里海隊
食材

長浜フグ (大洲市)

自然の恵みが育んだ天然フグ
長浜フグ
注文を受けてからさばいていく皮ひきをしてトゲを取り除いていく長浜フグをさばく濱田さん濱屋
長浜フグ

いけすのなかで泳がせることでうま味倍増

活きのよさでは、どこにも負けていないという自信がある。伊予灘に面する大洲市長浜は「フグの王様」と言われるトラフグの生産地として古くから知られ、その食文化がいまも根付いている。山の栄養分が肱川(ひじかわ)を通して伊予灘に流れ込み、大量のプランクトンが発生することから、トラフグにとっては最高の生息地だ。『夕焼けこやけライン』を抜け、長浜港近くを走ると、明治時代に創業の老舗『濱屋』が見えてくる。天然の『長浜フグ』を全国へ発送している。

店内をのぞくと、水揚げされたばかりのフグがいけすのなかで泳いでいる。店から海水をポンプで汲み上げて24時間循環。仕入れたばかりの長浜フグも1、2日間泳がせている。店長の濱田さんは「獲れたばかりのフグにはくさみがありますから。泳がせることで、身が締まるし、きれいになる。一番いいタイミングでさばくことで、質が違ってくる」と説明。注文を受けた後にいけすから取り出し、血抜きをしてさばくことを徹底している。

身の伸びがよくたくさん食べられる

同じ瀬戸内海では下関のフグが全国的に有名だが、濱田さんは「長浜のフグは身の伸び方がいいので、1匹からでもたくさんの身が取れる。身が生きているということ。おいしさを表すひとつのバロメーターですね」と長所を教えてくれた。食べてみると、身はもっちりとしていて、ほんのりと甘さがある。身の肥え具合もポイントで「重さだけでは分からない。跳ね返る弾力というか、柔らかさのなかに張りがあるものがいい」という。

『長浜フグ』はなんといっても、天然であることが最大の持ち味。旬は秋の終わりから冬にかけて。長浜には多くのフグ料理専門店があり、県内外から観光客も多く訪れる。しかも猛毒のある内臓以外はすべて食べられる。濱田さんは「皮料理や唐揚げもおいしいし、刺身を食べた後は鍋とか雑炊にしてもいい。バリエーション豊富に楽しめる」と勧めてくれた。伊予灘が生んだ自慢の味を堪能するために、何度も訪れたいと思わせてくれる。
ここに注目!
活きのよさを見分ける他のポイントとして、濱田さんいわく「まぶたの開閉の反応がいいこと」とのこと。一般的に硬骨魚はまぶたを持たないが、フグは油瞼(ゆけん)という膜で目を覆い、十数秒かけて目を開閉する。
商品データ 長浜フグ
店舗名 濱屋
住所 愛媛県大洲市長浜甲1018-1
営業時間 7:00~17:30
定休日 不定休
TEL 0893-52-0147
FAX 0893-52-0688
URL http://www.rakuten.co.jp/ehime-hamaya/
その他 JR伊予長浜駅から徒歩6分、駐車場なし

周辺のご当地グルメ

関連リンク
関連ファイル