいむ酒 香来夢』は松山市の果実を中心に卸している『のうみん』で搾汁した天然果汁を焼酎とブレンド。異業種交流会『まつやま市民ブランドをつくる会』に集まった人たちの「もっと果肉感が欲しい」といった意見を聞きながら仕上げた。開発時は、どこまで酸味を残すかに時間を費やしたそうだ。

松山市のライムの特徴は「とにかく香りがいいですよね。果汁感が全然違いますよね」と、専務の清水さんは言う。「とにかく香りが強い。それに、新鮮でさわやかな香り。これがライム本来の香りだというのがすごくわかる」という香来夢は、カクテルのベースとしてもいいだろう。

『栄光酒造』は、本当においしい酒を通じて「幸いを約束する、晴れやかな気運」を提供していきたいというスローガンを掲げている。愛媛で生まれる原料をもとにさまざまな酒を展開し続けている。
ここに注目!
少し酸が強いので甘めで飲みたい場合はハチミツを入れるといいい。カクテルのベースとしても使える。
商品データ ライム果汁、本格焼酎、砂糖、アルコール度数8%
のうみん
農家による農家のための会社
店舗名 栄光酒造株式会社
住所 愛媛県松山市溝辺町甲443
営業時間 9:00~17:00
定休日 日曜日
TEL 089-977-0964
FAX 089-977-5413
URL http://www.eikoo.com/
その他 駐車場あり

関連リンク
関連ファイル