里海隊
スイーツ

ソルティちゃん (新居浜市)

小学生がつくった塩から生まれた洋菓子
ソルティちゃん
多喜浜小学校の児童がデザインソルティ多喜浜でつくられた塩店長の永易さん永久堂
ソルティちゃん

多喜浜小の児童と洋菓子店のコラボ商品

小学生のアイデアとたくさんの思いが詰まった菓子だ。燧灘(ひうちなだ)を望む新居浜市の多喜浜地区はかつて、塩田で栄えた町として知られる。最盛期には5カ所の塩田が広がり、全国でも有数の製塩量を誇ったことを物語る数々の遺跡類がいまでも残る。そんな同地区の多喜浜小学校の児童が地元の洋菓子店『永久堂』とコラボしてつくったのが『ソルティちゃん』だ。

多喜浜小学校が創立130周年を迎えた2005年、新居浜市教育委員会の『夢広がる学校づくり』事業の一環として、地域の人々の支援を得て、校内にミニ塩田『ソルティ多喜浜』が完成。5年生を中心に、授業のなかで活用されていた。2011年3月、6年生の卒業制作として、永久堂の協力を得て同塩田でつくられた塩を使った洋菓子づくりに取り組むことになった。店長の永易(ながやす)さんは「校長先生の児童のために何かをしたいという思いに応えたかった」と経緯を説明した。

ほどよい塩加減のラスクやクッキー

かわいいキャラクター入りのラベルが張られた袋のなかには、フランスパンとスポンジのラスク、クッキーの3種類入り。ラスクはマーガリンの上から塩をふりかけ、クッキーには塩を練り込んで焼き上げている。ソルティ多喜浜の塩はまろやかで、かつ辛味があるのが特徴だが、実際に食べてみると、ちょうどいい塩加減だ。口溶けがよく、かめばかむほど、ほのかな塩味が口のなかに広がっていく。クッキーの甘さを引き立て、飽きのこない味に仕上がっていた。

商品名はもちろん、パッケージに描かれているかわいいキャラクターも、当時の卒業生がデザインしたもの。現在も使われており、年配のお客さんにも好評という。永易さんは「あまり甘すぎないのが受け入れられている理由かも」と教えてくれた。塩田で栄えた歴史を後世に伝えたいという思いが込められた『ソルティちゃん』。食べるごとに、子どもたちの熱い思いがにじみ出てきた。
ここに注目!
多喜浜小では「ソルティサイダー」や「ソルティキャンディー」も考案。また、総合学習の一環で、地域で生まれた「塩田讃歌」を運動会で地域の人々と踊ったり、イベントで「ソルティちゃん音頭」を披露している。
商品データ 塩、小麦粉、マーガリン他
店舗名 永久堂
住所 愛媛県新居浜市又野1丁目4-32
営業時間 月~土曜日8:30~20:00、日曜日8:30~19:00
定休日 元日
TEL 0897-45-0063
FAX 0897-45-0063
URL http://ehimesan.com/
その他 JR多喜浜駅から徒歩1分、駐車場あり

関連リンク
関連ファイル