里海隊
郷土料理

真鯛の塩焼き (今治市)

瀬戸内海を制した村上水軍の豪快料理
真鯛の塩焼き
おかしらのアラ汁(左端)や刺身能島水軍の拠点だった能島(左)と鯛崎島村上水軍博物館民宿かぶらぎ
真鯛の塩焼き

急流で育った真鯛を丸焼きに

ひと口食べれば、海賊になった気分を味わえるかもしれない。瀬戸内海に浮かぶ今治市・大島の宮窪地区はかつて、村上水軍の一派、能島(のしま)水軍が能島に水軍城を設けていたことで知られる。獲れたばかりの魚介類を船上で調理して食べていた料理は、現在でも『水軍料理』として受け継がれている。沖合にある能島や鯛崎島などを眺望できる場所にある『民宿かぶらぎ』に宿泊。さまざまな水軍料理を提供しており、豪快な料理のひとつ『真鯛の塩焼き』を夕食でいただいた。

運ばれてきた大皿の上には、来島海峡で獲れた天然の真鯛が丸々のっていた。水軍料理らしく、塩のみで味つけされており、まさにシンプル。島が多く、潮の流れが速いことで知られる来島海峡で育った真鯛は身が引き締まっていて、身がたくさん詰まっている。焼きたてなので、白身はホクホク。かめばかむほど、うま味が口のなかに広がる。おかみの阪口さんは「そのまま食べるのが一番です」と笑った。

漁師の家でも味わう家庭料理

派手で豪快な水軍料理は一般的には大人数が集まる祝いごとの席で出されており、『真鯛の塩焼き』以外にも『法楽焼(ほうらくやき)』や『水軍鍋』などが有名。一方で、宮窪地区の漁師の家では日常の家庭料理としても食べられている。今回もテーブルには塩焼き以外にも鯛のおかしらのアラ汁や刺身が並んでいて、どれも家庭的で素朴な味。阪口さんは「新鮮ですぐに手に入れられますから。鯛味噌などもオススメですよ」と教えてくれた。

宮窪地区には『村上水軍博物館』があり、船上から能島などを一望できる『潮流体験』も開催されているため、県内外から多くの観光客が訪れる。昼間は島内観光をして、夜は水軍料理に舌鼓を打つのもいい。阪口さんは「やはり、水軍料理を食べたくて泊まられるお客さんは多いですね。みなさん、喜んでいただいています」と説明した。村上水軍の時代から根付いている鯛料理は、まさに絶品だった。
ここに注目!
「法楽焼」は真鯛や車エビなど海の幸のほか、卵や里芋、栗など山の幸を使用。松葉を敷いた黒石の上に真鯛などを盛りつけ、オーブンで焼き上げる。「水軍鍋」は真鯛や車エビ、イカなど魚介類を中心に煮込んだ料理。
商品データ 真鯛
店舗名 民宿かぶらぎ
住所 愛媛県今治市宮窪町宮窪2872-4
営業時間 チェックイン13:00、チェックアウト12:00
定休日 不定休
TEL 0897-86-2286
FAX 0897-86-2286
URL
その他 しまなみ海道・大島南ICから車で21分、駐車場あり

関連リンク
関連ファイル