里山隊
ご当地グルメ

梅そうめんチャンプルー (松野町)

梅香る沖縄風アレンジメニュー
梅そうめんチャンプルー
手延べ梅そうめん(乾麺)松野町の南高梅の梅干し松野町役場と公用車松野町役場の松田卓二さん
梅そうめんチャンプルー

梅の風味とさわやかさをそのままに

ふるさとの美しい自然・風景を俳句に詠み『望郷の俳人』と呼ばれた俳人・芝不器男(しば・ふきお)。不器男のふるさと・松野町では、1997年頃より南高梅を植樹。梅栽培に適した気候に後押しされ、県内有数の梅産地となった。同町では地元を盛り上げようと、特産物の梅を使ったレシピ製作や加工品開発に力を入れている。

梅をふんだんに使った『手延べ梅そうめん』は人気のひと品。梅の香りと酸味がさわやかな乾麺は、東温市の『株式会社森川』に製造を委託。同社独自の製法により、梅肉をたっぷりと練りこみ、しかも細くコシが強いという理想の麺に仕上がった。

薄い紅色の乾麺をゆでると、より紅色が鮮やかになり、ふんわりと梅の香りが立ち上る。暑い時期はシンプルにそのままを、寒い時期にはにゅうめんとして食べてもおいしい。

チャンプルーの本場・沖縄県出身の職員が発案

『松野町梅振興会』では、梅そうめんを使用したアレンジレシピを開発。『揚げ梅そうめんのあんかけ』『梅そうめんチヂミ』『梅そうめん巻き』など、いろいろな食べ方を提案している。

一番人気のレシピが『梅そうめんチャンプルー』。地元産のじゃこ天と梅そうめんをもやしや青ネギと一緒に炒めたもので、イベントでは300食を売り切るほどの人気商品だ。沖縄県出身の職員が発案し、口コミで人気が出て、ついにはグルメイベントに出店するまでとなった。

「そうめんとして食べてもおいしいですが、チャンプルーにすると、よりぜいたく感があるでしょう?」と、松野町役場の松田卓二さん。味付けはめんつゆに塩コショウといたってシンプル。梅肉を叩いて最後に添えるのがポイント。梅の香りが油で炒めることで引き立ち、いくらでも食べられる。ピンク色のそうめんと青ネギのコントラストも美しい。

「めんつゆと塩コショウで味を整えるだけと簡単なので、ぜひご家庭でも作ってみてください。いろんなアレンジもお試しください」と、松田さんは勧めていた。
ここに注目!
南高梅とは梅の品種のひとつ。大粒で肉厚、梅の最高級品とされる。南高梅を使用した梅干しは中国産と比べて、非常に高価で倍以上もの価格差がある。
商品データ 梅そうめん、じゃこ天、ねぎ、もやし、めんつゆ、塩コショウ
店舗名 松野町役場 産業振興課
住所 愛媛県北宇和郡松野町松丸343
営業時間 9:00~17:00
定休日 なし
TEL 0895-42-1116
FAX 0895-42-1119
URL http://www.town.matsuno.ehime.jp/
その他 乾麺は道の駅「虹の森公園まつの」にて購入可能。梅そうめんチャンプルーはイベント時のみの販売

関連リンク
関連ファイル