里海隊
ご当地グルメ

たべ鯛 (宇和島市)

鯛の身がギッシリ詰まった、思わず食べたくなる「鯛焼き」
たべ鯛
たべ鯛バーガー(左上)や照りてり寿司も人笑顔で応対する遊子漁協女性部のみなさんキッチンカー「ゆすの台所」で販売遊子漁協女性部のみなさん
たべ鯛

遊子漁協女性部の一二を争う看板商品

商品名を見たら、思わず食べたくなる人も多いはずだ。その名もズバリ『たべ鯛』。遊子(ゆす)漁協女性部が販売する看板商品のひとつ。キッチンカー『ゆすの台所』で県内外のイベントに駆けつけ、遊子の魚を使った商品を販売している。そのなかでも一二を争う人気を誇るのが、たべ鯛である。

代表の山内さんが「女性部のみんなでおしゃべりをしていた時、鯛の形をした焼きおにぎりを見て、誰かが“それ食べたいね”って言ったんです」とネーミングの由来を教えてくれた。炊き込みごはんで鯛の形に焼いたものを2つに割ってみると、なかには大きな鯛の身がギッシリ。身もホクホクしていて、食べ応えは十分だ。

完成までにはかなりの時間を要した。最初は通常の鯛焼き機を使って焼いていたが、山内さんは「鯛の身を混ぜた状態で焼いたりしたが、すぐに焦げついてしまったり」と苦笑い。機械も改良を繰り返し、現在のオリジナル鯛焼き機の考案にたどりついた。焼き方も「鯛の身をあんこのように入れたら、うまくいった」とか。元祖・鯛焼きと同様の焼き方。まさに「原点」に返って理想に到達した。

くさみがないので魚嫌いな子どもにも人気

たべ鯛の見た目は鯛焼きで、オリジナルの機械も鯛焼き機と似ていることから、山内さんも「最初は鯛焼きと間違われることが多くて、一から説明していた」という。徐々に認知度が高まり、いまでは1日に何度も来てくれるリピーターが増えた。

下ごしらえの段階で魚のくさみを消しているので、魚が苦手な人でも食べられる。また、骨をローストして出汁を取っており、その出汁を使用したごはんからも鯛の味を楽しむことができる。お茶漬けにしてもおいしいそうだ。

2014年3月には冷凍の『たべ鯛』の販売を開始。一度食べたら、また食べたくなる味。また食べたい。キッチンカーを離れたあと、ふと思った。
ここに注目!
たべ鯛はお茶漬けにしてもおいしい。「香ばしさがさらに際立ちますよ」と、山内さんはオススメする。
商品データ 真鯛、米
遊子漁業協同組合女性部
キッチンカー「ゆすの台所」で県内外を走り回るパワフルお母ちゃんたち
店舗名 遊子漁業協同組合女性部 キッチンカー「ゆすの台所」
住所 愛媛県宇和島市遊子2548
営業時間 特になし
定休日 不定休
TEL 0895-62-0211
FAX 0895-62-0874
URL http://www.yusu.jp/
その他 土日祝日を中心に営業

関連リンク
関連ファイル