里海隊
ご当地グルメ

中華そば (伊予市)

60余年前から変わらない素朴な味
中華そば
もちもちした麺がスープと絡み合う木の内装で木札メニューとレトロな雰囲気の2代目店主の坂本さん朝日屋食堂
中華そば

いりこや昆布などから取った甘いスープ

心がポッと温かくなる素朴な味だ。昭和レトロな街並みが印象的な伊予市商店街から左に細い路地に入ると「うどん そば」と書かれた紺色ののれんが見えてくる。地元の人々の間で人気の『朝日屋食堂』。昔ながらのそばを食べられると聞きつけ、立ち寄ってみた。店内は木の内装で、どこか懐かしさを感じさせる雰囲気。木札に書かれた数多くのメニューのなかから『中華そば』を注文した。

運ばれた器には、かまぼこやちくわ、すまきなどの練りものに加え、キャベツやもやしなど野菜が麺を覆い隠すほど盛られている。地元産のいりこや昆布などの魚介類と、トンコツ、鶏ガラや野菜などを煮込んで取ったスープはあっさりとして、ほんのり甘い。麺はもちもちして、キャベツやもやしなどの野菜は柔らかく煮られていて食べやすい。ゴマの風味もよく、食欲をますますかきたてられて、あっという間に平らげていた。

かまぼこやちくわなど練りものがいっぱい

創業して60余年の老舗である『朝日屋食堂』は、のれんにも書かれているように、開店当初は炭火で炊いた鍋焼きうどんが看板メニューだった。だが、常連客に「そばは置いていないのか?」と注文を受けたことから、先代が『中華そば』を提供し始めたという。当時から同店で料理をつくり続ける2代目の坂本さんは「地元の人々に、地域に愛されるメニューをつくりたいと思った」と説明。お手ごろな値段で提供し続けている。

開店当初は商店街周辺に映画館が3軒あり、周辺はもちろん、飲食店街も活気にあふれていたという。坂本さんは時が半世紀流れても、昔ながらの中華そばを提供することにこだわり続ける。その思いを受け止めるように、お昼時にはサラリーマンや親子づれが訪れる。坂本さんは「みんなが知っている味を守り続けていきたい」と話す。当時の面影を残したままで、食べるたびに郷愁を誘う。朝日屋食堂の中華そばには、そんな魅力がたくさん詰まっている。
ここに注目!
メニューは「中華そば」の他、肉そばなどのそば類や肉うどんなどのうどん類、親子丼などのどんぶりものと大きく分けて3種類。麺類と一緒にごはんものも白めしといなりずしを注文するお客さんが多いという。
商品データ 麺、かまぼこ、ちくわ、すまき、いりこ、昆布、鶏ガラ、トンコツ、キャベツ、もやし、牛肉、ゴマ他
店舗名 朝日屋食堂
住所 愛媛県伊予市灘町16
営業時間 10:00~19:00
定休日 月曜日
TEL 089-982-0254
FAX なし
URL
その他 伊予鉄道・郡中駅から徒歩3分、駐車場あり

関連リンク
関連ファイル